狼と香辛料 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 支倉凍砂

テレビアニメ放送期間 2008年1月8日~2008年3月25日

テレビアニメ放送時間 火曜日 25時30分~26時00分

放送局 独立UHF局

話数 全13話

[csshop service=”rakuten” keyword=”狼と香辛料” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

支倉凍砂によるライトノベル、および同ライトノベルを原作とする漫画・テレビアニメ・テレビゲーム・ラジオドラマなどの関連作品。

ライトノベル版は文倉十がイラストを描き、電撃文庫から刊行されている。

狼の化身である少女と青年行商人の道中で起こる様々な事件を、軽妙洒脱な掛け合いをちりばめつつ描くファンタジー物語であり、中世ヨーロッパ的な世界での経済活動に争いの舞台を置く異色作である。

2008年1月より、独立UHF局・テレビ愛知・AT-Xにて放送。

原作の1巻から2巻をほぼ忠実に映像化していた。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

旅の青年行商人クラフト・ロレンスは、商取引のために訪れたパスロエ村を後にした夜、荷馬車の覆いの下に眠る1人の密行者を見付ける。

それは「ヨイツの賢狼」ホロと名乗る、狼の耳と尻尾を持つ少女であった。

ホロは遙か北の故郷「ヨイツ」を離れての放浪の中、パスロエ村の麦に宿った狼であった。

ホロは神と呼ばれ、長年村の麦の豊作に尽くしていたが、農業技術の進歩によって、自分がないがしろにされるのを感じ、望郷の念を募らせていた。

そしてついに収穫祭の日、通りかかった荷馬車の麦束に乗り移って村を脱出したのであった。

少女が狼の化身であることを知ったロレンスは、彼女を旅の供に迎えた。

2人は行商の途中、様々な騒動に巻き込まれながら、ホロの故郷を目指して旅をすることになる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

ホロ  声優 – 小清水亜美

ロレンス  声優 – 福山 潤

クロエ  声優 – 名塚佳織

ノーラ  声優 – 中原麻衣

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 旅の途中
【作詞】 小峰公子
【作曲】 吉良知彦
【編曲】 吉良知彦
【歌】 清浦夏実

【エンディング】

【曲名】 リンゴ日和 ~The Wolf Whistling Song
【作詞】 Chris Mosdell
【作曲】 山下太郎&noe
【編曲】 保刈久明
【歌】 ROCKY CHACK

狼と香辛料 無料動画で楽しみましょう♪

狼と香辛料(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【狼と香辛料(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!