電脳都市OEDO808 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原案 六月十三

発売日 1990年6月21日

製作 ジャパンホームビデオ

話数 全3話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

★★★ 第1話 『古の記憶』 ★★★

★★★ 第2話 『囮の機構』 ★★★

★★★ 第3話 『紅の媒体』 ★★★

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”電脳都市OEDO808″ sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1990年から1991年にかけて小説、OVA、コンピュータゲームなどに展開されたメディアミックス作品。

近未来のサイバーパンクな雰囲気の世界で、ハードボイルドな主人公たちの活躍を描く作品である。

海外ではサイバーパンクアニメの代表的な作品の一つとして知られており、2010年にはイングランドのエレクトロ・ダブステップ・デュオNeroがシングル「Innocence」のミュージック・ビデオで映像を使用し話題を集めた。

物語は、機動刑事として選ばれたセンゴク、ベンテン、ゴーグルの3人を中心に、未来都市における電脳犯罪との戦いが描かれる。

OVAの第1作目である『古の記憶』は、1990年6月発売に発売された。

OVAの第1作目である『囮の機構』は、1990年12月発売に発売された。

OVAの第1作目である『紅の媒体』は、1991年10月発売に発売された。

発売当時、VHS・ベータマックスビデオソフト、レーザーディスクは、もちろんの事、ビデオCDでも発売された。

DVDビデオは、2005年9月に三話を一緒にしたコンプリートコレクションとして発売された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

舞台は西暦2808年。

電脳犯罪都市となったオーエドでは、能力の優れた重犯罪者を機動刑として働かせていた。

手柄を立てれば減刑、しかし、反逆を試みれば首輪型の爆弾が作動する。

そのシステムによって機動刑事となったのがセンゴク、ベンテン、ゴーグル。

自由を手にするため、彼らは日々凶悪な犯罪者に立ち向かう・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

センゴク  声優 – 石丸博也

ベンテン  声優 – 塩沢兼人

ゴーグル  声優 – 玄田哲章

デカチョウ  声優 – 若本規夫

オキョウ  声優 – 堀江美都子

ヴァーサス  声優 – 津久井教生

デイブ・クロカワ  声優 – 青野武

サラ  声優 – 榊原良子

城山和夫  声優 – 銀河万丈

マシバ幕僚長  声優 – 阪脩

矢間花卓  声優 – 曽我部和恭

西園寺修造  声優 – 石塚運昇

マスダ=レミ  声優 – 篠原恵美

ケリー高倉  声優 – 水原リン

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 Burning World ~追憶のコマンド~
【作詞】 安藤芳彦
【作曲】 羽場仁志
【編曲】 山元健司
【歌】 三浦秀美

【エンディング】

【曲名】 愛しているかもしれない
【作詞】 安藤芳彦
【作曲】 羽場仁志
【編曲】 山元健司
【歌】 三浦秀美

電脳都市OEDO808 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

電脳都市OEDO808(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【電脳都市OEDO808(最新無料動画はここをクリック)】