流星のロックマン トライブ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 CAPCOM

テレビアニメ放送期間 2007年11月3日~2008年3月29日

放送局 テレビ東京系列

話数 全21話

[csshop service=”rakuten” keyword=”流星のロックマン トライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

株式会社カプコンのテレビゲーム『流星のロックマン2』を原作としたテレビアニメ。

2007年11月3日より、テレビ東京の『おはコロシアム』内で、『流星のロックマン』の続編として放送が開始され、2008年3月29日に終了した。

この作品を以って、『ロックマンエグゼ』から6年続いた『ロックマンシリーズ』のアニメは終了し、『ペンギンの問題』シリーズに交代した。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

宇宙から、超古代へ・・・

電波世界をめぐるロックマンの戦いは新たな展開へ!

人類が現在の文明を築き上げる、はるかかなた昔・・・

地球には、高い科学力を持ち、電波を自在に操る力で世界を支配したムー文明が存在していた。

頂点を極めたムーの超科学は究極の電波生命体を造りだすまでになった。

だが、その電波生命体の力はあまりにも大きく、神として人々に君臨しようとするに至る。

ムー人はその力を恐れ、究極の電波生命体をムー大陸とともに封印してしまう。

こうしてムー文明は地球上から姿を消し、今では世界各地に伝説や神話、UMA(未確認生命体)が残されるのみとなっていた。

しかし、FM王ケフェウスが地球を訪れた時その封印に綻びが生じてしまった。

目覚めかけた究極の電波生命体の影響でムーの電波生命体たちは活動を開始し、オーパーツ探索のため、世界各地で事件を起こし始めたのだ。

オーパーツのひとつ、『ベルセルク』を手に入れた星河スバルとウォーロックは、ムーの古代文明をめぐる争いに巻き込まれていく。

『オーパーツ』が集まった時、一体何が起きるのか。

ロックマンの新たなる冒険が始まった!!

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

星河 スバル  声優 – 大浦冬華

ウォーロック  声優 – 伊藤健太郎

響 ミソラ  声優 – 福圓美里

ハープ  声優 – 氷上恭子

白金 ルナ  声優 – 植田佳奈

ソロ  声優 – 泰勇気

オリヒメ  声優 – 折笠愛

エンプティ  声優 – 千葉一伸

五里 門次郎  声優 – 相沢正輝

ハイド  声優 – 松本大

五陽田 ヘイジ  声優 – 志村知幸

ジャッキー半蔵  声優 – 藤原啓治

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 絆 ウェーブ
【作詞】 marf
【作曲】 鳴瀬シュウヘイ
【編曲】 鳴瀬シュウヘイ
【歌】 響ミソラ

流星のロックマン トライブ 無料動画で楽しみましょう♪

流星のロックマン トライブ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【流星のロックマン トライブ(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!