SAMURAI 7 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 黒澤明

テレビアニメ放送期間 2004年6月12日~2004年12月25日

放送局 パーフェクト・チョイス(現・スカチャン) など

話数 全26話

[csshop service=”rakuten” keyword=”SAMURAI7″ sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

黒澤明監督作品『七人の侍』(1954年公開)から50周年を記念して2004年にリメイクされたGONZOによるフルデジタル・アニメーションで、最初からハイビジョン・フォーマット、5.1chドルビー・サラウンドで制作されている。

長い大戦後の世界。

全身を機械化したサムライたちのなれの果て・野伏せりと、農民に米で雇われたカンベエら7人のサムライの戦いを描く。

時代を未来に設定し、巨大な機械のサムライ同士が戦う戦場に、剣を頼りに闘う長髪にピアス、コートを着けたサムライを配し、そこに中国南部の少数民族のような装束の農民と平安時代の貴族の様な商人を配している。

これらのデザインは草彅琢仁が担当した。

音楽は和田薫と、和太鼓奏者である林英哲の手によるもの。

和田薫は元々オリジナル邦楽曲を発表しており、それらの演奏に林英哲も参加していた。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

人類は数々の大戦を経て、機械化文明と農耕文明が入り混じった混沌とした時代にあった。

大戦が終了してしばらく後の事、コメの刈り取りの時期に現れては村を襲いコメを略奪する野伏せりを撃退すべく、神無村は密かにサムライを雇う事を計画する。

村の水分りの巫女であるキララは自ら願い出て、サムライを探しに都の虹雅渓へ出る。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

島田カンベエ  声 – 寺杣昌紀

岡本カツシロウ  声 – 朴路美

キクチヨ  声 – コング桑田

片山ゴロベエ  声 – 稲田徹

シチロージ  声 – 草野徹

キュウゾウ  声 – 三木眞一郎

林田ヘイハチ  声 – 犬飼淳治

キララ  声 – 折笠富美子

コマチ  声 – 斎藤千和

アヤマロ  声 – 佐々木誠二

ウキョウ  声 – 子安武人

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 UNLIMITED
【作詞】 相川七瀬
【作曲】 柴崎浩
【編曲】 柴崎浩、小池敦、岡野ハジメ
【歌】 相川七瀬

【オープニング】

【曲名】 JUSTICE
【作詞】 KOMU
【作曲】 STEVEN LEE & ジョーイ・カーボーン & KOMU & YU
【編曲】 KOMU & YU
【歌】 Coming Century

【エンディング】

【曲名】 普遍
【作詞】 Rin’
【作曲】 YUKIYOSHI
【編曲】 Rin’、YUKIYOSHI
【歌】 Rin’

【エンディング】

【曲名】 虹結び
【作詞】 Rin’
【作曲】 YUKIYOSHI
【編曲】 YUKIYOSHI
【歌】 Rin’

SAMURAI 7 無料動画で楽しみましょう♪

SAMURAI 7(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【SAMURAI 7(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!