ミラクルジャイアンツ童夢くん 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 石ノ森章太郎

連載・掲載誌 学習

テレビアニメ放送期間 1989年4月2日~1990年3月25日

テレビアニメ放送時間 日曜日 10時30分~11時00分

放送局 日本テレビ系列

話数 全49話

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”童夢くん” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

原作:石ノ森章太郎による日本の漫画作品。

子供達のプロ野球離れが話題になっていた当時、子供達の人気を呼び戻すために、子供がプロ野球選手として活躍する作品として作られた。

また、1988年に完成した東京ドームのイメージキャラクターとして1989年から1991年までの間、東京ドームで巨人の選手がホームランを打つと童夢くん人形が手渡されていた。

作品は読売ジャイアンツとセントラル・リーグの全面バックアップを受けており、巨人のみならず、セ・リーグの各球団に当時在籍していた選手や監督だけでなく、東京ドームを始めとする各球団のフランチャイズ球場、そして、当時の巨人北海道シリーズの舞台、札幌市円山球場が実名で再現され、登場する。

番組の終わりには巨人の選手・コーチによる野球指導の「童夢くんのジャイアンツ・いれコミ情報!」のコーナーもあった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

プロ野球選手となるためには年齢制限があるが、優秀な才能を持つ子供達を発掘するために、年間出場回数や出場可能時刻など、児童保護のための多くの限定付きながら、年齢制限が撤廃された。

各球団は優秀な才能を持つ子供達の発掘に努め、並み居るプロ野球選手に勝るとも劣らない子供達が球界で活躍し始めた。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

新城 童夢  声 – 坂本千夏

伝説の名投手を父に持つ、主人公の小学生。

読売巨人軍の投手。

背番号は最初に中畑相手に投げたとき、マウンドからバッターボックスまで半分の距離までしか届かなかったことに由来した1/2。

4年生のときに江川卓に才能を見出され、入団を要請されるが、父が早世した原因は巨人軍に酷使された末の過労死と信じていたため、頑なに拒否する。

母から父の死の真実を告げられ、父の願いを叶えるために巨人軍に入団する事を決める。

東京ドームの特性を活かした魔球が多いためか、ビジターゲームで投げる事はないが、漫画版では後期にビジターゲームでの登板シーンも何度か登場する。

入団当初は9回に投げるストッパーが主な役割だったが、後に先発もこなすようになる。

巨人軍や他球団の選手達、多くのライバル達との勝負や触れ合いの中で、数多くの魔球を駆使して巨人軍の中心選手として成長していく。

「魔球使い」の印象が強く、まだ小学生ということもあって力が未熟に描かれているシーンも多いが、実は身体能力もトップクラスである。

新城 夢人  声 – 梅津秀行

童夢の父。

元読売巨人軍の投手で背番号42。

ルーキーイヤーの1980年に全員を3球三振に切って捨てた27連続奪三振・投球数81で伝説の「81球完全試合」を達成した。

童夢にも巨人軍のユニフォームを着て貰いたいと思っていたが、病気のために若くしてこの世を去る。

9年前の後楽園球場でカルロスより勝負を挑まれて勝利しているが、同時にカルロスが再び来日することを危惧していた。

新城 まゆみ  声 – 井上喜久子

後楽園に隣接する商店街にある自宅にて新城を直訳したサンドイッチ屋「ニューキャッスル」を経営している。

夢人の願いを叶えるべく、童夢を支援する母。

何故かあまり童夢の試合を見ないが、彼女が見る時はほぼ童夢が打ち砕かれた時である。

新城 あかね  声 – 久梨原れな

童夢の姉。

15歳の中学3年生。

童夢と口ではよく喧嘩をするが、弟思いの姉でもある。

野球ができるわけではないが、童夢がメロディーと対戦しているときに父親のバットを届けたり、富士山で魔球開発中に父親の書置きを届けたりするなど、いざと言う時には童夢の陰から支える立役者となる。

麻生 かおり  声 – こおろぎさとみ

童夢の幼馴染。

試合に出ている童夢を応援している。

アニメ最終回では、童夢のことが好きだと声援を送った。

江川 卓  声 – 大滝進矢

元巨人の投手。

童夢の才能を見抜き、入団を説得する。

夢人の願いを知っていたらしい。

童夢が巨人入団後も、壁にぶつかるとアドバイスを与える。

「スノーミラージュボール」、「レインボースパークボール」の開発にも協力した。

中畑 清  声 – 小形満

巨人の内野手。

背番号24。

兄貴分として童夢を指導する。

実在の人物どおり、チームのムードメーカーとして描かれた。

魔球3号「サンダーバキュームボール」は彼のアドバイスから生まれた。

原 辰徳  声 – 星野充昭

巨人の内野手。

背番号8。

中畑と同じく、童夢の兄貴分として登場。

豪邸に美人の妻と住んでいる。

藤田 元司  声 – 稲葉実

巨人の監督。

背番号73。

童夢を子供扱いせず、チームプレーの大切さを熱心に指導する。

童夢の父をよく知っている。

関根 潤三

ヤクルトの監督。

背番号73。

「スノーミラージュボール」は反則投球だとして審判団に執拗に抗議する。

この抗議行為は童夢のペースを乱そうとする目的で行なったもので、もとより抗議が通るとは思っておらず、老獪な一面を見せている。

星野 仙一  声 – 大塚明夫

中日の監督。

背番号77。

童夢の才能を見抜き「スノーミラージュボール」はペナントレースの脅威になるとして、あらゆる手を尽くして魔球の解明に努力する。

落合 博満  声 – 沢木郁也

中日の強打者。

背番号6。

星野監督からの魔球解明情報を受け取らず、自ら童夢の消える魔球「スノーミラージュボール」の謎を解き打ち砕く(第9話)。

実在選手としては唯一魔球を打倒した。

夫人の落合信子も作中にセリフ付で登場する。

山本 浩二  声 – 沢木郁也

広島の監督。

背番号88。

アンディの正体を訝しくも思いながらも、温かく見守っていた。

アンディ離脱後、巨人との優勝争いを前に「優勝請負人」カルロスを招聘。

彼の野球に対する態度を好ましく思っていないが、ペナントレースを戦い抜くためには必要だとして目をつぶる。

達川 光男  声 – 梅津秀行

広島のキャッチャー。

背番号40。

主にメロディの女房役として出演。

村山 実

阪神の監督。

背番号11。

「サンダーバキュームボール」を見て、選手たちに「今度のボールは消えもしなければ、分かれもせん。当たればスタンド入りや!!」と言ったが、阪神打線が打つことは出来なかった。

通天閣 虎夫  声 – 太田淑子

阪神の小学生選手で背番号007。

大財閥の御曹司であり、童夢に続く小学生プロ野球選手としてデビュー。

当初の目標は打率10割で、コンピュータを駆使したデータ分析に長け(劇中では「コンピューター打法」とも表現)、童夢と戦うまで打率10割を誇った。落合博満も打てなかった童夢の魔球「レインボースパークボール」打倒に執念を燃やし、童夢の学校に一時転校したことも。

再挑戦時には一本足打法で砂煙をボールにかぶせて実体を見破るが、ファウルフライに終った。

引退後は、財閥の総帥として帝王学を学ぶため、米国に留学した(第17話)。

アンディ(メロディ・パトリシア・ノーマン)  声 – 佐久間レイ

広島の11歳の小学生選手で左投げ左打ち、ポジションは投手。

背番号101。

幼い頃は天才ピアニストとして名を馳せていたが、9歳の時に祖父と大リーグの試合を見に行き、熱い勝負を目の当たりにしたことがきっかけで野球の面白さに目覚め、ピアニストを電撃引退してトレーニングに励む。

しかし、大リーグでも女子の参加は認められていなかったため、この時からアンディを名乗ってブルーソックスに在籍し、試合に出場していた。

大リーグ時代に習得したアンダースローから打者の心を幻惑し闘争心を無くしてしまう「メロディボール」と呼ばれる魔球を投げる投手であるとともに、「リズム打法」により打撃も好調。

女性であることが判明した試合で、野球協約違反のために球界追放の危機に立たされるが、才能を惜しむファンの声が高まった事、女性をプロ野球界での在籍と出場を認める協約改正の動きが出ていた事などから、彼女を女性プロのテスト生として取り扱うコミッショナー裁定により、初出場から正体がばれた試合まで、特例が認められた。

童夢との40球近い戦いの末に破れる。

童夢との対決に敗れた後は、ピアニストになる夢を実現するため、ウィーンへ去る(第25話)。

最初は童夢の事を軽くしか見ていなかったが、真剣・真摯に対戦する童夢の姿に、徐々に彼に対する想いが高まっていく。

そして最後の対決で童夢の事が心から好きで愛していることを自覚し、以後は相思相愛の仲になる。

童夢は「レインボースパークボール」を初めて打った彼女のために封印していたが、彼女のアドバイスを受けて改良が加えられ、再び使用するようになるがドードに一瞬で打ち砕かれた。

再来日した時に、カルロスに敗れて彼女に甘えようとした童夢をあえて冷たく突き放し、彼に立ち直らせるきっかけを与えた。

ドード(パウラ・ドード)  声 – 安西正弘

大洋の選手で右投げ右打ち、ポジションは外野手。

背番号9999。

相撲取りになるためトンガから来日したが、童夢と対戦するために相撲部屋を抜け出して野球選手になる。

トンガに住んでいた頃から野球が大好きで、童夢の特集雑誌を愛読していた。

初打席で1000mを超えるホームランを放ち、瞬く間に強打者としての才能を発揮する。

童夢の「スノーミラージュボール」をあっさり打倒し、メロディのアドバイスを受けて童夢が新たに完成させた「ニューレインボースパークボール」をも簡単に打ち砕く(第29話)。

しかし250km/h超の剛速球「サンダーバキュームボール」に敗れ、F1観戦で目を鍛えて再び童夢に挑戦するが、特訓で鍛えていた童夢の270km/h級サンダーバキュームボールにツチノコバットを粉砕され、敗れた(35話)。

3度目は特製バットを使った鐘つき打法でミートする事に成功するが、互いに精神を限界まで使い果たしていた為、勝利目前で力尽きた(第37話)。

最終戦では同じく相撲取りになるために来日し稽古中にケガをして相撲取りを断念し、別の仕事で生計を立てていた行方不明となった父親と5年ぶりの再会を果たす。

童夢に敗れた後は父親がなれなかった相撲取りとしての夢を叶えるために球界を去った。

カルロス(ドン・カルロス・フォン・ベルジュ)  声 – 速水奨

アニメ版のみの登場。

広島の選手でポジションは三塁手。

背番号101。

メロディ退団後にスペインからやってきた。

童夢スペシャル1号、2号を打撃で真似てエラーを誘う「魔打法」の使い手。

打者としてのパワーは感じられないが、「悪魔的」な何かを持ち、対戦した投手を破滅に追い込む。

童夢の魔球が唯一通用しなかったライバルでもある。

スペインの名のある貴族の出身で、幼い頃より母親に徹底した帝王学(絶対君臨学)を叩き込まれ、様々なスポーツで頂点の座に君臨していた。

しかし、9年前の後楽園球場で童夢の父である夢人と7球勝負をし、全打席三振に追い込まれて敗れた。

再び夢人に再挑戦を申し込もうと誓うが、その前に夢人が亡くなってしまったため、半ば自暴自棄のような感じで、他スポーツで対戦相手を負傷させたり、引退に追い込んでいたりしていた。

その頃に夢人の息子である童夢の活躍を耳にし、かつて敗れた夢人の代わりに打ち砕いて再起不能にしてやろうと決意したのが、彼が来日した真相である。

一時は童夢を再起不能寸前のどん底に突き落とすも、仲間のサポートで復活した童夢と再び対戦。

最後は魔球を出し尽くした童夢が投じた父譲りのナックルとチームメイトの連携の前に敗れた。

最終的には熱い闘志を取り戻し、童夢の良きライバルとなる。

カルメンの音楽に乗せて、闘牛士のような出で立ちで登場し、虎夫によれば「悪魔のデス」と呼ばれ恐れられていたという。

アナウンサー  声 – 作間功

試合中継を実況するアナウンサー。

『侍ジャイアンツ』に登場するアナウンサーと容姿が酷似しており、声優も同一である。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 ボクらの夢によろしく
【作詞】 平出よしかつ
【作曲】 多々納好夫
【編曲】 鷺巣詩郎
【歌】 CHA-CHA

【エンディング】

【曲名】 やさしくされた、あの気持ち
【作詞】 平出よしかつ
【作曲】 多々納好夫
【編曲】 鷺巣詩郎
【歌】 CHA-CHA

ミラクルジャイアンツ童夢くん 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ミラクルジャイアンツ童夢くん(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ミラクルジャイアンツ童夢くん(最新無料動画はここをクリック)】

東方Projectに関係する動画♪