パラソルヘンべえ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 藤子不二雄A

テレビアニメ放送期間 1989年10月2日~1991年1月12日

テレビアニメ放送時間 月~金曜日 17時50分~18時00分

放送局 NHK総合

話数 全24話

[csshop service=”rakuten” keyword=”パラソルヘンべえ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

元々NHKのアニメとして企画され、アニメ化と同時に1989年から1991年にかけて『ヒーローマガジン』(講談社)に連載された。

1989年10月2日 – 1991年1月12日まで毎週月曜 – 金曜まで17:50 – 18:00の時間帯においてNHKで放送されたアニメ作品。

コミック以外にも、絵本やソフビ人形、箸箱、パチンコ(玩具)、目覚まし時計などの多くの関連グッズが発売されている。

またビデオソフトとしてはVHS、レーザーディスクなどが発売されているが、完全版ではない。

『パラソルヘンべえ』の「ヘン」はカタカナである。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

パラソルワールドの男の子ヘンべえは、1人で遊んでいるうちにうっかりと川に流されてしまい、不思議のトンネルをくぐって小学生の男の子・内木メゲルの部屋のクローゼットから飛び出してしまう。

トンネルは閉じてしまいヘンべえは帰れなくなるが、メゲルとすぐに友達になり、しばらくメゲルの家でお世話になる。

パラソルで空を飛んだり、不思議な力を使うことができるヘンべえは、その力でみんなに夢を与えていく。

時々パラソルワールドへのトンネルが開くことがあり、動物や友達がやってきたりすることもある。

ヘンべえは帰ることもできるが、メゲルとの友情ゆえに躊躇してしまう。

物語の終盤では、メゲルたちと一緒にパラソルワールドへの冒険の旅に出かける。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

ヘンべえ  声 – 中村メイコ

メゲル  声 – 日高のり子

いずみ  声 – 佐久間レイ

可愛  声 – 潘恵子

ゴリ太  声 – 玄田哲章

メモスケ  声 – 中尾隆聖

丸子  声 – 堀絢子

カネヒコ / トビケン  声 – 梅津秀行

カタブツ  声 – 関俊彦

ブラックホール爺さん  声 – 八奈見乗児

トンべえ  声 – 肝付兼太

チンべえ  声 – 向井真理子

カンべえ  声 – 山田栄子

センべえ  声 – 八木光生

内木 童太  声 – 村山明

内木 陽子  声 – 吉田理保子

茜先生  声 – 高田由美

校長先生  声 – 上田敏也

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 マジカルミステリーボーイ
【作詞】 根本久子
【作曲】 根本久子
【編曲】 埜邑紀見男
【歌】 ピクルス

【エンディング】

【曲名】 夢で逢いましょう
【作詞】 かんのみき
【作曲】 埜邑紀見男
【編曲】 埜邑紀見男
【歌】 ピクルス

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

パラソルヘンべえ 無料動画で楽しみましょう♪

パラソルヘンべえ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【パラソルヘンべえ(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!