陽あたり良好! 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 あだち充

連載・掲載誌 週刊少女コミック

掲載期間 1980年2号~1981年15号

テレビアニメ放送期間 1987年3月29日~1988年3月20日

テレビアニメ放送時間 日曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全48話

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”陽あたり良好” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

あだち充の漫画作品、およびそれを原作としたテレビドラマ、アニメ作品。

『週刊少女コミック』(小学館、1980年2号~22号、24号~1981年15号)に掲載された少女漫画。

連載終了後、実写ドラマとアニメでそれぞれ映像化された。

原作漫画のストーリーは登場人物たちが野球部で甲子園を目指す第1部と、それ以降の日常が描かれる第2部にわけられる。

連載終了後、その後のひだまり荘について(読者からの質問が多かったためとされている)あだち充本人が調査人として出演した番外編が描かれ(少コミ82年10号に掲載)、小説版に収録されたが既に絶版のため入手は困難である。

大ヒット作『タッチ』の後番組として放映され、制作スタッフもそのままで、声優陣も浅倉南役の日高のり子以外の主要なレギュラーはそのまま移行してきている(当初は日高のり子も出演する予定だったのか、当時の雑誌にはかすみ役として表記されているものもある。また難波圭一もレギュラー陣には入っていないが、坂本と喧嘩した人物・児玉役でゲスト出演している)。

放映当時こそ『タッチ』の視聴者を引き続いてつかみはしたものの、『タッチ』ほどのヒット作とはならなかった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

親元から離れ“ひだまり荘”で暮らすことになった高校1年生の少女と、そこで下宿する応援団の少年やほかの住人たちとの恋や友情の物語を描いた、あだち充原作のコミックをTVアニメ化した作品。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

岸本かすみ  声 – 森尾由美

主人公。

叔母の管理する下宿「ひだまり」に居候し、明条高校に通い、入学後最初の試験で満点を取るなど成績も良く、陸上部に所属。

おばの千草の甥にあたる村木克彦と長年付き合っているが、ひょんなことから下宿の風呂場で鉢合わせして以来、最初は反発するも、次第に勇作の存在が気になり始める。

高杉勇作  声 – 三ツ矢雄二

下宿「ひだまり」3号室の住人。

岸本かすみのクラスメートで、応援団に所属。

一生懸命な人間を応援するのが好きな根っからの応援団気質。

小柄だが空手が得意で、かすみ同様試験でも満点を取る。

野球部にセンターのレギュラー・赤松の練習試合での怪我で助っ人で参加したときは、野球の初心者ながら飲み込みが早く、俊足と強肩で1番打者として活躍した。

原作では助っ人部員であり、地区予選終了後は応援団に戻っている。

アニメではその後野球部に入部することになる。

有山高志  声 – 林家こぶ平

下宿「ひだまり」2号室の住人。

体が大きく陽気で人当たりがよい男で、明条高校サッカー部のゴールキーパーを務める。

関圭子に片思い。

巨漢だが運動神経が良く、俊敏で強肩なところを買われ、勇作に引き抜かれて、一時野球部の助っ人捕手を務める。

原作、アニメでは、美樹本と圭子を巡って殴り合いのケンカをしている。

美樹本伸  声 – 塩沢兼人

下宿「ひだまり」4号室の住人。

長髪で眼鏡をかけた二枚目だが、かなりのスケベで趣味は天体望遠鏡を使ったのぞき。

運動神経抜群で、あらゆるスポーツを難なくこなす。

関圭子に片思いしており、圭子を追ってテニス部に入部するも、圭子の気を引くために彼女の兄・真人がキャプテンの野球部に自ら助っ人として参加し、4番・三塁手として活躍する。

その後はテニス部に戻って圭子とダブルスを組んでいる。

村木克彦  声 – 井上和彦

かすみの幼馴染でもあり恋人。

千草の甥だが、亡夫の兄の息子であるため、かすみとの血縁は無い。

親の仕事の関係でアメリカ暮らしの大学生で、容姿端麗、成績優秀、運動神経も良い好青年。

夏休みにかすみへのプロポーズのために一時帰国するが、かすみの心の中で勇作の存在が大きくなっていることに気づき、プロポーズを封印して勇作に堂々とかすみを賭けた恋愛勝負を持ちかけるなど、大人の対応を見せる。

アニメでは、甲子園地区予選決勝戦に合わせたように帰国、中盤からは野球部の監督に就任する。

中岡誠  声 – 難波克弘

下宿「ひだまり」1号室の住人。

明条高校でかすみたちと同学年だが、牛乳瓶の底のような眼鏡をかけ、普段はどこで何をしているのかわからない謎の少年。

同級生のかすみや勇作たちとも丁寧語で話す。

水沢千草  声 – 小宮和枝

岸本かすみの叔母。

かすみの母の末の妹。

夫に先立たれ、自宅を男子学生専用の下宿にする。

関圭子  声 – 鶴ひろみ

明条高校野球部キャプテン・真人の妹。

かすみや勇作と同じクラスで友人になる。

女らしい控えめな性格で、伸や高志から好意を持たれるが、本人は勇作に想いを寄せている。

テニス部所属。

関(キャプテン)  声 – 鈴置洋孝

圭子の兄。

弱小明条高校にいながら、甲子園を目指すエース兼キャプテン。

坂本(団長)  声 – 田中秀幸

元明条高校応援団長。

自宅は喫茶店を経営していて、姉が亡くなった両親に代わり、店主を務め、自身も休日には店を手伝っている。

ケンカが強く、他校の番長グループから何通も果し状などが届くほどの人物だが、両親代わりに自身を育ててくれ、結婚を控えていた姉の幸せと「俺が、卒業するまでケンカしない保証などない、エースの関には最後の夏、勝っても負けても悔いのないよう、戦って欲しい」と前年、自身の暴力事件が原因で、直接は無関係にも関わらず、甲子園地区予選不参加を余儀なくされた野球部への罪滅ぼしのため、退学、店を継ぐ。

太田まりあ  声 – 富永みーな

退助(猫)  声 – 千原江理子

応援団員(モミアゲ)  声 – 中尾隆聖

応援団員(イガグリ)  声 – 鈴木勝美

応援団員(リーゼント)  声 – 関俊彦

榎本京子  声 – 島津冴子

かすみのハイジャンプ顧問の先生

監督  声 – 北村弘一

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●動画やMP3で紹介●

【オープニング(第1話~第17話)】

【曲名】 陽あたり良好!
【作詞】 売野雅勇
【作曲】 芹澤廣明
【歌】 浅倉亜季

【オープニング(第18話~第37話)】

【曲名】 帰って来た街角
【作詞】 売野雅勇
【作曲】 芹澤廣明
【歌】 芹澤廣明

【オープニング(第38話~第48話)】

【曲名】 悲しみはBEATに変えて
【作詞】 尾崎亜美
【作曲】 尾崎亜美
【歌】 尾崎亜美

【エンディング(第1話~第17話)】

【曲名】 舌打ちのマリア
【作詞】 高柳恋
【作曲】 芹澤廣明
【歌】 夢工場

【エンディング(第18話~第37話)】

【曲名】 ナイフの上の夏
【作詞】 売野雅勇
【作曲】 芹澤廣明
【歌】 芹澤廣明

【エンディング(第38話~第48話)】

【曲名】 世界中の羊数えさせないで
【作詞】 尾崎亜美
【作曲】 尾崎亜美
【歌】 尾崎亜美

陽あたり良好! 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

陽あたり良好!(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【陽あたり良好!(最新無料動画はここをクリック)】