ワンダービートS 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

企画監修 手塚治虫

テレビアニメ放送期間 1986年4月16日~1986年11月19日

テレビアニメ放送時間 水曜日 19時30分~20時00分

放送局 TBS系列

話数 全26話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ワンダービートスクランブル” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

手塚治虫が企画と監修を手がけた日本のアニメーション番組。

番組のテーマが人体の神秘と医療であったことから「テルモ ファンタジーワールド」と題して医療機器メーカーのテルモが同社初の30分番組一社提供となっていた。

手塚治虫の晩年期のプロジェクト作品で、本人が直接テレビシリーズに携わり、自ら実写で出演もした。

人体の中でミクロ化した救急隊が敵と戦うと言う設定のSFアクションであった。

アニメでSFアクションであったにもかかわらず、手塚治虫を始め医療や化学の専門家をスタッフとして配置し、実際の医学的な知識、最新の医療技術に裏打ちされた内容にこだわった。

本編終了後、次回予告前に、医学博士でもあり、本作の企画と監修を手がけた手塚治虫が「手塚治虫のミニミニトーク」と題して実写出演し、話の舞台となった人体の器官と医療について説明するコーナーがあった。

もともと虫プロダクション側によるオリジナル作品のため、厳密には手塚治虫作品とは言い難く、また後項の視聴率などの影響で認知者が少ないマイナー番組の類となってしまった為、手塚治虫の作品集や人物史の類の出版物でもあまり取り上げられない状況が続いている。

当時は視聴率至上主義の意識が非常に高く、予定通り26話が完成しているにもかかわらず、9月になって番組編成の担当者が「同じ枠の後継番組の視聴率に悪い影響が出る」として『打ち切り』を編成局内で提案。

全話放映したい意向を持っていたテルモの了承を得て、10月に2話削減が正式決定した。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

2119年、宇宙生命探査船グリーン・スリーブス号は浮遊惑星「X23」に遭遇。

X23が通過した他の惑星で相次いで高度な文明を持った生命体が滅亡していた痕跡も発見されたことから、世界連盟はグリーン・スリーブス号にX23の破壊を命令するが隊長であるスギタ・イサオ博士はこれを拒否し、交信を絶った。

それから2年後、日本の科学学園都市ナギサ・シティに住むスギタ博士の長男・ススムは突如、総合健康科学研究所フェニックス・タワーに連れられて所長のドクター・ミヤから特殊医療部隊「ホワイトペガサス」への入隊を要請される。

ナギサ・シティでは原因不明の体調不良を訴えて倒れる住民が続出しており、特殊体内突入艇「ワンダービート」をミクロ化して患部に注入し治療を行うのである。

こうして、ススム達ホワイトペガサス隊員と人体への攻撃を繰り返す正体不明の異星人達との戦いが始まった。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

スギタ・ススム  声 – 田中真弓

なぎさシティに住む13歳の少年。

消息不明となった父・スギタ博士の身を案じるドクター・ミヤに請われホワイトペガサスに入隊する。

ドクター・ミヤ  声 – 永井一郎

なぎさシティにある総合健康科学研究所『フェニックス・タワー』所長。

医学博士。

人体への攻撃を繰り返す正体不明の異星人「ヒュー(後にビジュール星人と判明する)」に対抗するため、ミクロナイザーシステムを開発した。

最終話で体内に侵入される。

マユミ  声 – 荘真由美

ドクター・ミヤの姪。

ススムと同い年。

自ら志願してミヤの秘書を務めている。

後にススムのガールフレンドになる。

パイロット版資料によれば、苗字は「ミヤ」であるとのこと。

第14話で体内に侵入される。

ビオ  声 – 江森浩子

データ集積用ロボット。

人語を理解し、自律思考・自律行動が可能。

ワンダービート号内では、オペレーターと人体内に侵入したメドロモンスターの生命コアをサーチする役割を担う。

ススムに対して先輩風を吹かせることが多い。

リー・メイファン  声 – 小山茉美

中国人。

ホワイトペガサス隊長。

22歳にして医学博士号を持ち、冷静で的確な判断で隊を統率する指揮官。

第23話で体内に侵入される。

マイケル・ヤンソン  声 – 難波圭一

アメリカ人。

ススムと共に船外活動を担当する。

陽気で頼れるススムの兄貴分。

後に技術局へ転属。

ジョー・クムバ  声 – 塩屋浩三

コンゴ人。

メカニックと異星人の言語解析を担当。

マナカ・コウジ  声 – 塩屋翼

日本人。

ビオの開発者。

天才的技術者で、ホワイトペガサスのメカニックとオペレーションを担当。

カトリーヌ・ドワイエ  声 – 吉田奈穂

フランス人。

主にオペレーションを担当。

小型のビジュール探知機を開発する。

時たま体内にも出動する。

アラマキ・テツヤ  声 – 堀川亮

日本人。

優秀な宇宙飛行士訓練生だったが、ある事件を契機にマイケルの後任でホワイトペガサスへ入隊。

ビジュラ姫  声 – 鶴ひろみ

父であるビジュール大王の命を受け「生命元素」探査の指揮を執るが、強硬路線を主張するズダーの方針に疑問を抱く。

後にススムと出会い、地上に出てススムの家に宿泊し、自分達の侵入が人体に激しい苦痛を与えていることを知り驚愕する。

バグー将軍  声 – 島香裕

ホワイトペガサスとの戦闘を担当。

失敗が相次いだため更迭されるが、最終話で意外な形で姿を現す。

ズダー将軍  声 – 塩沢兼人

バグーの失脚後、副官から昇格すると共に生命元素探査の全権を掌握し、地球人への攻撃を繰り返す。

ビジュール星の実権をも掌握しようと企むが・・・。

ガボー博士  声 – 平野正人

ヒューの技術者で、データ収集とメドロモンスターの開発・制御を担当。

ビジュール大王  声 – 郷里大輔

ビジュール星(浮遊惑星「X23」)の支配者。

急速に衰退する星を救うため、娘であるビジュラに「生命元素」探査を命じた。

後に地球へとやってくる。

生命元素探索は自分の星を愛するが為であり、地球征服や人類殲滅と言った悪意のある人物ではなかった。

暴走するズダーを制しようとして撃たれ負傷してしまう。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●動画やMP3で紹介●

【オープニング・エンディング】

【曲名】 ワンダービート
【作詞】 荒木とよひさ
【作曲】 奥慶一
【編曲】 大谷和夫
【歌】 燕奈緒美・燕真由美

【オープニング・エンディング】

【曲名】 瞳はコスモス
【作詞】 荒木とよひさ
【作曲】 奥慶一
【編曲】 大谷和夫
【歌】 燕奈緒美・燕真由美

ワンダービートS 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: API key not valid. Please pass a valid API key.

ワンダービートS(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ワンダービートS(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪