キャプテン 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 ちばあきお

連載・掲載誌 月刊少年ジャンプ

掲載期間 1972年2月号~

テレビアニメ放送期間 1983年1月10日~1983年7月4日

テレビアニメ放送時間 月曜日 19時00分~19時30分

放送局 日本テレビ系列

話数 スペシャル全2話 + 全26話

[anime-jyou]

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”キャプテン ちばあきお” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

[anime-ue]

概要 (説明はWikipediaより)

1972年2月号から『月刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された。

一時期は同社の『週刊少年ジャンプ』にもスピンオフ作品『プレイボール』を平行連載するほどの人気作となった。

それまで主流だった、いわゆる熱血野球漫画と違い、より現実的で欠点も持ち合わせた等身大のキャラクターが、仲間と一緒に努力して成長していく過程をみせていくタイプのスポーツ漫画を作り上げ、成功した。

また、当初の主人公である谷口が卒業して、それ以降も谷口の後を継いだ新キャプテンを主人公にすることで連載を継続した点も特徴的である。

1977年、『少年ジャンプ』系作品としては史上初めて第22回(昭和51年度)小学館漫画賞を受賞した。

テレビスペシャルとして単発で初めてアニメ化された。

ニールセン調べで17.5%の好視聴率を獲得し、放送した日本テレビへは反響の手紙が殺到。

これを受けて、8月20日に再試合を描いた新作場面30分を追加して「水曜ロードショー」の2時間枠で再放送が行なわれ、前回を上回る視聴率20.7%を得た。

1981年の夏休みには劇場アニメ映画が公開され、さらにテレビシリーズ化が決定した。

1983年1月10日から同年7月4日まで日本テレビ系で、イガラシキャプテン期の夏の地区大会決勝戦で江田川中と対戦するまでの全26話が放送された。

アニメ制作に当たっては、監督の出崎哲が率いるアニメ制作会社マジックバスが大きな役割を果たした。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

野球の名門青葉学院から墨谷二中に転校してきた主人公・谷口タカオは、野球部へ入部するためにグラウンドを訪れ、練習に参加しようと青葉時代のユニフォームに着替えた。

そのユニフォームに気付いた野球部員は、勝手に谷口を名門青葉のレギュラー選手だったと思いこんでしまう。

しかし谷口は2軍の補欠で、レギュラーにはほど遠い選手だった。

そのことを気が弱くて言い出すことができない谷口は、周囲の期待に応えるべくすさまじい陰の努力を続け、ついにはキャプテンに選ばれるまでになり、チームを引っ張っていく。

谷口の卒業以降も連載は続き、新キャプテンを主人公として墨谷二中野球部が強豪へと成長する様を描いていった。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

谷口 タカオ  声 – 和栗正明

第1次キャプテン。

ポジションは三塁手、のちに投手を兼任。

野球の名門である青葉学院から転校してきたために皆に期待されるが、実は2軍の補欠だった。

しかし父親の助けもあり影で努力を怠らず、墨二のキャプテンとなる。

控え目な性格から当初とまどいはあったものの、やがてキャプテンシーに開花し、過酷なスパルタ練習で墨二を青葉学院と互角の戦いをするチームにまでに鍛え上げる。

丸井  声 – 熊谷誠二

第2次キャプテン。

ポジションは二塁手。

谷口の代にレギュラーをイガラシに奪われたことがある。

鼻が黒い。

持ち前の強い熱意でチームを引っ張るタイプのキャプテンだが、かなりの激情家。

それが災いして春の全国大会では醜態を見せ、解任されそうになったこともある。

ヤクザ映画が好きで人情にも厚く、特に先輩の谷口を崇拝してよく彼を補佐し、また後輩には良き兄貴分として接する。

ただし、近藤のような上下関係に疎いタイプには容赦がない。

なお、キャプテンを務めている間、4番に入ったことがないのは彼だけである。

が「イガラシに歯向かうなんてバカな男だ、おれっちなんて奴が居た為に一度も4番で打てなかった程の男なのに」と自身もイガラシを認め納得していた事が理解出来る。

自身もキャプテンになってから足りないと認識していた時も多々あり、イガラシを副将格に扱い意見も聞き入れていた。

イガラシ  声 – 木村陽司

第3次キャプテン。

小柄な体格ながら、青葉の監督をして化け物と言わしめる体力と、ポジションは一通りどこでもやってきたという優れた野球センスを併せ持ったプレイヤーで、作中では三塁手・二塁手・投手として活躍した。

入学時から中学生離れした言動が多く、言いたいことを無愛想にずけずけと言うその性格を先輩達に疎まれた。

しかし、1年時から実力は抜きんでており、谷口の英断で1年からレギュラーとして内野を守る。

試合中、松下の負傷から急遽ピッチャーとして登板し、落ちるシュート(シンカー系)など多彩な変化球を披露し、務めを果たした。

谷口の猛練習に最も積極的についていき、チームの重要なレギュラーとして先輩ナイン達の敬意をも勝ち取った。

エースとなった2年生時には、感情に走りがちな丸井を冷静な視点で補佐する役割も負い、丸井を差し置いて4番に入った。

キャプテンとなってからは谷口以上の猛練習をレギュラーに課し、墨二野球部を全国大会で戦えるチームに育て上げた。

近藤 茂一  声 – 中尾隆聖

第4次キャプテン。

ポジションは投手と右翼手。

三塁手も1回守っている。

関西弁を話す。

センスは抜群だが、直向さが全くない。

剛速球投手で強打者だが、バントや守備などの小技が苦手で鈍足である。

入部当初は図体に任せた野球技術の荒さと横柄な性格で丸井キャプテンの反感を買った。

しかし、彼の実力を見込んだイガラシの推挙と指導で、やがてイガラシに次ぐ墨谷のエースにまで成長する。

しかし、依然として大事な場面でのミスや無神経な発言などから、丸井からはよく蹴られ、チームメイトを幾度と無く激昂させている。

冷静が持ち味のイガラシですら頭にきて怒ったこともある。

その横柄な性格ゆえか、丸井がキャプテンの時には、作中、ほぼ毎回のように小突かれる場面が多い。

キャプテンとなってからは、先代のキャプテンらとは違う選手層を厚くするための育成型練習をし、後輩の抜擢と面倒見のよさでチームを引っ張る。

松下  声 – 大見川高行

谷口キャプテン期のエース。

右投げ右打ち。

他のチームメイトと同様にイガラシのでしゃばりを快く思わず、彼を登用する谷口と度々対立する。

墨谷の中心選手の一人であるが、投手としての実力はあくまで地方大会レベルであり、対青葉学院戦では「あんなスローボールでよく決勝に勝ち上がったものだ」と青葉の監督に酷評される。

それでも打たせて取る投球でよく健闘したが、最後は本気を出した青葉学院の猛打に合い、右肩に打球の直撃を食らって退場、マウンドをイガラシに託した。

打撃も得意なのか、初戦の江田川戦では3番、イガラシが加わった2回戦以降は2番を打っていた。

小山  声 – 長谷有洋

谷口キャプテン期の捕手。

右投げ右打ち。

副キャプテンでもあり、谷口が新入部員への挨拶であがってしまった時も代わりにしっかりと挨拶をしている。

捕手で5番を打ち、副キャプテンを務めていることから、谷口・イガラシ以外の中では実力のある選手のようである。

青葉との再試合では負傷後にリリーフした谷口の血染めのボールを捕球して涙した。

帽子を逆さに被るクセがある。

加藤  声 – 結城知仁

谷口・丸井キャプテン期の一塁手。

丸井と同期。

左投げ左打ち。

2年生時は6番、3年生時は2番を打っていた。

谷口キャプテン期の初戦である江田川戦では右投げになっていたが、以後の試合では左投げである。

延長戦となった青葉学院とのゲームでは、最後はまっすぐ歩くことさえままならず、バットの握りが逆のまま持ち豪快に三振した。

アニメ版では一本足打法を披露している。

西田  声 – 松永大

アニメオリジナルキャラクター。

設定は丸井と同学年。

2年時・3年時共に遊撃手。

右投げ右打ち。

彼がいたために原作で遊撃手だった「高木」は左翼手になり、谷口キャプテン期に本来の左翼手であった「遠藤」が彼らより下級生になる。

転校してきた谷口が青葉のユニフォームに着替えるのを横目に「キザなユニホーム着やがって」と悪態をつくが、青葉と気付くと豹変した。

何かとイガラシと衝突していたが青葉再戦の最終回で「イガラシ…この回抑えれば俺たちの勝ちだ、頑張れよ」と互いに理解し合う様になった。

高木  声 – 酒井克也

谷口・丸井キャプテン期の遊撃手。

丸井と同期。

右投げ右打ち。

アニメ版では左翼手になっている。

2年生時から1番(初戦は2番)を打っていたことから実力者と思われるが、谷口時代の江田川中学とのゲームでは、プレイボール直後に井口から顔面にデッドボールを受け、青葉学院との決勝再試合では、緊張のあまりエラーを連発するなど、いささか精彩を欠くシーンが多い。

また、イガラシがレギュラーに抜擢された直後は、練習中の諍いからイガラシを殴り飛ばすシーンもある。

浅間  声 – 鴨治忠司

谷口キャプテン期の中堅手。

右投げ右打ち。

谷口による地獄の特訓の時は背番号7だったが、基本的には背番号8でセンターを守っている。

フェンスに激突してボールをキャッチした際、心配して駆け寄ったチームメイトに対し、「バーロー!これくらいどうってことねーよ!」と怒鳴り返している。

島田  声 – 金谷佳

谷口・丸井キャプテン期の右翼手。

丸井と同期。

右投げ右打ち(アニメ版では左投げ左打ち、井口が左打者に弱い事で発覚した)。

近藤が「ライトを守っているところを人に見られると恥ずかしい」と発言したときには怒った丸井より先に近藤を殴り飛ばしていた。

ただし、その試合後のバスの中では、丸井から「おまえのせいで負けた」と罵倒されて小さくなっている近藤に「疲れたろ。座れよ」と席を譲ろうとした。

小室  声 – 鳥海勝美

丸井・イガラシキャプテン期の捕手。

イガラシと同期。

右投げ右打ち。

丸井キャプテン期は5番、イガラシキャプテン期は6番を打った。

冷静なイガラシに代わって近藤を怒鳴りつける場面もよく見られる。

リード面では甘さが見られ疲労している投手をうっかり忘れている場合もあった。

近藤負傷時も丸井から「いくら鈍いって言ったって奴だって生き物だぜ」と言われ、またはイガラシ疲労時にベンチからの伝令として「小室のバカタレに間を取る様に言え」と言われ捕手として甘さも目に着いた。

イガラシ 慎二  声 – 池田真

イガラシ・近藤キャプテン期の内野手。

右投げ右打ち。

イガラシの2歳下の弟で、兄を追って墨谷二中の野球部に入部。

チームメイトからは「ジュニア」「弟はん」などと呼ばれているが兄の卒業後は「イガラシ」と呼ばれる様になる。

顔は兄と似ているが、性格は兄とは対照的に愛想良くしっかりしており、おだてに弱い丸井などとは相性が良い。

野球センスも兄に負けず非凡なものがあり、丸井に続く墨谷の二塁手のレギュラーとして、1年時から活躍した。

松尾  声 – 土方博一

イガラシ・近藤キャプテン期のユーティリティープレイヤー。

イガラシ慎二と同期。

右投げ右打ち。

近藤が投手の時は右翼手、イガラシが投手の時は三塁手を務める。

近藤キャプテン期では二塁手にコンバートされた。

アニメ版では遊撃手を務める。

1年時にレギュラーに抜擢されるが、イガラシの勉学を犠牲にした猛練習が問題視されている最中に、運悪く頭部に大怪我を負ってしまい、春の大会辞退の要因となってしまう。

番長  声 – 酒井晴人

佐野  声 – 安田裕司

左投げ左打ち。

9番打者。

その人一倍小柄な体つきからは俄かに信じがたいほどの快速球を投げる超中学級投手。

しかし、かねてから彼の存在をマークしていた谷口によって、墨谷二中とは互角の勝負を強いられた。

不敵な性格の天才肌の選手であるが、小さな体で名門野球部を支え、また、3年の夏には強力打線の丸井墨谷を相手に、9回でついにグラウンド上で昏倒するという執念の投球を見せた。

「谷口だけには負けたくない」とライバル心も描かれた。

投手ということで9番に座っているが、打者としても非凡なセンスを持っているようで、谷口墨谷との対戦では、ホームランを打っている。

青葉中の監督  声 – 森山周一郎

トレードマークはサングラス。

エース佐野を擁して谷口・丸井キャプテン期の墨谷に立ちふさがった。

勝負への執念に長けた辣腕家であり、ときにスポーツマンシップにそぐわない指示をナインに出すことも辞さず、味方の応援団から野次られることもある。

墨谷二中との初対戦では、苛立ちのあまり、ベンチで煙草を吸うシーンもある。

しかし、根底では大人としての本分を忘れない人格者であり、要所要所で彼の台詞は作品の大きなアクセントとなっている。

アナウンサー  声 – 千田光男

谷口の父  声 – 雨森雅司

江戸っ子気質が服を着て歩いているような谷口の父親。

野球に関してはまるで素人であるが、青葉のレギュラーと誤解されて落ち込む谷口を見かね、その首根っこを掴んで自己流の猛特訓に引きずり込む。

やがてそれが眠っていた谷口の並々ならぬ根性を引き出すことになる。

大工の腕を活かして特製のピッチングマシンを作り、谷口の影の猛練習の担い手になった。

「遣りもしない内に諦めるな」とタカオに野球以上に重要な事を教えた。

アニメでは地区予選決勝の青葉戦まで禁酒を通し、タカオは感激のあまり涙した。

谷口の母  声 – 麻生美代子

息子思いな良き下町のおふくろ。

常に谷口の心配をしているために、そのことから夫婦喧嘩に発展することも。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 君は何かができる
【作詞】 山上路夫
【作曲】 木森敏之
【編曲】 木森敏之
【歌】 99Harmony

【エンディング】

【曲名】 ありがとう
【作詞】 山上路夫
【作曲】 木森敏之
【編曲】 木森敏之
【歌】 99Harmony

キャプテン 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

キャプテン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【キャプテン(最新無料動画はここをクリック)】

『スーパーロボット大戦』の動画ページへ♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の動画ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪
艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪