みゆき 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 あだち充

連載・掲載誌 少年ビッグコミック

掲載期間 1980年17号~1984年18号

テレビアニメ放送期間 1983年3月31日~1984年4月20日

テレビアニメ放送時間 木曜日 19時30分~20時00分 など

放送局 フジテレビ系列

話数 全37話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”みゆき あだち充” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

あだち充による日本の漫画。

少年漫画雑誌『少年ビッグコミック』(小学館)に1980年から1984年にかけて連載された。

主人公の若松真人とヒロインである2人の「みゆき」の三角関係を描いた、青春ラブコメディ。

第28回(昭和57年度)小学館漫画賞受賞。

映画化、テレビアニメ化、テレビドラマ化もされた。

テレビアニメは1983年3月から1984年4月にかけてフジテレビ系列で全37話を放映。

映画は1983年9月、東宝系で公開された。

どちらもキティフィルムの製作。

テレビドラマは、1986年8月4日にフジテレビ系列『月曜ドラマランド』枠で放送された。

フジテレビと共同テレビの共同製作。

ヒロイン若松みゆきのモデルは、中学生の頃から毎日のように作者の仕事場に出入りしていた女性で、本作連載当時は高校生だった。

妹のいなかった作者にとって格好の素材となった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

若松真人は友人達とともに海辺の民宿にバイトに出かける。

バイトには真人が憧れを抱く同級生の鹿島みゆきもいたが、ある勘違いをされてフラレてしまう。

落胆する真人に友人たちは、海で見かけた美少女を誘うようにそそのかす。

いい雰囲気になるふたりだったが、彼女は6年ぶりに海外から日本に来た血の繋がらない妹のみゆきだった。

妹のみゆきとの二人きりの生活が始まる。

みゆきはあくまで妹であると、真人は惹かれていく心を制しながら、鹿島みゆきとの関係も続けるというどっちつかずな態度を取り続ける。

ある日、幼馴染でサッカー日本代表の沢田優一が若松家を訪ねてくる。

兄のように慕っていた二人だったが、沢田はみゆきを一人の女として見てしまい、結婚を申し込む。

沢田の人柄を知っている真人には反対する理由など無い。

沢田はみゆきの気持ちを知りながら、次々に話を進めてしまう。

そして披露宴が開かれるとその最中、真人はみゆきに思いを告げる。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

若松真人  声 – 鳥海勝美

ごく普通の高校生。

母親と2回死別している。

妹のみゆきは2人目の母親の連れ子なので、血縁関係はない。

意中の鹿島みゆきが自分に気があることが分かったが、海外赴任中の父親についていった妹のみゆきがとてもかわいくなって帰国したため、ふたりの「みゆき」の間で揺れつづける。

妹のみゆきが血の繋がらない兄妹ということを知らないと思っているため、そのことを隠し、普通の兄妹のように振舞う。

軟弱で優柔不断でなおかつスケベではあるが妹や友人のために危険を顧みずライオンや空き巣などに自ら立ち向かって行く大変勇敢で頼もしい性格で不器用ながら何事にも一生懸命で男女問わず子どもにも優しい。

妹のみゆきに対してはやや失礼な態度を取っているが心のどこかではみゆきのことを心配しており、同時に好意も抱いているため、みゆきが他の男に求婚されたり、引き離されそうになったときはすぐさま妨害しており、事実、真人は鹿島に逢えないことよりもみゆきと逢えなくなってしまうことの方がよほどつらいらしく、長い間みゆきに逢えないとすぐに体調を崩してしまうほどである。

若松みゆき  声 – 荻野目洋子

真人の血の繋がらない妹。

兄とは異なり、成績優秀、運動神経・スタイル抜群。

帰国子女であるためか英語で書かれた手紙を普通の手紙のように読むことが出来て普段着も水着を含めて露出度の高いものが多い。

真人のみならず誰にでも優しく接することが出来る性格で明るく元気でサバサバしている一方で我慢強く純情でなおかつ面倒見が良く家庭的な一面もある。

そのため異性からだけでなく同性からも好かれる人気者。

しつこく求愛してくる者があとを絶たないが、その中に本命はいないようで彼女のしぐさや言動から真人を一途に想っていることがわかる。

真人と鹿島みゆきの関係を焼くものの鹿島とはまるで姉妹ように仲がいい。

真人と血縁関係が無いことをもともと知っていたようである。

鹿島みゆき  声 – 鶴ひろみ

真人の同級生。

美人でおしとやかなクラスのアイドル。

控えめな性格の割に勝ち気な一面もあり、真人の頬に平手打ちすることもある。

料理・裁縫など女性らしい技術は一流。

成績優秀であったが、志望校を真人にあわせ、現役合格したものの真人が落ちてしまったため、真人に合わせるために浪人をし、真人と同時に青秀大学に入る。

間崎竜一  声 – 大林隆介

若松みゆきに一目惚れし、“一緒の修学旅行、一緒の卒業式、一緒の同窓会のため”に追試まで棄権し留年した。

年齢は真人の1コ上。

とても積極的な性格で、様々なドタバタエピソードを残す。

成績不良のため退学になりかかったり、巧みな策略で友人をアルバイトにこき使ったりした。

腕っ節は強く、数人相手の喧嘩も負けない。

喫茶店「ドラゴン」を母親と切り盛りし、喫茶店のマスターもしている。

当初は、若松みゆきに好意的に接してもらえたが、2年時に別々のクラスになってしまい会う機会が減った。

村木好夫  声 – 塩沢兼人

真人の同級生。

真人と同じくらいの成績にして、同じくらいのスケベさ、どこにでもいるような高校生。

要所要所で登場、真人と鹿島みゆきの間柄をうらやみ、ちょくちょく割り込む。

もてないと思っていた妹がいる。

真人と同じく、一年浪人してから同じ大学へ進学。

作者の分身のような存在。

中田虎夫  声 – 玄田哲章

独身体育教師。

白樺女子学園中等部で体育教師をしていたが、みゆきが青華高校に入学すると、追いかけて転職する。

竜一とは恋敵で、二人の関係は諺の「竜虎相まみえる」に喩えられている。

みゆきとは20近く歳が離れている。

母親が見合い話をたくさん持ってくるが、若松みゆきにしか興味がないので相手にしていないが、一度勘違いで同名の美由紀(みゆき)という女性と婚約したが、結婚直前で破談。

鹿島安次郎  声 – 富山敬

鹿島みゆきの父。

警察官(警部)。

「二枚刃の安次郎」と自ら名乗るも、鹿島姓もしくはフルネームで登場したことがない。

若い女の子一般が好きらしく、初詣で若松みゆきに偶然出会い、気に入る。

その後は警察官の身分を濫用しては、何度も若松みゆきに接近する。

真人は気が気ではなく、鹿島みゆきの父親と知らず、面と向かって啖呵をきったこともある。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 10%の雨予報
【作詞】 阿木燿子
【作曲】 鈴木キサブロー
【編曲】 萩田光雄
【歌】 H2O

【エンディング(第1話~第13話、第20話~第22話)】

【曲名】 想い出がいっぱい
【作詞】 阿木燿子
【編曲】 萩田光雄
【歌】 H2O

【エンディング(第14話~第19話)】

【曲名】 サマー・ホリデー
【作詞】 中里綴
【作曲】 吉田雅彦
【編曲】 星勝
【歌】 河合美智子

【エンディング(第23話~第37話)】

【曲名】 Good-byeシーズン
【作詞】 山川啓介
【作曲】 鈴木キサブロー
【編曲】 星勝
【歌】 H2O

みゆき 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

みゆき(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【みゆき(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

『スーパーロボット大戦』の動画ページへ♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の動画ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪