ななこSOS 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 吾妻ひでお

連載・掲載誌 ポップコーン、ジャストコミック

掲載期間 1980年4月号~1985年6月号

テレビアニメ放送期間 1983年4月2日~1983年12月24日

テレビアニメ放送時間 土曜日 18時00分~18時30分

放送局 ゙フジテレビ系列

話数 全39話

★フィギュアの売れ筋順ランキング(毎日更新!)★

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”ななこSOS” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

★『ねんどろいど』の最新商品!★

概要 (説明はWikipediaより)

1980年より、光文社の『ポップコーン』に創刊号から連載。

1981年に『ポップコーン』の休刊に伴い、代わりに創刊された『ジャストコミック』にも引き続き連載、1985年終了。

2001年に個人誌『産直あづまマガジン』で復活した。

ただし、2004年を最後に個人誌は出版されていない。

2005年に発売された『ハヤカワコミック文庫』全3巻には、それぞれ新たに描き起しされた「ななこ1ページ劇場」が掲載されている。

みのり書房発行の『Peke』1979年1月号に掲載された『どーでもいんなーすぺーす』の『すーぱーがーる』という短編が『ななこSOS』の原型になったと言われている。

『すーぱーがーる』は、ななこに似た気が弱いスーパー・ガールが主人公だが、『ななこSOS』とストーリーのつながりはない。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

自称「天才科学者」の高校生・四谷智茂はある日、級友の飯田橋博士を“モルモット”に、超能力者を生み出す実験を行っていた。

その最中、2人の目前に唐突に現れた美少女こそ、この物語の主人公・ななこである。

記憶を失ったななこは、その代償に超能力を得て“スーパーガール”になった。

そんなななこは、とても気が小さく純粋な少女だった。

彼女は、その性格に付け込まれて世界征服を企む四谷の言うがままとなり、彼が設立したよろず請け負い会社「よろずカンパニー」の一員として働かされる事となった。

四谷は彼女の超能力を利用し、自らの夢「世界征服」を実現するため、巧妙にななこを丸め込む。

「世界は私のためにある!超能力万歳!」。

その様な四谷の言動にいつも呆れる親友・飯田橋は、口癖の様にこう呟くのだった。

「僕、頭が痛~いの…」。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

ななこ  声 – 木藤玲子

本編の主人公。

とても純粋で、優しい心を持つ美少女である。

一方で気が弱過ぎるという弱点もあるが、他人の犯した悪事に目を瞑っていられないという正義感の強い一面も持っている。

四谷達が超能力者を生み出す実験を行っている最中に、空から降って来た。

記憶を失った代わりに得た超能力で“スーパーガール”となり、四谷と同じ高校に通いつつ、彼が設立したよろず請け負い会社「よろずカンパニー」の一社員としても奮闘する。

髪の毛の色は原作の黄金色と異なり、深緑である。

四谷 智茂  声 – 三ツ矢雄二

都内の某高校に通う“天才少年”で、冷静沈着な性格の持ち主。

学校では、科学クラブに所属している。

高校生・発明家・科学者・よろず請け負い会社社長という4つの顔を持つ。

自らの会社「よろずカンパニー」を大企業に育て上げ、その財力で世界を平和的に征服する事を夢見ている。

駄洒落が大好きだが、その面白さのレベルは「おやじギャグ程度」である。

弱点はゴキブリ。

常にサングラスを掛けているが、素顔は原作と同様に美男子。

飯田橋博士  声 – 古谷徹

四谷の級友であり、その親友でもある。

将来の夢は、プロの漫画家になる事。

ななこと同様、やや気弱な面がある。

奴隷の様にななこをこき使う四谷に対しては、時々厳しい言葉を放つ事がある。

コンビニエンジ・セブン  声 – 龍田直樹

四谷がななこの監視用に制作した、「ペット・ロボット」。

ななこのピンチを救う役目も背負っている他、その超能力を強化するための道具なども持っている。

四谷の突拍子もない言動に時には呆れる事もあるが、彼を常に「社長」と呼び、慕っている。

「ボス」と呼ぶ場合もある。

ボディの色は、青。

なお、声を担当した龍田は頓宮恭子とともに、本作の次回予告のナレーションも担当。

コンビニエンジ・イレブン  声 – 頓宮恭子

コンビニエンジ・セブンと同様、ななこを監視するために四谷が作ったロボット。

セブンとは同型で、双子の兄妹の様な関係で、ボディの色は赤色。

声を担当した頓宮は龍田とともに、本作の次回予告のナレーションも担当。

ドクター石川  声 – 銀河万丈

マッド・サイエンティスト。

スノウ(声 – 塩屋浩三)を筆頭に、数人の部下を持つ。

「ロリータ・コンプレックス」という一面があり、第1話でななこに惚れて以来、彼女を手に入れようとして何度も四谷達の前に現れる。

好物は「玉子焼き」。

四谷や長万部らと同様、世界征服を企んでいる。

長万部  声 – 田中康郎→滝口順平

北海道在住のマッド・サイエンティストで、何人かの手下がいる。

世界征服のためにななこを欲しがっている。

第2話より登場。

熊の剥製を身に着け、いつも「ともろこし」を齧っている。

口癖は、「とうきび美味しい」。

五反田  声 – 滝雅也

妖怪コレクター・怪物コレクターであるが、メカの操作にも長けている。

駒込(声 – 永井一郎)など、数人の部下がいる。

松戸  声 – たてかべ和也

強者コレクター。

男女を問わず屈強な(もしくは運動能力に長けた)人間をかき集め、その力で世界を征服しようとしている。

ドクター石川らとは別の理由で、ななこを欲しがる。

小倉  声 – 古川登志夫

美男子のおぼっちゃまキャラ。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 オレンジのダンシング
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 新田一郎
【編曲】 新田一郎
【歌】 高橋みゆき

【エンディング】

【曲名】 星空ノクターン
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 新田一郎
【編曲】 新田一郎
【歌】 高橋みゆき

【挿入歌】

【曲名】 ひと夏のサンバ
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 新田一郎
【編曲】 新田一郎
【歌】 高橋みゆき

【挿入歌】

【曲名】 NANAKO
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 新田一郎
【編曲】 新田一郎
【歌】 高橋みゆき

【挿入歌】

【曲名】 愛のシュークリーム
【作詞】 谷山浩子
【作曲】 新田一郎
【編曲】 新田一郎
【歌】 高橋みゆき

【挿入歌】

【曲名】 恋のタマゴ
【作詞】 谷山浩子
【作曲】 新田一郎
【編曲】 新田一郎
【歌】 高橋みゆき

ななこSOS 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

★トレーディングカードの人気ランキング(毎日更新!)★

ななこSOS(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ななこSOS(最新無料動画はここをクリック)】