スーキャット 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

製作 東京12チャンネル、旭通信社、ナック

テレビアニメ放送期間 1980年4月6日~1980年12月29日

テレビアニメ放送時間 日曜日 10時00分~10時15分

放送局 東京12チャンネル(現:テレビ東京)系列

話数 全40話

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”スーキャット” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

企画はクラウン音楽芸能(現:クラウンミュージック)とよみパック。

擬人化された猫キャラクター達が織り成す物語で、アイドル歌手を目指す「スー」を主人公とした“猫版・スター誕生”である。

アニメ放送前年の1979年に発売された『スーキャットソング』(#イメージソングを参照)のジャケットに描かれた猫のキャラクター「スーキャット」が人気を集め、キャラクターグッズなども発売されていた。

本アニメはそのメディアミックスの一環として製作されたものである。

重厚かつシリアスなストーリーを意識するため、ナレーションを導入。

ナレーターには青森伸を起用し、青森独特の語りが物語を引き立てた。

主人公「スー」のモデルとなったのは、キャンディーズの田中好子(スー)である。

スーのほか、ラン(伊藤蘭)、ミキ(藤村美樹)というキャラクターも登場した。

ただし、モデルとなった本家キャンディーズは親戚・血類関係がないのに対し、スーキャットは姉妹という設定になっていた。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

事故によって記憶を失った少女・スーは、離散した家族と再会するためプロの歌手になる事を決意。

歌手として有名になれば、テレビへの露出機会もあろうし、母や妹達に又めぐり会えるかもと考えたからである。

様々な困難を乗り越えた末、漸く姉妹のランやミキとの再会を果たしたスー。

その後、スーは姉達と「スーキャット」というトリオを結成し活動を始めるのだが・・・。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

スー  声 – 鶴岡弥生

本編の主人公。

事故に遭い独りぼっちになったが、大衆食堂の家族を始めとする下町の住民の暖かい愛情のおかげで明朗快活な性格に育った。

離散した家族を探すため、プロの歌手を目指すが、オーディションでマリア三毛村にぶつかった事から彼女を怒らせてしまい、以後苦労の連続で、挙げ句に一旦芸能界から追放されてしまう。

しかし、その直後に母や姉妹と悲願の再会を果たした彼女は、今度は行方不明の父を探す為新しい事務所の社長の提案で姉妹と共に「スーキャット」を結成、それをきっかけに奇跡の逆転劇を始める。

スーキャットにおけるイメージカラーは赤。

マリア三毛村  声 – 横沢啓子

スーのライバル。

「三毛村財閥」の令嬢であり、プロの歌手としては歌謡界屈指の実力派であるが、性格は高慢で、本当の意味での人間関係は築けないタイプ。

ただぶつかったと言うだけでスーを目の敵にして一度は芸能界から追い出し、再起の際一緒にデビューしたランとミキに対しても卑劣な妨害をするが、本物の人気と実力を付け怒濤の追い上げを見せるスーキャットにはかつての妨害は通用しなくなった上、(ヤクザ絡みの)陰謀の発覚や手下の裏切り(もとい改心)が相次ぎ、人気絶頂の中先手を打って引退せざるを得なくなる。

ラストでマイクを追ってハリウッドへ向かうが、恋愛成就の可能性は極めて低い。

親方  声 – 増岡弘

事故に遭ったスーを引き取り、面倒を見た大衆食堂の主人。

彼とその家族のおかげでスーは「下町の花」と呼ばれる明朗快活な少女に育った。

フク  声 – 向殿あさみ

親方の妻で大衆食堂のおかみさん。

スーを我が子同然に可愛がっていたが、歌手になる事にはスーを心配するあまり、当初難色を示した。

トラ夫  声 – 三橋洋一

親方とフクの息子で、スーの幼なじみ。

陽気で正義感も強い。

両親と共に最後までスーの味方で、スーキャットの成功を喜んだ。

ラン  声 – つるたきみこ

スーの姉。

ボーイッシュないでたちをしている。

性格も少々男勝りだが明朗で気だてが良い。

母やミキと共にスーを探しており、芸能界を干された直後のスーを見つけ、再会を喜んだ。

特技はダンスだが、多少ピアノ演奏もできる。

スーキャットにおけるイメージカラーは青。

ミキ  声 – 佐々木由美子

スーの妹。

女の子らしい服装を好む。

大人しいが思いやりのある性格。

ラン同様芸能界を干された直後のスーとの再会を心から喜んだ。

特技は楽器演奏で、大抵の楽器は弾きこなせる。

スーキャットにおけるイメージカラーは、キャンディーズと同じ黄色。

スーの母  声 – 野崎貴美子

優しく、品の良い女性。

彼女もランやミキと共にスーを探していた。

マリア側の仕組んだゴシップ記事が彼女にとってはスーの居場所確定の決め手になったらしく、芸能界を追放された直後のスーを無事見つけ出した。

ちなみにイメージソングにおいては「キャンディ」と言う名前だった。

ビリー  声 – 龍田直樹

女タラシ。

マリアに負けたスーをドラヤマプロに売り付けるなど、様々な所で暗躍していたが、スーキャットの活躍を見て改心する。

元はグループサウンズのボーカル。

赤井  声 – 小野田英一

マリアの秘書。

三毛村財閥の力を利用してマリアをスターにしようと暗躍。

しかし、グランプリ入賞の為の審査員買収が暴かれ、猛省する。

ドラヤマ社長  声 – 滝雅也

スーが最初に入った悪徳芸能プロ「ドラヤマプロ」の社長。

実はヤクザ。

虎渕  声 – 政宗一成

作曲家。

ドラヤマプロからスーを救い、歌手への修行を勧める。

スーにとっては歌手としての恩師だが、無類の酒好きが高じて死去。

大虎  声 – 金沢寿一

スー達を雇った中小芸能プロの若き社長。

車を運転中姉妹で流しをしていたランと接触(ランは無傷)、これが姉妹との出会いとなった。

個性や特技がバラバラな姉妹にトリオ結成を勧めた、事実上のスーキャットの生みの親である。

マイク=タイガー  声 – 広森信吾

人気俳優。

ゴシップ記事によく登場するが、実際は向上心のある努力家で、周囲との関係も大切にするタイプ。

恋人役だったマリアに惚れられているが、彼自身は彼女に気は無い模様。

最後はマリアを振り切るかの様に渡米、ハリウッドに挑戦する。

スーの父  声 – 政宗一成

彼も事故後妻や二人の娘の前から行方を暗ませていたが、最終回で妻や三人の娘(=スーキャット)と再会し、遂に家族全員が揃う。

実は大物作詞家で、スーキャットの大ヒット曲は彼が手掛けたもの。

また、彼の登場が結果的にマリア側にとどめを刺す事になる。

ナレーター  声 – 青森伸

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 夢見るスーキャット
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 井上忠也
【編曲】 エジソン
【歌】 鶴岡弥生

【エンディング】

【曲名】 スーキャットソング(インスト)
【作曲】 井上忠也
【編曲】 渡辺博也
【演奏】 ザ・ニャニャモンハン

【エンディング】

【曲名】 青い風の日
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 井上忠也
【編曲】 エジソン
【歌】 鶴岡弥生

スーキャット 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

スーキャット(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スーキャット(最新無料動画はここをクリック)】