魔女っ子チックル 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 永井豪とダイナミックプロ

テレビアニメ放送期間 1978年3月6日~1979年1月29日

テレビアニメ放送時間 月曜日 19時00分~19時30分 など

放送局 テレビ朝日系列

話数 全45話

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”魔女っ子チックル” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

「 東映テレビ事業部(当時)」の制作。

実際のアニメ制作はネオメディアと日本サンライズ、風プロの3社。

当時子供向け化粧品でも知られるダリヤより意向を受け、在阪中堅広告代理店の大広が本作を企画。

アニメ制作を東映テレビ事業部に依頼した。

東映テレビ事業部は当時、仮面ライダー等の実写作品からコン・バトラーV等のアニメーションにも注力していた時期で、魔法少女物は初めての試みであった。

そこで、原作者としてキューティーハニーで少女物作品を手掛けていた永井豪とダイナミックプロを抜擢。

幾多の企画案を経て、魔法界から来た魔女っ子と、魔法に初めて触れた普通の少女の二人が共演するという、魔法少女アニメとしては新機軸である「ダブル主人公制」が導入された作品として知られることとなった。

本作の主役である小森チックル&チーコは、本放送当時に国民的アイドルであったピンク・レディーを意識したキャラクターとされている。

また、魔法を悪用・乱用したチックルが人間であるチーコから罰せられる点が特徴的で、本作以前の魔法少女アニメでは魔界の者から罰せられるのがお決まりであった。

本作は「東映動画」製ではないため、いわゆる「東映動画系魔女っ子アニメ」のカテゴリ外として語られる機会が多いが、オムニバスCD「歌い継がれる少女の夢~東映動画魔法少女アニメ全集」(1994年・日本コロムビア)や設定資料集「魔女っ子マテリアル」(1999年・銀河出版)などではシリーズの一環として扱われており、その解釈はさまざまである。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

小森チーコは今度の新学期に小学5年生に進級する女の子。

ある日、ただ一人の親友であるミヨちゃんが北海道に引っ越すことになった。

チーコは自分の誕生日にお別れのパーティーを開くことをミヨちゃんと約束した。

しかし、誕生日の前日に断りもなくミヨちゃんは北海道に行ってしまった。

このことにショックを受けたチーコは、ふと通りがかった本屋に立ち寄ったところ、綺麗な絵本が店頭に置いてあった。

チーコはこの本を欲しいと感じたが、本屋の店員によれば、その本は既に売れてしまい、今朝男の人が代金を払ったとのことだった。

チーコが帰宅し、父の冬吉、母の春子、妹のヒナとの家族四人で誕生パーティーを祝っている時に、冬吉から誕生日プレゼントとして手渡されたものこそが、チーコがさきほど本屋で見つけた絵本だった。

店員が言った「男の人」とは父の冬吉だったのである。

チーコが自分の部屋でその絵本をそっと開いてみると、なんと、絵本の中から女の子の助けを求める悲鳴が聞こえてきた。

絵本の世界の中で怪獣に追いかけられているのだ。

チーコが助ける方法を尋ねると、その女の子は「クルンカクルンカテコポコテン!」という呪文を唱えるようチーコに促した。

チーコがその呪文を唱えると、なんと絵本から女の子が飛び出し、チーコの前に姿を現した。

彼女こそが魔法の国の「魔女っ子チックル」だったのである。

いたずらが過ぎたために絵本の世界に封印されていたのだった。

最初は「この世に魔法使いなんかいるはずがない」とチックルのことを疑っていたチーコも、やがてチックルと打ち解けあい、魔法の力を借りることによって小森家の双子の姉妹として生活することになる。

こうしてチックルチーコの「ラッキーペア」が誕生したのであった。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

小森チックル(声:吉田理保子)

本作の主人公。

絵本に封印されていた魔法少女でツインテールの髪形が特色。

チーコに封印を解かれた後、魔法の力によりチーコとの双子の姉妹として小森家で生活する。

登場初期は彼女の魔法によるイタズラが周囲に騒動を引き起こす場面が多かったが、後半では人助けなど他の目的で魔法が使用されている描写も少なくない。

性格は明朗活発である反面、短気でそそっかしく多少自己中心的な面もあるが、根は誰よりも友達想いで優しく、彼女の魔法によって救われた人間も多い。

そのためか、学校ではクラスの人気者である。

本作のレギュラー役では唯一の魔法使いであるが、設定上は「半人前の魔法使い」ということになっており、彼女の意図した通りに魔法がかからないケースもたまに見られた。

小森チーコ(声:麻上洋子)

チックルの封印を解いた少女で、チックルが魔法使いであることを知っている唯一の人間。

外見・性格共にチックルと似ていないものの、実際の姉妹の様に仲が良く、いつも二人で一緒に行動している。

チックルが魔法を用いることをどちらかと言えば諌める場合が多く、周囲にチックルが魔法使いであることがバレそうになってヒヤヒヤすることもしばしば。

優しくおとなしい子でクッキーを焼いたり、占いに手を出したりしているが、正義感も強く、下級生をいじめる矢野さとみ達に堂々と立ち向かったこともある。

小森ヒナ(声:駒沢トヨ子)

チーコの実の妹で年齢は4歳くらい。

作中で最もチックルの事を疑っている人間で、幼いながらも賢くて勘が鋭い。

特に初期はチックルが実の姉であることを否定するような言動も多く見られたが、後半では自分を大事に思ってくれるチックルを姉として受け入れている描写が多くなっている。

小森春子(声:北浜晴子)

チックル達の母親で専業主婦。

しつけには厳しいが家族想いの優しいお母さんで、怪我で倒れたチックルを徹夜で看病したこともある。

小森冬吉(声:大竹宏)

チックル達の父親で職業はサラリーマン。

彼がチーコへの誕生日のプレゼントとして買った絵本がチックルとの出会いのきっかけとなった。

山谷ドン太(声:大竹宏)

チックルの喧嘩相手。

同作者の『マジンガーZ』における「ボス」のキャラが入った、大柄で乱暴な少年。

但し、根っからの悪い性格ではなく、チックル達に協力したり、母のかおるの事を気遣ったりするなど優しい面も少なくない。

女は羨ましいといって、様々な行為(スカートをはいてみたり)に及んだ事がある。

アゴ(声:田の中勇)

ドン太の子分。

名前の通り、アゴが突き出た顔をしている。

ポチ(声:千々松幸子)

ドン太の子分。

背が非常に低い少年。

フー子(声:山本圭子)

愛称はフーチャン。

チックルの友達で、かなり太った女の子。

吉川正(声:山本圭子)

学級委員を務める真面目でハンサムな少年。

塾に通っているため、放課後に遊ぶ時間が取れないらしい。

矢野さとみ(声:北浜晴子)

大金持ちのお嬢様。

いつも取り巻きがいる。

チックル達とは仲が悪い。

山谷かおる(またはカオル)(声:山本圭子)

ドン太の母親。

三年前に夫と死別し、女手一つでドン太を育てる。

ノラ

小森家の周辺に屯しているオスの野良猫。

ヒナの遊び相手。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 魔女っ子チックル
【作詞】 永井豪
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 馬飼野俊一
【歌】 堀江美都子

【エンディング】

【曲名】 チックルチーコのチャチャチャ
【作詞】 八手三郎
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 馬飼野俊一
【歌】 堀江美都子・コロムビアゆりかご会

魔女っ子チックル 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

魔女っ子チックル(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【魔女っ子チックル(最新無料動画はここをクリック)】