一球さん 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 水島新司

連載・掲載誌 週刊少年サンデー

掲載期間 1975年21号~1977年52号

テレビアニメ放送期間 1978年4月10日~1978年10月23日

テレビアニメ放送時間 月曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全26話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”一球さん” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

巨人学園高校野球部に突然入部してきた男、真田一球(さなだ いっきゅう)。

彼は実は忍者の子孫であり、抜群の運動神経を持つが、なんと野球のことをまったく知らないのだった。

破天荒な彼のプレーが、巨人学園に大波乱を巻き起こす。

本作は『男どアホウ甲子園』の直接の続編。

前作終了から一ヶ月で連載がスタートした。

時系列的には藤村甲子園の南波高校時代から7年後で、豆タンこと岩風五郎が巨人学園の監督として登場しているほか、藤村甲子園や丹波左文字、甲子園の弟である球二と球三も登場する。

『大甲子園』では巨人学園が再登場し、明訓高校と対戦している。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

真田一球(さなだ いっきゅう) 声 – 水島裕 

主人公。

右翼手、三塁手、投手ほか。

右投右打。

呉九郎(くれ くろう) 声 – たてかべ和也

捕手、外野手。

一球の幼馴染。

一球を追って上京し、巨人学園野球部に入部する。

一球と同じく野球は全くの素人で、一球以上に野球のルールを知らない。

語尾に「だーよ」と付けるのが口癖。

頑丈な体を持ち、バットがうまく使えないので代わりに拳骨で守備練習のノックをする。

『大甲子園』では山田太郎の影武者を演じるが技量的にはかなり及ばなかった。

大友俊(おおとも しゅん) 声 – 曽我部和行

投手。

巨人学園のエース。

一球入学当初は、プロも注目するエースで女生徒からも絶大な人気を誇っていた。

能力は高かったが傲慢であり、しばしば自らピンチを招くことも多かった。

また、精神的にも脆い部分が多々あった。

野球素人の一球がもてはやされるのに嫌気が差し、「大友さんは僕の憧れです」と純粋に語る一球を疎ましく思っていた。

「松竹梅地獄のクリーンナップ」との野試合でメッタ打ちを喫した後、すさんだ生活を送り、咎めに来た一球をドスで刺そうともする。

神宮大学附属高校との対戦後に野球部を集団で退部したが、一球以外の主力不在のまま出場した、夏の甲子園大会の対南波高校戦で、あと一歩で勝利を逃した試合を観戦して愕然とする。

堀田三吉(ほった さんきち) 声 – 古川登志夫

中堅手、二塁手。

『大甲子園』では岩鬼正美の影武者で三塁手。

このポジションではきわめて珍しい左投げ。

「三球士」の一人。

大阪市天王寺区出身。

関西弁で話し、ヘルメットに刺した鳥の羽がトレードマーク。

驚異的な俊足を誇る。

試合中に賭けを持ちかけることもある。

大友らとの確執で、一時野球部を辞めたが『大甲子園』で復部した。

甲子園での一球の活躍を観て「また、一緒にやりたくなった」と語っており、復部への伏線は描かれていた。

『大甲子園』では、酒に溺れていたところを五味に見付けられ、何とか試合に駆けつける。

岩鬼への影武者作戦に対しては「堀田と岩鬼は元から同じ様な性格」として詳細は伝えておらず、また本人も意識してなかった。

司幸司(つかさ こうじ) 声 – 古谷徹

捕手。

『大甲子園』では微笑三太郎の影武者で左翼手。

「三球士」の一人。

高知県出身。

自分は女性にモテると自信があるようで、当初は女性との注目を一心に浴びていた大友にライバル心を燃やしていた。

一軍と二軍の紅白戦および鬼桜男子高校戦で投手を務めた事もある。

大友らとの確執で、一時野球部を辞めたが『大甲子園』で復部した。

一角志郎(いっかく しろう) 声 – 滝雅也

一塁手、外野手。

『大甲子園』では上下の影武者で一塁手。

「三球士」の一人。

北海道釧路市出身。

巨体通りのパワーヒッター。

右投右打だが、『大甲子園』では、右目の視力の良さと右手の握力を買われ、一球によって左打ちに変更されていた(主な理由は明訓高校の上下への影武者作戦のため)。

普段は大人しいが、たまに切れる。

また、精神的に脆い。

作品のオープニングを飾る神宮大学との試合では、五味のビーンボールに切れ、豪快なホームランを放った。妹の病気が理由で対恋ヶ窪商業高校戦後に退部したが、『大甲子園』では予選から復活していた。

佐藤万次郎

一塁手。

4番打者。

左打ち。

相当な強打者で、作中何度もその豪打を見ることができるが、他のレギュラーメンバーと同様に最後は一球に反発して野球部を集団退部する。

意外と情に脆いところがあり、友西高校の貧窮ぶりや、一角が離脱した際の理由を聞いたときにその辺が見られる。

文六 声 – 松岡洋子

右翼手兼マネージャー。

運動センスが皆無のため「フヌケの六」と嘲笑されていた。

一球たちには好意的。

対南波高校戦では右翼を守り、勝敗を分ける鍵となる。

岩風五郎 声 – 野島昭生

野球部監督。

体育教師と監督を兼任。

かつては南波高校の捕手として、藤村甲子園の球を受けていた。

原島との勝負に勝ち、二軍監督から一軍監督となる。

甲子園出場を決めた後、監督を一球に託す。

原島 声 – 矢田耕司

野球部一軍監督。

後にヘッドコーチとなる。

一球の才能をいち早く見抜く。

当初、岩風とは険悪であったが、その後協力的になった。

五味連次郎(ごみ れんじろう) 声 – 木原正二郎

投手。

「剛球戦闘機」の異名を持つ左腕エース。

最初は制球難の弱点があったが兄・連太郎の猛特訓で克服。

いつも威勢良い振る舞いをしているが、精神的に脆い一面があり、幼い頃は「泣き虫連次郎」と呼ばれていた。

『大甲子園』では、行方をくらましていた堀田を見つけ出して甲子園に送り届けた。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 青春の歌が聞こえる
【作詞】 保富康午
【作曲】 荒木とよひさ
【編曲】 丸山雅仁
【歌】 荒木とよひさ

【エンディング】

【曲名】 一球さん
【作詞】 保富康午
【作曲】 荒木とよひさ
【編曲】 丸山雅仁
【歌】 荒木とよひさ

【挿入歌】

【曲名】 一球入魂
【作詞】 保富康午
【作曲】 荒木とよひさ
【歌】 こおろぎ’73

【挿入歌】

【曲名】 とんでけ!カッキーン
【作詞】 保富康午
【作曲】 荒木とよひさ
【歌】 こおろぎ’73

一球さん 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

一球さん(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【一球さん(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪