若草のシャルロット 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

製作 本橋浩一

テレビアニメ放送期間 1977年10月29日~1978年5月27日

テレビアニメ放送時間 土曜日 19時00分~19時30分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全30話

[csshop service=”rakuten” keyword=”若草のシャルロット” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

日本アニメーション製作の少女向けアニメである。

本作の音楽は、『海のトリトン』以来5年ぶりにアニメーションに参加した鈴木宏昌。

オープニング、エンディングの作画と、本編の作画の落差が激しいことで有名。

キャラクターデザインの高橋信也も、本編には全く参加していない。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

カナダのケベック州にある、開拓牧場の一人娘・シャルロットは、父・アンドレと平穏に暮らしていた。

しかし彼女が12歳の誕生日を迎えると、アンドレは重要な秘密を打ち明ける。

母・シモーヌは生きていること、そして自身はフランス大貴族・モントバーン家の跡取りであったが、身分を嫌ってカナダへ渡ってきたことを。

アンドレはシモーヌをフランスから呼び戻そうとしたが、その矢先、事故死してしまう。

父亡き後、牧場を乗っ取ろうとする人の陰謀にも負けず、けなげに生きていく。

やがて、母と祖父に会うためフランスへ。

謎の少年・ナイトをはじめ人々の蔭からの支えにより、母との再会を果たす。

メイフラワーが咲き誇る5月に、シャルは自分の幸せをかみしめると同時に、父が亡くなってからのこれまでの苦労を思い出しながら、助けてくれた人たちへの感謝の気持ちで胸が一杯になるのだった。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

シャルロット:横沢啓子

アンドレ:村越伊知郎

ナイト:納谷六朗

シモーヌ:坪井章子

サンディー:安原義人

モントバーン:宮内幸平

メルビル:永井一郎

ガースン:加藤修

ベッキー:島木綿子

サミー:小宮和枝

キャシー:黒須薫

ゴードン:村松康雄

ベラ:鈴木れい子

ケティー:三田ゆう子

ジム:松岡洋子

ジャン:上田敏也

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 若草のシャルロット
【作詞】 冬杜花代子
【作曲】 鈴木宏昌
【編曲】 鈴木宏昌
【歌】 かおりくみこ

【エンディング】

【曲名】 メイフラワー
【作詞】 冬杜花代子
【作曲】 鈴木宏昌
【編曲】 鈴木宏昌
【歌】 かおりくみこ、フィーリング・フリー

若草のシャルロット 無料動画で楽しみましょう♪

若草のシャルロット(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【若草のシャルロット(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!