新巨人の星 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 梶原一騎

原画 川崎のぼる

連載・掲載誌 週刊少年マガジン など

掲載期間 1966年~1971年

テレビアニメ放送期間 1977年10月1日~1978年9月30日

テレビアニメ放送時間 土曜日 19時00分~19時30分

放送局 日本テレビ系列

話数 全52話

[csshop service=”rakuten” keyword=”新巨人の星” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

原作の前作最終回で提訴試合に発展した判定は「完全試合達成」という結果になり(アニメでは最初から完全試合達成であった)、左手の指を動かせなくなったはずの星飛雄馬は、復帰のため「左肩を壊した」という平凡な設定に変わっている。

飛雄馬が花形の車の中で過去を語る最後の一球の直後の回想シーンでも、飛雄馬が左肩を抑えている場面に変わっている。

また、飛雄馬はアニメでは一徹に負ぶさって球場を後にしたはずが、この続編では「マウンドから担架で、球場出口から救急車で運ばれた」ことになっている。

そして同じく回想シーンでは、各球団は当時のユニフォームではなく現行(番組制作時)のユニフォームとなっている。

姉・明子の回想シーンでは本来の赤いワンピースから青(紺?)に変更されている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

昭和50年秋、行方不明だった飛雄馬は人里離れた山奥に住み、有料で弱小草野球チームの助っ人打者を引き受ける日々を送っていた。

そんな折、探偵を雇うことで飛雄馬の姿を捉えた花形は飛雄馬と再会。

花形邸で姉の明子とも再会する。

「野球地獄とは縁を切って第二の人生(花形コンツェルンの会社で)を歩むよう」花形より諭されるが、どん底に喘ぐ長嶋監督を救うため、既に引退し伴自動車工業の常務に納まっていた伴と彼がコーチとしてアメリカより呼び寄せたビッグ・ビル・サンダーの協力の下、昭和51年春の宮崎キャンプのテスト生を経て巨人へ再び入団する。

すっかり白髪になり老け込んだ一徹は飛雄馬の球界復帰に「大どんでん返し」の秘密があると語る。

その秘密とは元々右利きだった飛雄馬を左投げのほうが投手として有利であるという理由から敢えて左利きへと矯正させたこと、さらに大リーグボール養成ギプスは右手にも有効であり、飛雄馬は右投手として不死鳥の如く復活するというものだった。

大リーグボール3号の投球が原因で左肩を損傷したために復帰当初は代打専門の打者としてビッグ・ビル・サンダーより授かった殺人スクリュー・スピン・スライディングを武器に阪神の掛布と死闘を繰り広げる。

飛雄馬に右投げ投手として巨人のエースへ返り咲くことを願う伴はビッグ・ビル・サンダーを阪神のコーチに就任させることで掛布にスクリュー・スピン・スライディングを破らせ飛雄馬を開眼させる。

凄まじい剛速球だがノーコンに悩む飛雄馬を見かねた父・一徹が生み出した大リーグボール養成ギプス右投手用による特訓の成果でノーコンを克服する。

昭和52年春、敢えて同じテスト生を経て、しかも阪神ではなくヤクルトで飛雄馬と同じ背番号3番を背負い復帰した花形、そしてビッグ・ビル・サンダーの門下生でブラジルからやって来たロメオ南条ともに飛雄馬は見事勝利する。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

星飛雄馬  声優 (古谷徹)

巨人軍の危機にテスト生として再入団。

代打専門選手から右投手として復活を果す。

伴宙太  声優 (八奈見乗児)

飛雄馬の引退と共に中日を引退。

現在は家業である伴重工業の専務であるが、飛雄馬のカムバックに協力する。

花形満  声優 (井上真樹夫)

花形も引退し、家業を継いでいたが飛雄馬のカムバックに刺激され、ヤクルトにテスト生として入団。

再び打倒飛雄馬に燃える。

花形明子  声優 (白石冬美)

飛雄馬の姉で旧姓は「星」。

現在は花形満夫人。

左門豊作  声優 (兼本新吾)

星の世代では大洋で唯一現役を継続していた。

兄妹とは同居してるが既婚者。

星一徹  声優 (加藤精三)

飛雄馬と明子の父。

前作と比べ過激さは潜め丸い性格になっているが、野球の事になると鬼を魅せる片鱗を残している。

飛雄馬に「大リーグ養成ギブス・右投手用」を送り、援助した。

意外に甘党でお汁粉なども食す。

ビル・サンダー  声優 (内海賢二)

巨人復帰を目指す星飛雄馬の専属コーチ。

後に阪神のコーチとなり敵となる。

長嶋茂雄  声優 (池水通洋)

元星飛雄馬のチームメイトの先輩で、本作の巨人軍監督。

星に期待する余りに厳しい要求もする。

王貞治  声優 (徳丸完)

前作でも共に戦ったチームメイトの先輩。

右投手に転向した星がコントロールに苦しむのを見かねて、ザトペック投法(ノーワインドアップ投法)を伝授した。

これは実際に王が高校時代に投手をしていた時に現実に使用している。

楠木(くすのき)  声優 (神山卓三)

巨人のブルペン捕手。

右投手として再起した星の面倒をみた。

前作における伴宙太の様な役処。

怪我により、野球生命を断たれた弟がいる。

一度は実家の家業を継ぐ為に引退を決意したが、長嶋監督や飛雄馬の要請もあり現役を続行する事を決心した。

ロメオ・南条  声優 (堀勝之祐)

ブラジル出身の日系人。

ビル・サンダーの教え子でサンダーが去った後に阪神に入団し星の前に立ちはだかる。

他のライバルと同じく、引き続き『新巨人の星II』にも登場する。

走攻守揃ったアベレージ・ヒッター(高打率打者)であるが、ホームランを打つ描写も多い。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 行け行け飛雄馬
【作詞】 東京ムービー企画部
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 ささきいさお、こおろぎ’73

【エンディング】

【曲名】 よみがえれ飛雄馬
【作詞】 梶原一騎
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 ささきいさお、こおろぎ’73

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 飛雄馬ひとり往く
【作詞】 梶原一騎
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 こおろぎ’73

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 姉さんありがとう
【作詞】 杉山政美
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 ささきいさお

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 友情
【作詞】 東京ムービー企画部
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 ささきいさお、こおろぎ’73

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 多摩川の四季
【作詞】 東京ムービー企画部、杉山政美
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 こおろぎ’73

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 想い出よ今は…
【作詞】 杉山政美
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 ささきいさお

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 はばたけ飛雄馬このときに
【作詞】 杉山政美
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 ささきいさお、こおろぎ’73

新巨人の星 無料動画で楽しみましょう♪

新巨人の星(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【新巨人の星(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!