天才バカボン 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 赤塚不二夫

連載・掲載誌 週刊少年マガジン など

掲載期間 1967年4月9日~ など

テレビアニメ放送期間 1971年9月25日~1972年6月24日

テレビアニメ放送時間 土曜日 19時00分~19時30分 など

放送局 よみうりテレビ系列

話数 全40回

天才バカボン(1) (竹書房文庫) [ 赤塚不二夫 ]

天才バカボン(1) (竹書房文庫) [ 赤塚不二夫 ]
608 円 (税込) 送料込
評価 4.5
竹書房文庫 赤塚不二夫 竹書房テンサイバカボン アカツカ,フジオ 発行年月:1994年06月 予約締切日:1994年06月13日 ページ数:265p サイズ:文庫 ISBN:9784884752934 本 漫画(コミック) 文庫 その他 文庫 漫画(コミック)

【トランプ】【メール便可】天才バカボン 名言トランプ【おもちゃ グッズ ゲーム キャラクター カード レレレ 赤塚不二夫 ウナギイヌ ..

【トランプ】【メール便可】天才バカボン 名言トランプ【おもちゃ グッズ ゲーム キャラクター カード レレレ 赤塚不二夫 ウナギイヌ ..
510 円 (税込)
名作天才バカボンの名言トランプ♪ 札がマンガのようにセリフがかいてあるよ! 見応えのあるトランプです★ ◆箱サイズ:85(幅)×20(奥)×130(高)mm ◆セット内容:本体 ※こちらの商品は、初期不良を含むすべてのサポートがメーカーサポートとなります。 こちらの商品は、メール便..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

『おそ松くん』において、ギャグ漫画家として不動の人気を得た赤塚不二夫が続けて描いた作品。

原作では登場人物が死亡したり、殺害する描写、暴力的表現も数多く見られたが、アニメ化に際しては大幅に書き換えられている。

キャラクターのデザインや人物造形については原作をほぼ踏襲している一方で、作品のテーマが大きく異なっている。

原作ではバカボンのパパ達がおかしな行動をとることで一般常識や漫画作品としてのルールすらゆさぶり、ナンセンスな世界を展開するのが狙いだったのに対し、本作品ではバカボンのパパ達の一見おかしな行動は「無垢な心の表れ」であり、彼らの作為のない真心が結果として周囲の人々に幸せを招く、といった全く違う世界観に改変された。

これは日本PTA全国協議会が実施していたアンケート「子どもに見せたくない番組(ワースト番組)」に本作品がランクインした事も大きく影響している。

しかしこの内容改変は「バカボンのパパが定職(植木屋)を持つ」設定とも関連して、原作者を大いに失望させることとなった。

スポットや次週予告の際、パパが「見ない奴は死刑なのだ!」というブラックジョークで締めるのがお決まりになっていた。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

バカボンのパパ – 雨森雅司

主人公。

もともとは天才であったが、アクシデントがもとでバカになり現在のキャラクターとなった。

赤塚曰く「パパは無職でないといけない」としているため、原作、アニメともに基本的には無職ということになっているが、単発で様々な職に就く描写がある。

また、テレビ局側の意向でアニメ第1作では植木屋とされた。

口癖は「これでいいのだ!」「タリラリラ~ン」「コニャニャチハ」「はんたいのさんせい」「さんせいのはんたい」など。

バカボン – 山本圭子

天才バカボンのタイトルが示すとおり、本作における本来の主役。

パパと一緒になって悪さをはたらくことが多いが、パパに振り回されひどい目に遭うことや、時にはパパをひどい目にあわせたこともあった。

勉強は苦手だが、ママの誕生日プレゼントを用意するために、靴磨きのアルバイトをするなど、優しい面も。

バカボンのママ – 増山江威子

黒百合女子大学の出身。

パパとは女子大生の時に出会った。

トラブルメーカーのパパと、いたずら好きのバカボンに振り回されながらも、一家を守る良妻賢母である。

基本的には穏やかな性格で、パパたちに本気で怒ることはほとんどないが、悪ふざけが過ぎると本気で怒る事もある。

ハジメちゃん – 貴家堂子

バカボンの弟で生まれてしばらくしてすぐに言葉を話せるようになり、レコーダーを発明したり「ピタゴラスの定理」や「ケプラーの法則」の解説などもできる天才児。

後頭部に一本だけブタの尻尾のように丸くカールしたアホ毛がある。

レレレのおじさん – 槐柳二

和服姿に下駄履きで、常に路上で掃除をしている。

口癖は「おーでかーけでーすか? レーレレーのレー」。

販売店かメーカーかは不明だが、「電気屋」の社長である。

家族はすべて顔がよく似ている子供25人(五つ子が5組)で、全員独立している。

本官さん – 田の中勇

「日本で一番銃弾使用量の多いおまわりさん」との異名も持つ。

パパと幼馴染みで、両方の目玉が眉間のところでつながっている。

パパには原作では「おまわりさん」、アニメでは「本官さん」と呼ばれる。

一応真面目に職務に就いているが短気な性格であり、激こうするとあさっての方向にとにかくピストルを撃ちまくる(原作では明確に人に向けて撃った事も何度かある)。

これが原因で警察をクビになったこともあったが、すぐに復職する。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング/エンディング】

【曲名】 天才バカボン
【作詞】 東京ムービー企画部
【作曲】 渡辺岳夫
【歌】 アイドル・フォー

天才バカボン 無料動画で楽しみましょう♪

天才バカボン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【天才バカボン(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!