ペットントン 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 石ノ森章太郎

テレビアニメ放送期間 1983年10月2日~1984年8月26日

テレビアニメ放送時間 日曜日 9時00分~9時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全46話

[csshop service=”rakuten” keyword=”ペットントン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

東映不思議コメディーシリーズ第3作目。

2作連続で続いた「ロボットもの」から「ペットもの」に方向を転換した作品である。

作品コンセプトは、前年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の『E.T.』の影響を受けている。

ペットントンの容姿は、フジテレビ側プロデューサーの中に人が入っているように見えないものをという要請による。

また子役との身長差を少なくし、より身近な存在にしようという意図もあった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

あらすじはある夜、畑ネギ太少年の家に光輝く宇宙船が降りてきて、銀色の袋を落として去っていきます。

袋の中から現れたのはE.T.のペット「ペットントン」で宇宙に帰れなくなったペットントンは畑家に住みつき、ネギ太や父・ナス夫、母・トマト、祖母・セロリ、その友達の野原小百合、林ガン太、小百合の祖父で「野原動物病院」の院長と色々な騒動を巻き起こす。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

ペットントン  声優 – 丸山裕子

ジャモラー  声優 – 八代駿

セロリのパソコン  声優 – 高坂真琴

ミッチャン星大統領  声優 – 渡部猛

畑ネギ太  出演 – 高橋利安

畑ナス夫  出演 – 佐渡稔

畑トマト  出演 – 東啓子

畑セロリ  出演 – 斎藤晴彦

野原小百合  出演 – 川口智子

林ガン太  出演 – 飛高政幸

根本キヨシ  出演 – 玉木潤

野原動物病院院長  出演 – 奥村公延

トモコ  出演 – 小出綾女

ヨーコ  出演 – 若林一美

区長  出演 – 石井愃一

富士屋商店店主  出演 – 木村修

そば屋のマサト  出演 – 高木政人

警官  出演 – 高橋等

葉波(ハッパバーガー博士)  出演 – 市川勇

オミッチャン  出演 – 福原一臣

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 ペットントン
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 網倉一也
【編曲】 川上了
【歌】 アイ高野

エンディング

【曲名】 一度だけの魔法
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 網倉一也
【編曲】 川上了
【歌】 小林綾子、ヤング・フレッシュ

劇中歌(第26話)

【曲名】 ダンシング・クィーン
【作詞】 法晴伸友
【作曲】 法晴伸友
【アレンジ】 大谷和夫
【歌】 白雪姫

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

ペットントン 無料動画で楽しみましょう♪

ペットントン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ペットントン(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!