1月にはChristmas 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 岩館真理子

発売日 1991年11月21日

製作 メディアリング、フォーライフ・レコード、マジックバス

話数 全1話(45分)

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”1月にはChristmas” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

岩館真理子原作の漫画および、それを原作としたOVA作品である。

『週刊マーガレット』(集英社)1983年2・3合併号および4・5合併号に掲載された。

クリスマスに辛い思い出のある女の子・立野瑞希と、青年・藤岡順正との、ひと時の出会いとふれあいと別れを描いた短編。

舞台は東京都武蔵野市。

1991年にOVA化された。

監督は出崎哲。

シンガーソングライターの岡崎律子が、初めてアニメの主題歌を自分の声で歌った作品である。

主題歌(エンディングテーマ)『冬のないカレンダー』と、イメージソング『夜明けの青いソファー』は、1997年の岡崎のアルバム『Ritzberry Fields』にアレンジされて収録された。

本作は、林原めぐみと岡崎律子の出逢いの作品となった。

主役の立野瑞希役に決まっていた林原めぐみがスタジオで擦れ違った際に、「この人が主題歌を歌うんだな」と思った人物が岡崎だった。

林原はこの作品を通して岡崎を非常に気に入ったため、岡崎を大月俊倫に引き合わせており、以降数多くの楽曲提供を受けることになる。

ラジオ『林原めぐみのTokyo Boogie Night』にて岡崎の死去が林原の口から初めて直接告知されたのは2004年5月15・16日放送分だが、林原はこの作品を引き合いに出していた。

同時に、林原が『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ役に抜擢されるきっかけになった作品でもある。

当時の林原は『らんま1/2』の女らんま役や『スレイヤーズ』シリーズのリナ・インバース役に代表されるような、元気で闊達な少女役を主に演じることが多かったが、『新世紀エヴァンゲリオン』の監督である庵野秀明は本作のOVAを観てクールな綾波レイ役に林原を抜擢したという。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

謎めいた暮らしをしている少女・瑞希。

そんな彼女と知り合ったのは、靴屋の青年アルバイト・藤岡順正だった。

当初は屈折した瑞希の行動に悩まされる順正だが、相手に深い孤独の影を認めた彼はめげずに優しく接する。

そんな順正に次第に心を開き始めた瑞希だが、彼女は順正に恋人・世衣子がいると知って再び心を閉ざす。

順正といっしょに、瑞希の孤独をほぐそうと真剣になる世衣子。

やがて恋人たちは、瑞希が他者との間に心の壁を作る原因が、あまりに厳格な性格の父にあると知った。

だがその父親は、現在は生命の危機にあり・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

立野瑞希  声優 – 林原めぐみ

藤岡順正  声優 – 子安武人

柏木世衣子  声優 – 日高のり子

坊屋  声優 – 二又一成

藤岡閑照  声優 – 藤本譲

手紙の声  声優 – 堀勝之祐

【その他の出演声優】
石野竜三、石田彰、真殿光昭、真山恵衣、石桃子

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【エンディング】

【曲名】 冬のないカレンダー
【作詞】 田久保真見
【作曲】 羽田一郎
【編曲】 京田誠一
【歌】 岡崎律子

【挿入歌】

【曲名】 祈るように君を抱く
【作詞】 田久保真見
【作曲】 石上智明
【編曲】 京田誠一
【歌】 比山貴咏史

1月にはChristmas 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

1月にはChristmas(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【1月にはChristmas(最新無料動画はここをクリック)】