珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち- 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 漫☆画太郎

発売日 2009年6月12日

製作 株式会社パンダ工場、集英社、Liverpool

話数 全4話

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

[csshop service=”rakuten” keyword=”珍遊記” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

漫☆画太郎による日本の漫画作品。

1990年49号から1992年13号にかけて『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載されたギャグ漫画。

作品の構図は基本的に『西遊記』をモチーフおよびパロディとしている。

孫悟空にあたる横暴で傍若無人なかぶき者の山田太郎が玄じょうに調伏されてサルのような少年の姿となり、一緒に天竺を目指しながらその途中で様々な騒動を起こすストーリー。

2009年、漫☆画太郎漫画家デビュー20周年記念企画「クソして寝たら20周年!漫☆画太郎まつりだ、バカヤロー!!」第3弾としてDVDが発売された。

いわゆるFLASHアニメとよばれる、Adobe Flashによって少人数で作られた低予算アニメとなっている。

話の内容・構成・展開は不完全版に準拠。

巻数は全3巻。

この他にOVAの内容を編集して1巻にまとめた劇場版が発売されている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

時は漫政2年。

天竺を目指し、旅を続けていた坊主・玄じょうは、ひょんなことから不良息子の更生を頼まれる。

しかし、その息子というのは、都を騒がせていた化け物!

玄じょうは、妖力の強い化け物・山田太郎に苦戦しながらも、宝珠で太郎の妖気を吸い取り、猿になった太郎と共に天竺への旅のお供にすることに成功。

旅の途中、とある町にたどり着いた二人だが、裸で歩いていた太郎は町の悪がき「たけし軍団」にかわかわれてしまう。

玄じょうの目を盗み、なんとか悪がきに仕返しをしようとする太郎だが・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

山田 太郎  声優 – 玄田哲章/くまいもとこ

玄しょう  声優 – 松岡洋子/東方力丸

じじい  声優 – 坂本頼光

ばばあ  声優 – 神代知衣

狐  声優 – くじら

るいじー・珍珍  声優 – 西村朋紘

たけし  声優 – 青山桐子

モトヤース  声優 – 金谷ヒデユキ/鳥肌実

ザーマス  声優 – 中尾隆聖

ガンス  声優 – 櫻井孝宏

やおい・猫  声優 – 間宮くるみ

おおつき  声優 – 阿澄佳奈

中村タイ造  声優 – 樫井笙人

フンガー  声優 – 堂坂晃三

まり男  声優 – 宇垣秀成

アダーチ  声優 – 黒田崇矢

横☆井太郎  声優 – 横井詩織

伊☆藤太郎  声優 – 伊藤桃

広☆瀬太郎  声優 – 広瀬まい

珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち- 無料動画で楽しみましょう♪

珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-(最新無料動画はここをクリック)】