魔女っ娘つくねちゃん 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 まがりひろあき

発売日 2005年8月24日

製作 XEBEC、キングレコード

話数 全6話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”魔女っ娘つくねちゃん” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

まがりひろあきによる日本のギャグ漫画。

魔女っ娘のつくねちゃんが困っている人を魔法で救ってあげる、という魔法少女物定番の構図をとる格好をしつつ、内容はブラックジョークが主体となったギャグ漫画である。

ほのぼのとした雰囲気の中、やたらと死人が出る。

ストーリー展開の都合に合わせて突然事件を起こしたり、無理やりキャラクターを登場させたり死なせたりするという、敢えて不自然で強引な筋書きが特徴的。

『ヤングマガジンアッパーズ』の2003年8号から休刊号となる2004年21号まで連載。

その後2005年発売のOVAのプロモーションとして『月刊少年シリウス』の2005年8月号から2006年5月号にて『魔女っ娘つくねちゃん+』を連載。

2006年7月から2008年10月にかけて、『少年シリウス』のオフィシャルサイト上でウェブコミック『魔女っ娘つくねちゃんWEB』を連載(毎月第2金曜更新)。

2007年には、絶版となった『魔女っ娘つくねちゃん』1・2巻の中から31話分を抜粋して収録した単行本『魔女っ娘つくねちゃん よせあつめ』(講談社、KCDX)を発売。

メインキャラクター初登場の話は収録されているが、OVAの方が出来のいい話は収録されていない。

オリジナルビデオアニメは、2005年8月から2006年1月にかけて全6巻がキングレコード(スターチャイルドレーベル)より発売。

各巻の収録時間は10分強と一般的なOVAに比べると短いが、価格も抑えられている。

第1巻にはオープニング&エンディングマキシシングルが、第6巻にはオリジナルサルンドトラックが付属。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

かわいいけれど残酷で、えがおがキュートなんだけどとっても辛辣でつっこみどころ満載の主人公「つくねちゃん」が巻き起こす、キャッチーでスカしててなおかつグルーヴィーなショートストーリーアニメ。

いつも元気な魔女っ娘のつくねちゃんは困っている人たちを魔法の力で助けたり、助けそこなったりしているんだ・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

つくね  声優 – 桃井はるこ

ププリン、ココロ  声優 – 千葉千恵巳

市長  声優 – 志村知幸

かなこ  声優 – 徳永愛

シオレッタ・フラワーズ  声優 – 榎本温子

服部先輩乃助  声優 – 森訓久

ナブール  声優 – 三瓶由布子

トニーおじさん、くま  声優 – 小野大輔

スイカマスター、番長  声優 – 加藤将之

ばあちゃん、ラブスミス  声優 – 浅川悠

宅配屋  声優 – 川田紳司

ナレーション、ドクターチョロ松  声優 – 内藤玲

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 つくねちゃんのFlying Machine
【作詞】 桃井はるこ
【作曲】 長瀬五郎
【編曲】 instant cytron
【歌】 桃井はるこ

【エンディング】

【曲名】 Luminary
【作詞】 桃井はるこ
【作曲】 片岡知子
【編曲】 instant cytron
【歌】 桃井はるこ

魔女っ娘つくねちゃん 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

魔女っ娘つくねちゃん(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【魔女っ娘つくねちゃん(最新無料動画はここをクリック)】