からくりの君 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 藤田和日郎

発売日 2000年3月

製作 小学館、東宝、東京ムービー

話数 全1話(45分)

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”からくりの君” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

藤田和日郎の短編漫画作品。

初出は『週刊少年サンデー』1994年47号で、短編集『夜の歌』に収録されている。

執筆の動機について藤田は、忍者が好きだからとしており、また、この作品が『からくりサーカス』を描くきっかけになったと述べている。

同作品は週刊少年サンデー創刊40周年記念として、東京ムービーによりOVA作品として制作され、1999年にイベントや劇場で公開された。

2000年3月にはVHSで発売された。

DVDは海外でのみ販売されていたが、2009年7月に発売された書籍『藤田和日郎魂』の特典として日本国内でもDVD化された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

時は乱世の戦国時代。

とある地方の領主でありながら急速に力をつけた狩又貞義の実態を探るべく、派遣された忍者の一団があった。

ところが、任務の途中でことが露見してしまい、狩又の誇る精鋭忍者部隊「死なずの忍」に追われる身となる。

ほどなくして、巨大な行李を背負った風変わりな娘、文渡蘭菊が伝説の忍者、加当段蔵の隠れ家を尋ねた折、追手から唯一逃れおおせて一息付いていた下忍、睚弥三郎が「加当は死んだ」と告げる。

その直後、またもや死なずの忍に襲われ、ついに絶体絶命の窮地に陥った弥三郎を凶刃から救ったのは、蘭菊の行李から伸び出た巨大な刀の切先。

次いで現れたのは、これまた巨大な鎧武者、太郎丸だった。

蘭菊は狩又に領地を奪われ殺された武将・文渡久重の娘で、父が作ったからくり人形が狩又に悪用されているのが許せず、父の遺品である操り人形を繰り狩又を狙っていた。

しかし操り人形が強くとも、それを繰る蘭菊は無防備で、蘭菊自身が狙われれば仇討ちはできない。

そこで蘭菊自身の護衛を頼みに加当を訪ねたのだった。

弥三郎は加当に代わり蘭菊の護衛を引き受け、再び狩又の居城へ乗り込むことになる・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

文渡 蘭菊  声優 – 矢島晶子

睚 弥三郎  声優 – 若本規夫

狩又 貞義  声優 – 中田浩二

文渡 久重  声優 – 麦人

死なずの忍び頭  声優 – 青野武

【その他の出演声優】
稲葉実、長嶝高士、菅原淳一、山野井仁、中澤やよい、浅井清己、伊藤亜矢子

からくりの君 無料動画で楽しみましょう♪

からくりの君(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【からくりの君(最新無料動画はここをクリック)】