クイーン・エメラルダス 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 松本零士

発売日 1998年06月05日

製作 マクザム、円谷映像

話数 全4話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

★ 第1話 『無限への旅発ち』 ★

★ 第2話 『不滅の紋章』 ★

★ 第3話 『宿命の絆』 ★

★ 第4話 『サイレンの女神』 ★

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”クイーン・エメラルダス” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

松本零士による漫画である。

これを原作としたラジオドラマやアニメも製作された。

秋田書店発行の『月刊プリンセス』1975年5月号に掲載された読切短編『エメラルダス』が最初である。

その後講談社発行の『週刊少年マガジン』創刊1000号にあたる1978年2号から『QUEENエメラルダス』のタイトルで連載開始。

連載第1話は30ページオールカラーであった。

講談社から『月刊プリンセス』掲載の読切短編も収録した全4巻の単行本が刊行された。

また、連載終了後も番外編が3作発表されたり、他の作品にエメラルダスがゲスト出演するなど、松本零士の主要作品との位置付けとなっている。

本作品の内容は、『宇宙海賊キャプテンハーロック』と同じように宇宙を旅する女の物語である。文化放送の『セイヤング』で『スペースファンタジーエメラルダス』としてラジオドラマ化され、のちにLPレコードとしても発売された。

エメラルダスという名前は宝石のエメラルドが由来である。

幼い頃の松本零士はエメラルドは「赤い宝石」だと間違った認識をしており、彼女のデザインを故意に赤基調としたのは大人になってもその赤いイメージを払拭することができなかったためだとしている。

主人公のエメラルダスは『銀河鉄道999』や『わが青春のアルカディア』などのアニメ作品にゲストキャラクターとして登場しているが、本作のアニメ化は同時期に連載していた『999』や『ハーロック』よりもずっと後となった。

最初にアニメ化の企画が出たのは1982年ごろで、『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』『1000年女王』『わが青春の‐』と、当時松本零士原作アニメを路線として敷いていた東映動画(現・東映アニメーション)により、1983年夏公開の劇場アニメ映画として企画される。

だが『わが青春の‐』の興行収入の不振やその続編となるテレビシリーズ『無限軌道SSX』が放映される頃には松本アニメブームが終息していたこともあり、この企画は実現しなかった。

それから16年後となる1998年にOVAとしてアニメ化が実現した。

原作漫画のエメラルダスにはラーメタル人という設定は無く、地球生まれの地球人という設定になっている。

彼女の乗るクイーン・エメラルダス号は、エメラルダスが太陽系アンモナイト第三惑星『ジュラ』で入手した物である。

惑星「ジュラ」の砂漠に不時着した際に乗っていた元の宇宙船が故障し、この星で一時を過ごそうとするも、この星に先に住み着いていた100人の移住者から拒否され、食料も底を突きかけて途方に暮れていた時に「ヒモネス」という不思議な形をした生物に導かれて付いて行った先が、とある宇宙船の中だった。

船の中からは女性の声がして、モスガルートの「ゾナラーナ」と名乗る女性と暫し話をした後、長旅で疲れて年老いたゾナラーナは死亡する。

船はこの時にゾナラーナから譲り受けた船ということになっている。

また、「クイーン・エメラルダス号」という船名はエメラルダスが継承した際に自ら名付けた名前ではなく、ゾナラーナが所有していた当時から「クイーン・エメラルダス号」という名称だったか、もしくはゾナラーナがエメラルダスと出逢うことを予見して予め名付けておいた名称であることが判っている。

なお、エメラルダスの頬の傷は、この惑星「ジュラ」の移住者の男との戦いで付けられた傷ということになっている。

オリジナルビデオアニメは、1998年から1999年にかけて全4話で発売された。

第1話・第2話はオー・エル・エム、第3話・第4話はマルチ・アクセス・カンパニー(M.A.C)がアニメーション制作を担当しているため、スタッフが一部を除き大きく入れ替わっている。

VHSとLDは1巻につき1話収録の全4巻でリリースされた。

当初は2巻までのリリースを予定し、後に全8巻のリリース予定と発表されるも最終的に全4巻となった。

DVDは全3巻となっており、第1巻は第1話と第2話を1枚に収録している。

2001年には全4話を収録した3枚組DVD-BOXも発売された。

原作を基にはしているものの、ストーリーはオリジナルとなっている。

また、原作に登場しないオリジナルキャラクターが多数登場しているほか、第1話ラストでエメラルダスがメーテルを自分の妹であると言及しているシーンや、サイレンの女神族のエピソードを基にした第4話に登場するサイレンが『999』エターナル編に登場する新種族・メタノイドとなっているなど、1990年代からの新設定を踏まえたものとなっている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

地球を発つ交易船に密航し、惑星ダイバランを目指す海野広。

密航中の船が戦闘艦に襲われるが、ドクロの旗をつけた船に助けられ、なんとかダイバランに到着する。

自分の宇宙船を持つ夢をかなえるため、酒場で働きはじめた広だが、トラブルに巻き込まれ殺されかかったところを、顔に傷をもつ美しい女に救われる。

女は、ドクロ旗の船の持ち主で、“大宇宙の魔女”エメラルダスだった・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

エメラルダス  声優 – 田島令子

海野広  声優 – 林原めぐみ

ル・ロウ  声優 – 緒方賢一

大山トチロー  声優 – 山寺宏一

ハーロック  声優 – 井上真樹夫

女王バラルーダ  声優 – 麻上洋子

ルーダ  声優 – 宮村優子

エルドメイン大佐  声優 – 鈴置洋孝

ガモル  声優 – 小杉十郎太

マスター  声優 – 柴田秀勝

船長  声優 – 小林清志

ラメール  声優 – 結城比呂

ルシール  声優 – 清水香里

ガゼール  声優 – 岩田安生

山賊ヴァイダス  声優 – 大塚明夫

サイレンの女神  声優 – 高島雅羅

メタノイド  声優 – 長嶝高士、横尾博之

ガニメデのカイン  声優 – 中博史

工場長  声優 – 山野井仁

主任  声優 – 菅原淳一

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 クイーンエメラルダス
【作詞】 冬杜花代子
【作曲】 田辺智沙
【編曲】 戸塚修
【歌】 松本圭未

【エンディング】

【曲名】 SILENT SONG
【作詞】 冬杜花代子
【作曲】 大内義昭
【編曲】 大内義昭
【歌】 松本圭未

【エンディング】

【曲名】 ひとりでも ひとりではない
【作詞】 冬杜花代子
【作曲】 りりィ
【編曲】 斉藤洋士
【歌】 りりィ

【挿入歌】

【曲名】 A Sense of Revenge
【作詞】 冬杜花代子
【作曲】 都志見隆
【編曲】 京田誠一
【歌】 りりィ

クイーン・エメラルダス 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

クイーン・エメラルダス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【クイーン・エメラルダス(最新無料動画はここをクリック)】