ぼくのマリー 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 竹内桜

発売日 1996年3月6日

製作 集英社、ビクターエンタテインメント、ぴえろ

話数 全3話

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

[csshop service=”rakuten” keyword=”ぼくのマリー” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

竹内桜原作、協力・三陽五郎による日本の漫画作品。

1994年から1997年まで『週刊ヤングジャンプ』で連載。

単行本全10巻で完結。

ラジオドラマ化され、OVAとしても全3話で製作された。

増刊ヤングジャンプ1987年ザ・グレート青春号掲載にて短編として発表(短編集に収録)。

後の連載化にあたっては新たに導入部から描かれている。

連載当初は青年誌にありがちなラブコメディであったが、作品の中盤から終盤にかけてはひろしと真理との間の男女としてのすれ違い、また人間ではないガイノイドとしてのマリの苦悩なども描かれている。

OVA版とラジオドラマ版は連載当初の世界観で制作されている。

竹内にとっての初の週刊連載作にして出世作、かつ後の『ちょこッとSister』と並ぶ代表作。

ひろしの妹として制作されたマリの名の由来は、映画『メトロポリス』に登場する人造美女・マリアなどに代表される「造られた女性」のイメージから来たものであると、ラジオ特番で作者が語っている。

OVAの第1作目である『マリー誕生』は、1996年3月6日に発売された。

OVAの第1作目である『剣王ひびき登場』は、1996年5月22日に発売された。

OVAの第1作目である『夢みるアンドロイド』は、1996年8月21日に発売された。

文化放送他にて岩田光央、宮村優子によるラジオ番組が放送されており、ドラマ部分はCDとして発売されている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

同じ大学に通う美女・真理に対しての片想いが高じて、ついには彼女そっくりのアンドロイドを作り上げてしまう超科学オタクの雁狩ひろし。

本来は二人きりでひっそりと同棲するはずだったが、天真爛漫なその彼女・マリーはひろしの後を追って大学にまでやってきてしまう。

真理そっくりのマリーはたちまち周囲の評判となり、なんとか妹であると誤魔化した彼女を通じてラッキーにも真理と親しくなってしまうひろしだったが・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

雁狩マリ  声優 – 宮村優子

雁狩ひろし  声優 – 岩田光央

真理  声優 – 浅田葉子

剣王ひびき  声優 – 松本梨香

田中  声優 – 林延年

ボール  声優 – 渡辺久美子

中年  声優 – 織田優成

アナウンサー  声優 – 吉田愛理

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【エンディング】

【曲名】 HELLO, STRANGE DAYS
【作詞】 青島雪男
【作曲】 関口和之
【編曲】 保刈久明
【歌】 宮村優子

【イメージソング】

【曲名】 恋の毒
【作詞】 及川眠子
【作曲】 保刈久明
【編曲】 保刈久明
【歌】 松本梨香

ぼくのマリー 無料動画で楽しみましょう♪

ぼくのマリー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ぼくのマリー(最新無料動画はここをクリック)】