ドラえもん のび太と未来ノート 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 藤子・F・不二雄

発売日 1994年

製作 旭通信社、小学館プロダクション、シンエイ動画

話数 全1話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドラえもん” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

藤子・F・不二雄による日本の児童向けSF漫画。

22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット・ドラえもんと、勉強もスポーツも苦手な小学生・野比のび太が繰り広げる日常生活を描いた作品である。

1994年に新エネルギー・産業技術総合開発機構で製作された、教材用ビデオ (OVA) である。

この作品は自然エネルギーをテーマにしている。

この作品は広報用・教材用ビデオとして制作されたため、長らく市販されていなかったが、ドラえもんアニメ25周年記念として刊行された雑誌「ぼく、ドラえもん」13号の付録DVDに収録された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

のび太たちは学校の研究グループである「自分たちの考えた未来」をのび太の部屋で書くことにする。

ドラえもんが出しっぱなしにしていた大量のひみつ道具を押入れにしまい込んだ後、宿題の内容をノートに書いた直後、ドラえもんが帰宅し、ドラえもんが出しっぱなしにしていた未来ノートに書いてしまったことを知る。

未来ノートに書かれた未来は現実化することから、ドラえもんたちは念の為、その未来に向かう。

その未来は人工太陽のドーム内が人類の唯一の生き場であり、外の世界は自然環境のない死の世界になり、人間の代理として、ロボット同士が石油などの資源を取り合っていた。

現代に戻り、未来ノートを何とかしようとするも未来が改変された影響でドラえもんがエネルギー切れになってしまい、恐竜時代に飛ばれた挙句、タイムマシンも消滅してしまった。

のび太たちはドラえもんを復活させるべく、手元にある道具を使い、地熱発電、風力発電、太陽光発電を行っていき、ドラえもんは復活。

携帯用時空間とりかえ機を使い、現代の押入れの中のひみつ道具を召喚し、襲ってきた恐竜たちを退けた後、携帯用時空間とりかえ機で現代に帰還。

未来ノートをタイムふろしきで元に戻すのだった・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

ドラえもん  声優 – 大山のぶ代

野比のび太  声優 – 小原乃梨子

源静香  声優 – 野村道子

骨川スネ夫  声優 – 肝付兼太

剛田武  声優 – たてかべ和也

野比玉子  声優 – 千々松幸子

ミーちゃん  声優 – 渡辺久美子

カメロボット  声優 – 坂東尚樹

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【エンディング】

【曲名】 ぼくドラえもん
【作詞】 藤子不二雄
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 大山のぶ代・こおろぎ’73

【挿入歌】

【曲名】 ドラえもんのうた
【作詞】 楠部工
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 山野さと子

ドラえもん のび太と未来ノート 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ドラえもん のび太と未来ノート(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドラえもん のび太と未来ノート(最新無料動画はここをクリック)】