ドラゴンハーフ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 見田竜介

発売日 1993年3月26日

製作 Production I.G、ビクターエンタテインメント

話数 全2話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

★ 第1話 『ミンク旅立ち』 ★

★ 第2話 『凶殺武闘大会』 ★

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドラゴンハーフ RPG” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

見田竜介による漫画作品。

富士見書房の『月刊ドラゴンマガジン』で連載されていた。

単行本は全7巻。

戦闘シーンとお色気シーンの多い冒険ファンタジーだが、ギャグ主体であり、「RPG(ロール・プレイング・ギャグ)」と銘打っていた。

登場人物の名前やアイテム、モンスターは、様々なゲームやファンタジーからのパロディであることが多い。

ドラゴンマガジン誌でも人気のあった作品で、連載中に何度も特集が組まれた。

OVAの第1作目である『ミンク旅立ち』は、1993年3月26日に発売された。

OVAの第2作目である『凶殺武闘大会』は、1993年5月28日に発売された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

主人公ミンクはドラゴンと人間のハーフであるドラゴンハーフ。

アイドル騎士ディック・ソーサーに一目ぼれするが、ソーサーはドラゴンスレイヤーであるためにこのままでは決して結ばれない。

ピド=ポーションという人間になるための秘薬を探しにミンク、ルファ、ピアの3人で冒険の旅に出発するが、ピドの街は大魔王アザトデスに支配されピド=ポーションも独占されていた。

人間になるための冒険を続けるうちに、大魔王アザトデスとその一族を相手に戦うことになる・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

ミンク  声優 – 三石琴乃

ルファ  声優 – 國府田マリ子

ピア  声優 – 山田妙子

ディック・ソーサー  声優 – 松本保典

ビーナ  声優 – 佐久間レイ

シヴァ国王  声優 – 緒方賢一

ロザリオ  声優 – 塩沢兼人

ダマラム  声優 – 大塚明夫

ダグ・フィン  声優 – 浦和めぐみ

【その他の出演声優】
青野武、井上喜久子、山崎たくみ、浅野典子、新田三士郎

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【エンディング】

【曲名】 私のたまごやき
【作詞】 松宮恭子
【作曲】 Ludwig van Beethoven
【編曲】 田中公平
【歌】 三石琴乃

【挿入歌】

【曲名】 倒すぞ!!レッドドラゴン
【作詞】 見田竜介、田中公平
【作曲】 田中公平
【編曲】 田中公平
【歌】 松本保典

【挿入歌】

【曲名】 まんがシヴァ王国むかしばなしのうた
【作詞】 松宮恭子
【作曲】 Ludwig van Beethoven
【編曲】 宮崎慎二
【歌】 三石琴乃

【イメージソング】

【曲名】 あしたのソーサーマスクII世のうた
【作詞】 松宮恭子
【作曲】 Ludwig van Beethoven
【編曲】 宮崎慎二
【歌】 坂井紀雄

【イメージソング】

【曲名】 人生桜吹雪
【作詞】 松宮恭子
【作曲】 Ludwig van Beethoven
【編曲】 岸村正実
【歌】 シヴァ王国合唱団

【イメージソング】

【曲名】 戦え!サンハーフ
【作詞】 松宮恭子
【作曲】 Ludwig van Beethoven
【編曲】 岸村正実
【歌】 坂井紀雄

【イメージソング】

【曲名】 ロザリン、ダマリンとゆかいな仲間のうた
【作詞】 松宮恭子
【作曲】 Ludwig van Beethoven
【編曲】 田中公平
【歌】 山田妙子

ドラゴンハーフ 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ドラゴンハーフ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドラゴンハーフ(最新無料動画はここをクリック)】