闇の司法官ジャッジ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 細野不二彦

発売日 1991年8月1日

製作 アニメイトフィルム、ムービック、ソニー・ミュージックエンタテインメント

話数 全1話(50分)

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ジャッジ 細野不二彦” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

細野不二彦による日本の漫画。

『週刊漫画アクション』」の増刊誌である『アクションBROTHER』(双葉社)において1987年から1989年まで、『COMICアクションキャラクター』(同)において1990年から1991年まで連載された。

霊能力で悪を裁く「闇の司法官」を主人公とした作品。

当初は勧善懲悪とバイオレンスが目指されていたが、オカルト、特に心霊現象に強い興味を持つ細野の性格を反映して、次第に心霊の色の濃い物語になり、さらに因果応報をテーマとして強く取り上げるようになった。

オリジナルビデオアニメは、単行本第1巻より第1話、および法一郎と四文の初めての対決のエピソードをアニメ化し、1991年8月1日に発売された。

同年6月15日には、劇場での先行公開が行われた。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

普段はさえない会社員として日々を過ごす青年・逢魔法一郎だが、彼にはもうひとつの顔があった。

それは世の法律で裁くことのできない無数の悪を何百年にもわたって裁いてきた、逢魔一族=闇の司法官としての姿だ。

会社のライバルである山辺常務を謀殺した男・川俣に裁きを下すため、闇の司法官となる法一郎。

しかし川俣は闇の弁護士こと四文裕神を味方につけて抵抗する。

金次第で悪人をも弁護する四文の霊力に苦戦を強いられた法一郎は、最後の手段として閻魔大王(閻羅王)ら十王を冥界から呼び寄せ、十王裁判を開廷させる。

地獄の裁判官が川俣に下す判決は・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

逢魔 法一郎  声優 – 塩沢兼人

七瀬  声優 – 伊藤美紀

四文 裕神  声優 – 西村知道

川俣常務  声優 – 二又一成

村上隆一  声優 – 堀秀行

山本敬子  声優 – 麻見順子

山辺進  声優 – 大滝進矢

山辺夫人  声優 – 関根明子

閻魔王  声優 – 郷里大輔

倶生神  声優 – 小林道孝

オウム  声優 – 藤本讓

総務課長  声優 – 丸谷詠二

男子社員  声優 – 高木渉

女子社員  声優 – 天野由梨

闇の司法官ジャッジ 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

闇の司法官ジャッジ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【闇の司法官ジャッジ(最新無料動画はここをクリック)】