ミノタウロスの皿 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 藤子・F・不二雄

発売日 1990年7月

製作 小学館、東宝

話数 全1話(30分)

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”藤子 不二雄” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

藤子・F・不二雄の初の大人向け(異色短編)読切漫画。

1969年に小学館『ビッグコミック』に掲載された。

1990年7月にオリジナルビデオアニメ化された(藤子・F・不二雄の Sukoshi Fushigi 短編シアター)。

文化や倫理観など、人による価値観の違いを描いた内容となっている。

オリジナルビデオアニメは、「藤子・F・不二雄のSF短編シアター」第3巻収録。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

宇宙船の事故で地球によく似た惑星に緊急着陸した主人公は、その星でミノアという少女に救出される。

その星は、地球でいうところの牛に酷似した種族が支配する世界で、彼らは地球でいうところの人間に酷似した種族を家畜として育てていた。

地球のウシと人類が逆転したような世界に唖然とするものの、主人公は美しく気立てのいいミノアに惹かれる。

しかし、当のミノアはその家畜の中でも特に育ちの良い食用種で、最高級の食材「ミノタウロスの皿」に選ばれ、民衆の祭典で食べられる運命にあると知り、愕然とする。

主人公は喜んで食べられようとするミノアを助け出そうと説得に奔走するが、彼女にも高官にもまるで話が通用しない。

猶予が無くなり、光線銃を片手に強行手段を取ろうとするものの結局は救出できず、迎えの宇宙船に乗り込んだ主人公は、ミノアのその後を想像して泣きながらステーキを食べるのだった。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

立花  声優 – 古川登志夫

ミノア  声優 – 本多知恵子

ミノアの父  声優 – 徳丸完

ミノアの母  声優 – 片岡富枝

医者  声優 – 北村弘一

大臣  声優 – 佐藤正治

高官A  声優 – 塩屋浩三

総督  声優 – 田中亮一

役人B  声優 – 戸谷公次

役人C  声優 – 梅津秀行

役人D  声優 – 佐藤浩之

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【エンディング】

【曲名】 スナオだからコワイ
【作詞】 前田カシ
【作曲】 鍋田健
【歌】 GROUND NUTS

ミノタウロスの皿 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ミノタウロスの皿(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ミノタウロスの皿(最新無料動画はここをクリック)】