手天童子 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 永井豪、ダイナミックプロ

発売日 1989年12月21日

製作 日本コロムビア株式会社

話数 全4話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

★★★ 第1話 『憑鬼の章』 ★★★

★★★ 第2話 『降魔の章』 ★★★

★★★ 第3話 『鉄鬼の章』 ★★★

★★★ 第4話 『鬼獄の章』 ★★★

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”手天童子” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

永井豪とダイナミックプロによって『週刊少年マガジン』(講談社)に1976年9月5日号から1978年4月30日号まで連載された漫画である。

永井豪が『デビルマン』、『バイオレンスジャック』に続いて『週刊少年マガジン』誌上に発表した伝奇ロマンである。

連載のかなり早い段階で結末が決定しており、それまでの伏線の数々がその結末へ収束していく、永井豪にしては珍しい作品である。

この作品自体を描いている間、体調不良など祟りと思われる現象が起こった、と作者は後に語っている。

オリジナルビデオアニメが全4巻で発売された。

OVAの第1作目である『憑鬼の章』は、1989年12月21日に発売された。

OVAの第2作目である『降魔の章』は、1990年7月1日発売に発売された。

OVAの第3作目である『鉄鬼の章』は、1991年3月1日発売に発売された。

OVAの第4作目である『鬼獄の章』は、1991年12月21日発売に発売された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

平安時代。

京に近い大江山では戦鬼と青鬼の二匹が宇宙や時空を行き来しながら死闘を展開。

やがてその戦いは現代におよび、赤子をくわえた戦鬼は青鬼を倒す。

これと同時に戦鬼はそこにいた青年・柴竜一郎とその恋人の京子へ赤子をあずけ、15年後の再来を約束して消える。

赤子に手天童子郎と名づけて本当の子供同然に愛する柴夫妻だが、15年後に高校生となった子郎は自分の身体の異変を次第に悟る。

そんな彼の前についに敵の憑鬼が出現。

憑鬼は美少女の白鳥美雪を利用して子郎を狙うが・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

手天童 子郎  声優 – 堀川亮

柴 竜一郎  声優 – 池水通洋

柴 京子  声優 – 高木早苗

白鳥 美雪  声優 – 島本須美

白鳥 勇輔  声優 – 中原茂

大山 直次郎  声優 – 梁田清之

無双 力  声優 – 松岡洋子

種村先生  声優 – 佐久間レイ

鬼谷  声優 – 石丸博也

魔邪利 妖念  声優 – 内海賢二→小林修

アイアンカイザー  声優 – 大塚明夫

戦鬼  声優 – 郷里大輔

護鬼  声優 – 玄田哲章

手天童子 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

手天童子(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【手天童子(最新無料動画はここをクリック)】