魔法のスターマジカルエミ 蝉時雨 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

監督 安濃高志

発売日 1986年9月28日

製作 スタジオぴえろ

話数 全1話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”魔法のスター マジカルエミ” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『魔法の天使クリィミーマミ』、『魔法の妖精ペルシャ』に続く、スタジオぴえろ(ぴえろ)制作による「ぴえろ魔法少女シリーズ」の第3弾。

監督・安濃高志の代表作の一つでもある。

マジシャン志望の不器用な女の子・香月舞が、鏡の妖精トポと出会い、魔法で天才マジシャン「マジカルエミ」に変身し、華麗で大胆なマジックと歌でアイドルとして活躍する、というお話。

オリジナルビデオアニメは、1986年9月28日に発売された。

TVシリーズのダイジェスト映像15分とオリジナル映像45分で構成。

オリジナルは成長した舞がTVシリーズの第12話と第13話の間に相当する夏の4日間を回想する形で描かれた。

特別大きな事件は起こらず、舞と周辺の人々の日常が淡々と描かれ、全編を通して「昨日と全く同じ今日は訪れない」「かたちあるものはいつかはなくなる」というテーマが設けられている。

それはTVシリーズの結論である、舞の精神的な自立=マジカルエミの消失、及び舞とトポの別れを強く暗示させるものになった。

加えて、BGMを極限まで制限し代わりに自然の効果音を多用することで、叙情感あふれる映像となった。

作画水準も非常に高く、一時期は高額なプレミアの付くコレクターズアイテムになっていたが、2002年に発売されたDVDBOXに特典映像として収録されてからは比較的安価になった。

テレビ地上波では、読売テレビ「アニメだいすき!」第1回(1987年3月30日)で放送されている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

誰かの手でめくられていくアルバム。

そこには在りし日の少女・香月舞や美少女スター・マジカルエミの写真が貼られていた。

夏休みのある日、舞は魔法の力を手に入れてエミとなった自分のことを考えている。

いつかはエミも消えてしまう、これを舞は自分でも知っているのかはたまた違うのかは誰にもわからないが、今の彼女は母の陽子の言葉にもうわのそら。

あやとりに夢中のまま、舞は陽子に頼まれたおつかいに出かける。

公園で同級生の男子・武蔵と出会って遊ぶ舞だが、夕立が降ってきて・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

マジカルエミ/香月舞  声優 – 小幡洋子

結城翔  声優 – 水島裕

トポ  声優 – 龍田直樹

中森晴子  声優 – 峰あつ子

中森洋輔  声優 – 八奈見乗児

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 不思議色ハピネス
【作詞】 竜真知子
【作曲】 山川恵津子
【編曲】 山川恵津子
【歌】 小幡洋子

【エンディング】

【曲名】 あなただけDreaming
【作詞】 竜真知子
【作曲】 山川恵津子
【編曲】 山川恵津子
【歌】 小幡洋子

魔法のスターマジカルエミ 蝉時雨 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

魔法のスターマジカルエミ 蝉時雨(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【魔法のスターマジカルエミ 蝉時雨(最新無料動画はここをクリック)】