別冊オリンピア・キュクロス 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 ヤマザキマリ

テレビアニメ放送期間 2020年4月20日~2020年11月2日

テレビアニメ放送時間 月曜日 21時54分~22時00分

放送局 独立UHF局

話数 全24話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”オリンピア・キュクロス” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ヤマザキマリによる日本の漫画。

『グランドジャンプ』(集英社)にて2018年8号から連載中。

古代オリンピックおよび近代オリンピックを題材としており、古代ギリシャ人の主人公が2度の東京オリンピック開催前後の日本にタイムスリップを繰り返す姿を通して、古今の文化の違いを描くコメディ作品。

5分間のショートアニメとして2020年よりTOKYO MXにて放送された。

第1話から第4話は4月および5月に放送され、5話以降は新型コロナウイルスの感染拡大の影響より6月から11月まで放送された。

作風は原作をもとにしたオリジナルのギャグ作品になっており、毎回金に目がくらんだ村長に無理難題を押し付けられたデメトリオスが1964年の文物を学んでそれを元の時代で再現するパターンになっている。

ストーリーの進展にともないデメトリオスは村長とともにトリトニア村内の運動会規模から開始し徐々に規模を大きくしていき、最終的にはトリトニアで行われるオリンピック(トリンピック)へと成長している。

このため、原作では取り扱われていないおもてなしの精神や日本料理の再現エピソードなどが盛り込まれ、デメトリオスもカプセルホテルやカップヌードルなどのネタのために約十年後(1970年代)へも出現している。

またタイムトラベルがゼウスの意思(村長が召喚したこともあるのでかなり適当)によるものである事が描写されている。

演出上の特徴としては、古代ギリシャパートがクレイアニメ、日本パートが紙芝居風のアニメーションを中心に実写映像も交えながら表現される。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

古代ギリシャの青年デメトリオスは、壺絵師見習いの“草食系オタク”。

絵師を目指して日々精進する彼には、持って生まれた類稀なる運動能力があった。

そんなある日、村の争いに巻き込まれ、自分の無力さに思い悩むデメトリオスは雷に打たれてしまう!

そして気がついたとき、そこは自分が暮らしているギリシャではなく、言葉も通じず、風貌も違う人々が暮らす地・・・・

そう、1964年の東京だったのだ!

もちろん日本という概念を知らないデメトリオス。

果たして彼の運命は・・・!?

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

デメトリオス  声優 – 小野大輔

テオフィロス  声優 – 片桐仁

アポロニアス  声優 – 嘉納みなこ

巌谷浅吉  声優 – 佐藤貴史

美智子  声優 – 長澤優花

別冊オリンピア・キュクロス 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

別冊オリンピア・キュクロス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【別冊オリンピア・キュクロス(最新無料動画はここをクリック)】