野生のさけび 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 椋鳩十

テレビアニメ放送期間 1982年5月5日~1982年9月25日

テレビアニメ放送時間 土曜日 19時30分~20時00分

放送局 テレビ東京系列

話数 全26話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”野生のさけび” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

テレビ東京系列で放送されたテレビアニメ。

正式タイトルは、『アニメ 野生のさけび』。

昭和期の文壇で活躍し「椋鳩十児童文学賞」に名を残す作家・椋鳩十(むく・はとじゅう)が著した動物文学を原作とする、毎回一話完結のTVアニメシリーズ。

アニメ制作は、『合身戦隊メカンダーロボ』『アンデス少年ペペロの冒険』の和光プロダクションが担当。

メイン脚本家は、タツノコプロやサンライズの諸作で活躍の鳥海尽三。

1970年代の深夜ラジオ番組『たむたむたいむ』(ニッポン放送)のDJとしても大人気だった放送作家・かぜ耕司が、主題歌『愛する地球(ほし)の上で』の作詞を手がけている。

制作されたのは全26話だが、放送されたのはその内、22話分だけだった。

そのため、未放送分の残り4話は2年後の1984年3月に、『光速電神アルベガス』終了後のつなぎ番組として放送した。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

山から拾われてきた一匹の子ギツネ。

だがなかなか人間の餌づけを受け入れず、何も口にしようとしない。

しかし日にちが経ってなお、なぜか子ギツネは元気だった。

実は、人間に捕まった子ギツネを心配したキツネの両親が、夜間、人目を盗んで子供のもとに餌を届けに来ていたのだ。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

久世龍之介、益富信孝、植田敏生、立沢雅人、田中耕二、三橋洋一、大木正司、渥美れい子、平尾仁、西村智博、他

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 愛する地球の上で
【作詞】 かぜ耕士
【作曲】 チト河内
【編曲】 クニ河内
【歌】 たいらいさお

【エンディング】

【曲名】 四季のロンド
【作詞】 かぜ耕士
【作曲】 チト河内
【編曲】 クニ河内
【歌】 たいらいさお

野生のさけび 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

野生のさけび(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【野生のさけび(最新無料動画はここをクリック)】