ドラえもん(第2作1期) 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 藤子・F・不二雄

連載・掲載誌 よいこ など

掲載期間 1970年1月号~

テレビアニメ放送期間 1979年4月2日~2005年3月25日

テレビアニメ放送時間 日曜日  08時30分~09時00分 など

放送局 テレビ朝日系列

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドラえもん” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするテレビアニメである。

22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも駄目で何をやらせてもドジばかりの小学生「野比のび太」の日常生活を描いた作品である。

当時『ドラえもん』をアニメ化するのは凄い冒険で、今でこそ国民的漫画だが、当時は単行本も出てないので、子供でも『ドラえもん』を読んでるのは学年誌を買ってもらってる一部の子供だけ。

他の週刊漫画のアニメ化とは訳が違うと述べている。

また、低学年向けの雑誌に掲載された作品はページ数が少ない上ストーリー性が薄く、アニメ化すると尺が余ってしまうため原作を元にしつつ、アニメオリジナルの要素を随所に入れていき、半年の放送でも後半は、かなりオリジナル要素が増えたという。

原作の連載は始まって3年程度で、原作のストックも少なく、すぐに使い終わり、そのまま放送を続けていても1年が限度だったという。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

ドジばかりの少年「野比のび太」。

お正月をのんびりと過ごしていると、机の引出しから、のび太の子孫「セワシ」と未来のロボット「ドラえもん」が現れる。

未来の野比家では、のび太が残した借金がセワシの代まで及んで困っているという。

悲惨な未来を変えるために、セワシが世話係として連れてきたドラえもんと暮らす事になるのび太。

ドラえもんはポケットから「ひみつ道具」を取り出しのび太を助けてくれる。

のび太は道具に頼りがちになりながらも、時には反省し学んでいき、少しずつ未来はより良い方向へと進んでいく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

ドラえもん  声優 (大山のぶ代)

産型の子守用ネコ型ロボット。

性別は雄。

何をやらせてもドジばかりの小学生野比のび太を一人前の大人にするため、22世紀の未来からやってきた。

普段はのび太の家に居候しており、のび太の部屋の押入れがドラえもんの寝床となっている。

親類として、子守用ネコ型ロボットのサポートのために特注で作られた、妹のドラミがいる。

球状の頭部と胴体、短い手足をもっている。

はじめに造られたときは耳がついており、体には黄色いメッキで塗装されていた。

だが工作用ネズミロボットに耳を齧られた。

体は頑丈で、高水圧の深海や宇宙空間でもそのまま活動可能。

腹部にあるポケットは「四次元ポケット」という。

カートリッジ式で脱着および洗濯が可能。

しっぽがメインスイッチになっており、引っ張ると全機能が停止する。

球状の手は「ペタリハンド」と呼ばれ、あらゆる物体を吸着する磁力のような力を備えている。

足は重力反発装置により地面から3ミリメートル宙に浮いている。

そのため靴を履く必要はない。

その空気圧により歩くときに音がする。

ドラ焼きが大好物。

昼寝中に耳をかじられたためネズミを恐れ、極端なほどに嫌う。

野比のび太  声優 (小原乃梨子)

勉強は駄目、スポーツも駄目、何をやらせても冴えない少年。

物語は彼の不幸な将来を変えるために、未来の子孫であるセワシからドラえもんが送られたことから始まる。

以降、困りごとがあったり、トラブルに巻き込まれるとドラえもんに泣きつき、ひみつ道具に頼ろうとする。

それに応じて出したひみつ道具を応用することに関しては、時折天才的なひらめきを見せるが、結果的に失敗することが多々ある。

丸顔に大きな眼鏡をかけている。ごく平凡な顔立ちで、髪型も特徴なし。

明るい性格でゆとりがあり、温厚で優しく、他人を深く思いやる心を持っている。

臆病者だが正義感は強く、誰かを助けるために勇気を振り絞って危険に立ち向かうことも少なくない。

性急さに欠けており、極めて意志が弱く怠惰で、どんなことでもすぐ他者(ドラえもんを中心)に頼る。

何か困ったことに出くわすと、大抵は「ドラえも~ん!!」と泣き叫んでドラえもんに泣きつき、彼のポケットをあてにする。

0.93秒で眠りにつくことが可能。

射撃に関しては、驚異的な命中率とスピードを併せ持つ。

「おどるチョウ」「ギャラクシー」「銀河」「ほうき星」「のび太のママ」などという自作技を長期間かけて考案するほど、あやとりに入れ込む。

源 静香(みなもと しずか)  声優 (野村道子)

主人公 野比のび太が憧れるクラスメイト。

主要人物内での紅一点的存在である。

基本的に真面目でおしとやかで誰にでも優しい。

困った人を見かけると放っておけない

風呂が好きで、一日に3回は必ず(要は数時間おきに)入浴する。

そのため、昼間から入っている場合もある。

ジャイアン  声優 (たてかべ和也)

剛田 武(ごうだ たけし)

野比のび太のクラスメイト。

妹にジャイ子がいる。

極めて義理固い一面も持ち合わせている。

面倒見がよく親分肌で妹をかわいがり、不承不承ながらも家の手伝いもする。

友情に厚い面もあり、「心の友よ!」と叫んで抱き付いたり泣きじゃくったりする。

クラスのガキ大将であり、自己主張が激しく短気かつ毒舌家ゆえに粗暴で威圧感のある少年というイメージが強い。

さらにクラスメイトの男子達をいじめの対象とし、彼らが自分の意に沿わないとすぐ怒鳴って暴力に訴えるため、恐れられている。

また、「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの」というセリフに代表されるように、きわめて自己中心的・自分勝手である

母ちゃん(母親)が大の苦手である

骨川 スネ夫(ほねかわ スネお)  声優 (肝付兼太)

野比のび太のクラスメイト。

ナルシストかつイヤミ、口が上手くウソつき。

強者には徹底してへりくだる虫のいい選択しかしない。

父親は会社社長で家庭がとても裕福であり、自慢話をよくしてのび太を憤慨させたりうらやましがらせたりする。

特徴的なキツネ顔に加え、前から見ても横から見ても山形に見えるという独特な髪型をしている。

リッチでレアなコレクションと体験談で他人を悔しがらせるのが好き。

母親に溺愛されているためマザコン。

野比 玉子(のびたまこ)  声優 (千々松幸子)

主人公野比のび太の母。

夫は野比のび助。

38歳。

旧姓が「片岡」。

怠けた印象があるのび太にはやや厳しい専業主婦。

実はバストが85、ヒップが92というナイスバディーの持ち主で、メガネをはずすと美人。

野比 のび助(のび のびすけ)  声優 (加藤正之)

主人公野比のび太の父で、のび太の息子ノビスケの祖父。

真面目でのんびりとした性格。

やや太った体型。

趣味はもっぱら酒を飲むこと。

下手の横好きだがゴルフや釣りも嗜む。

運動神経が鈍く、運転免許の技能試験に何度も落ちている。

学生の頃は画家になるのが夢で、その腕も確か。

妻は野比玉子。

「ママ」または「きみ」と呼ぶ。

玉子と交際していたころである結婚する前は「玉子さん」と呼んでいた。

セワシ  声優 (太田淑子)

主人公のび太としずかの孫の孫(のび太本人から数えて5代目、玄孫)、ノビスケの曾孫。

野比家の男子の中で唯一名前に「のび」がついていない人物でもある。

メガネは掛けていないが先祖ののび太にそっくりの外見で、性格に関してはおっとりとした優男タイプ。

祖父の祖父であるのび太がだらしなくふがいないのに対して、セワシはある程度しっかり者らしく、面倒見のよい性格として描かれている。

機械による家事のオートメーション化、ロボットによる養育、両親は不在がちといった環境で育った典型的な「22世紀っ子」。

我成(がなり)先生  声優 (沢りつお→加藤治→井上和彦→田中亮一)

主人公である野比のび太が所属する学級の担任教師。

いつも恐ろしい量の宿題を出したり、宿題忘れや遅刻をすると廊下に立たせるという、古風なタイプの教師である。

生活指導を担当しているのか、放課後はよく町内をうろつき、生徒に出会うと道端で説教をしたり褒めたりする。

ドラミ  声優 (横沢啓子)

主人公ドラえもんの妹である。

ドラミちゃんという愛称で呼ばれることが多い。

ドラえもんと同じ缶のオイル(ロボット専用オイル)から作られたため兄妹の関係にあるが、使用されたオイルが分離しており、下半分に沈殿していた良質なオイルを使用して作られたドラミの方がドラえもんより優秀である。

なお、道具自体もドラミの方が圧倒的に高性能。

唯一兄より劣る点として、体が錆びやすく、海中では長時間の活動ができないと公言していたが、実は兄を引き立たせるための方便であり、錆びやすいということはない。

性格は真面目でしっかり者。

ただし生真面目すぎて融通がきかないところがある。

ひみつ道具に頼らず、まずはのび太に実力で物事を解決させようとする傾向がドラえもんよりも強い(それが災いし、大きな事件になった事もある)。

道具の性能が優れているだけではなく道具の使いこなし方も兄より上手で、上記のようにのび太の世話をするときには単に力を貸すだけではなく、のび太が自発的に物事を解決する方向へ誘導しようとする。

掃除や洗濯などの家事も好きで、野比家ではのび太のみならずママの手伝いもすすんで行なう。

しかし優秀である反面、非常事態の収拾を不得手としているため、結果的には兄のドラえもんを頼ることになることも少なくない。

普段はセワシのもとに住んでいて、彼の世話をしている。

出木杉 英才(できすぎ ひでとし)  声優 (白川澄子)

野比のび太のクラスメイト。

学業優秀でスポーツ万能、かつ誠実で容姿端麗な優等生であり、のび太が日頃から強い嫉妬心を向けている相手。

また、しずかが少なからぬ好意を寄せていることも快く思っていない。

人柄が朗らかで性格がよく、自分に陰湿ないたずらを加えた級友を許すほど寛大な心の持ち主。

その誠実な人柄は、彼に嫉妬を抱くのび太も「いい奴」と認めるざるを得ない。

ただし、登場当初は自信家を匂わせる部分があり、思慮に欠けた発言で立場の劣る相手の不興を買うことがある。

基本的に落ち着いていて大人びた性格の持ち主だが、時折ストレートに感情を表すことがありる。

基本的に何でも出来るパーフェクト少年。

その秀才さゆえか、他の登場人物とは距離を取ったやや近寄りがたい存在として描かれることもある。

ノビスケ   声優 (小原乃梨子)

野比のび太と源静香の一人息子。

顔はメガネはかけていないものの、のび太と瓜二つ。

成績はあまりよくないが、活発で元気。

のび太と違って非常にわんぱくな乱暴者。

また、「ジャイチビやスネ太を1日1回は殴らないと気がすまない」など、ジャイアン的な存在。

神成   声優 (田中崇→兼本新吾→渡部猛)

のび太たちが野球をする空き地の隣に住んでいる老人。

「神成」は名字で、実在する姓である。

趣味は盆栽で、植物をこよなく愛する。

スネ吉   声優 (井上和彦)

骨川スネ夫の従兄。

髪型はパーマ(アフロヘアーの時も)。

メガネをかけている。

プラモデル・ラジコン・ジオラマの製作、ヨット・スーパーカーの運転など多趣味な大学生である。

ジャイ子   声優 (太田淑子→青木和代)

ジャイアンの妹。

ドラえもんが来ない場合の未来では、のび太の妻となるはずだった。

当初は粗暴な性格だったが、後に穏やかな性格に変化し、絵が上手で少女漫画家を夢見ているという設定になる。

ジャイアンとは違い、母親に叱られることはめったにない。

漫画を描く際のペンネームはクリスチーネ剛田。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 ドラえもんのうた
【作詞】 楠部工
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 大杉久美子

【オープニング】

【曲名】 ぼくドラえもん
【作詞】 藤子・F・不二雄
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 大山のぶ代、こおろぎ’73

【オープニング】

【曲名】 ドラえもんのうた
【作詞】 楠部工
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 山野さと子

【オープニング】

【曲名】 ドラえもんのうた
【作詞】 楠部工
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 東京プリン

【オープニング】

【曲名】 ドラえもんのうた
【作詞】 楠部工
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 渡辺美里

【オープニング】

【曲名】 ドラえもんのうた
【作詞】 楠部工
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 AJI

【エンディング】

【曲名】 青い空はポケットさ
【作詞】 高田ひろお
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 大杉久美子

【エンディング】

【曲名】 まる顔のうた
【歌】 大山のぶ代

【エンディング】

【曲名】 サンタクロースはどこのひと
【歌】 大山のぶ代

【エンディング】

【曲名】 ぼくたち地球人
【歌】 堀江美都子

【エンディング】

【曲名】 青空っていいな
【歌】 堀江美都子

【エンディング】

【曲名】 あしたも・ともだち
【作詞】 西脇唯
【作曲】 西脇唯
【編曲】 飛澤宏元
【歌】 にしわきゆい

【エンディング】

【曲名】 ぼくドラえもん2112
【作詞】 藤子・F・不二雄
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 大山のぶ代、こおろぎ’73

【エンディング】

【曲名】 またあえる日まで
【作詞】 アドベンチャーキャンプの子供達・北川悠仁
【作曲】 北川悠仁
【編曲】 ゆず&寺岡呼人
【歌】 ゆず

【エンディング】

【曲名】 タンポポの詩
【作詞】 高見沢俊彦
【作曲】 高見沢俊彦
【歌】 THE ALFEE

【エンディング】

【曲名】 YUME日和
【作詞】 小幡英之
【作曲】 宮崎歩
【編曲】 宗像仁志
【歌】 島谷ひとみ

【エンディング】

【曲名】 あぁ いいな!
【作詞】 つんく
【作曲】 つんく
【編曲】 鈴木Daichi秀行
【歌】 W(ダブルユー)

ドラえもん 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ドラえもん(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドラえもん(最新無料動画はここをクリック)】