激走!ルーベンカイザー 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 大堂勲

テレビアニメ放送期間 1977年10月10日~1978年2月6日

テレビアニメ放送時間 月曜日 19時00分~19時30分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全17話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ルーベンカイザー” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

東映が制作し、和光プロダクションが制作に協力したテレビアニメ。

企画時の仮題は、「炎のF1ファイア スピリット」。

キャラクター原案は、モータースポーツマニアでもある漫画家のすがやみつるが担当しており、星野一義や鈴鹿サーキットの協力を仰ぐなど、本格的なレース物を目指した制作がおこなわれている。

フォーミュラーやアバロレーシング、K-3、バロック、バンバなどの自動車メカデザインは、かつてカーデザイナーを志望していたポピーのデザイナーである村上克司が担当しており、リアルなスポーツカーやレーシングカーなどを手掛けている。

1977年秋の本放送時は裏番組が『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』だったこともあって視聴率が取れず、全17話で打ち切りとなった。

いわゆるスーパーカーブームを受けて、この1977年秋(10月初頭前後)にはカーレースアニメだけで『とびだせ!マシーン飛竜』『超スーパーカー ガッタイガー』『アローエンブレム グランプリの鷹』そして本作と4本も同時に放映され、文字通りの競争状態となったが、半年以上続いたのは『グランプリの鷹』だけで、残り3作は半年で放映終了した。

本作は田中真弓がアニメ声優にデビューした作品である。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

F1ドライバーの速水俊介は日本グランプリのレース中、監督からの指示を無視してマシンをクラッシュさせてしまい、レース後にチームから解雇されてしまう。

そこへ現れたのは俊介の父の旧友で「カイザー・チーム」の監督を務める嵐銀二郎であった。

銀二郎は俊介の腕を見込みチームのドライバーとして加入させた。

カイザー・チームが誇る高性能フォーミュラカー「ルーベンカイザー・フォーミュラー1」は実は俊介の父であるゲオルグ・カイザー設計のマシンであった・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

速水俊介  声優 (三ツ矢雄二)

嵐銀二郎  声優 (納谷悟郎)

ジョディ・コリンズ  声優 (市川治)

高木洋平  声優 (沢りつお)

高木涼子  声優 (高橋直子/田中真弓)

ナレーター  声優 (村越伊知郎)

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 激走!ルーベンカイザー
【作詞】 八手三郎
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 ささきいさお/こおろぎ’73

【エンディング】

【曲名】 おまえがえらんだ道だから
【作詞】 八手三郎
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 ささきいさお

激走!ルーベンカイザー 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

激走!ルーベンカイザー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【激走!ルーベンカイザー(最新無料動画はここをクリック)】