フランダースの犬 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 ルイス・ド・ラ・ラメー

テレビアニメ放送期間 1975年1月5日~12月28日

テレビアニメ放送時間 金曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列 など

話数 全52話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”フランダースの犬” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

フジテレビ系列で全52話が放送された、日本アニメーション制作のテレビアニメ。

『世界名作劇場』の第1作目に当たる。

原作はイギリス人作家ウィーダの同名小説『フランダースの犬』。

今でこそ『世界名作劇場』の第1作目として認知されているが、初回放送当時は第26話まで、ズイヨー映像制作のもと『カルピスまんが劇場』のタイトルで放送されていた。

第21話より日本アニメーション制作に切り替わった際にタイトルも『カルピスこども劇場』に変更。

後年リリースされたDVDなどでは、日本アニメーション表記のオープニング映像を使用している都合上、全話とも『カルピスこども劇場』に統一の上で収録されている。

アニメオリジナルのキャラクターが多数登場している。

世界名作劇場でオリジナルストーリーが多数を占め、オリジナルキャラクターが多数登場する展開は、次作品の「母をたずねて三千里」でも行われている。

その救われない物語から、本放送から30年以上を経た現在でも広く知られている。

特にラストシーンは悲劇の代表格として語られ、「なつかしのアニメ名場面特集」などのテレビ特番では定番シーンとなっている。

本放送時も、テレビ放送に合わせて出版されていた絵本や児童書で先に結末を知ってしまった視聴者が多かったこともあり、ストーリーが終盤に近づくにつれ、主人公ネロが助かるよう嘆願する手紙がテレビ局に殺到した。

その話題性もあって最終回の視聴率はビデオリサーチ・関東地区調べで30.1%を記録。

これは「世界名作劇場」枠内アニメの視聴率の最高記録である。

原作小説とアニメ版にはかなりの相違点がある。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

ある村にネロという心の優しい少年がいた。

彼は両親を幼くして亡くし、祖父と二人暮らしで一緒に牛乳運びの仕事をしながら暮らしており、ガールフレンドのアロアとは大の仲良しだった。

ある日のこと、ネロは乱暴な飼い主に休ませずこき使われている老犬のパトラッシュと出会った。

弱った彼を助けたネロはパトラッシュを飼うことにした。

パトラッシュと出会ってからはネロは、彼やアロア、友達と楽しく過ごしていた。

しかし、それもつかの間だった。

ある時、優しかった祖父が死に、ネロとパトラッシュは悲しみに暮れる。

更にしばらくたったある晩、アロアの家の風車小屋が火事になってしまった。

アロアの父のコゼツは前からネロを嫌っていたせいか、ネロが犯人ではないかと疑いだす。

それ以来、コゼツに逆らえられない村人たちは、ネロに牛乳運びを頼もうともしなくなってしまった・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

ネロ・ダース  声優 (喜多道枝)

両親を幼くして亡くし、祖父のジェハンと2人で生活している10歳の少年。

ジェハンに似て心が優しく素直で正直な働き者である。

死にかけのパトラッシュを助け、以後一緒に生活する。

絵を描く事が好きで才能もあるが、芸術に理解の乏しい一部の村人からは「絵ばかり描いて仕事をサボる怠け者」と思われている。

不運に不運がかさなり、最終回にてアントワープの大聖堂でパトラッシュと凍死し、共に天に召される。

ジェハン・ダース  声優 (及川広夫)

ネロの祖父。

ネロの両親が亡くなった後、ネロを引き取って共に生活している。

帰還兵なので復員後の仕事がなく、村の人の善意で牛乳運びをしてわずかな収入で生活を営んでいる。

ネロの良き理解者。

死去する際の遺言は「ネロ、良い絵を描くんだぞ」というものだった。

パトラッシュ

金物屋で酷使されていた大型犬。

死にかけていたところをネロに助けられ、以後ネロやジェハンと一緒に毎朝荷車を引いて牛乳缶をアントワープまで運んでいた。

助けられてからその最期の時まで、主人であるネロに寄り添っていた。

アロア・コゼツ  声優 (桂玲子、麻上洋子、松尾佳子)

常に白い三角巾を被った姿が愛らしい8歳の少女。

勝ち気で天真爛漫な性格をしている。

とてもネロを信頼しており、仲が良くいつも一緒に遊んでいる。

ネロの死を知った瞬間の悲鳴「ネーロー!!」は名シーンを構成する要素のひとつとなっている。

コゼツ  声優 (大木民夫)

アロアの父親。

村一番の金持ち。

悪い人ではないのだが、娘がネロと付き合うのを好ましく思っていないため、ネロに対して冷たくあたる。

アロアを溺愛しているが、躾には厳しく、しかる時は怖い。

貧しい家に生まれながらも苦学して一代で財をなした努力家。

ネロに対しては、自分の少年時代の生い立ちとの違いから誤解し、”絵ばかり描いて真面目に働かない怠け者”と考えて辛く当たり、結果として、ゴマすり男のハンスがネロを苛める事になってしまった。

ラストでは、それが誤解であり、ネロは正直で、優しい心を持った立派な少年で、絵の才能も素晴らしい物を持っている事を知り、引き取って、絵の勉強をさせようと改心するが、全ては手遅れだった。

エリーナ・コゼツ  声優 (中西妙子)

アロアの母親。

非常に思いやりがあり、両親のいないネロに対しても親切を惜しまない。

が、その親切をいつも夫のコゼツにとがめられるため、こっそりとネロを支援する。

ハンス  声優 (村松康雄)

ネロの家の大家。

靴屋の店主でもある。

村で2番目に金持ちだが、いつもコゼツにはペコペコし、その他の村人には威張りちらしている。

息子のアンドレを将来アロアと一緒にさせたいと企んでおり、アロアと仲良くしているネロを気に入らず、村で悪い事が起きる度にネロの仕業だと言い回っている。

風車小屋の火事の真の原因は彼の過失。

アンドレ  声優 (白川澄子)

ハンスの1人息子。

太い眉とたれ目が特徴。

内気でおどおどしており、窮地に追い込まれると泣き出したり、他人に責任をかぶせてしまうところがある。

父のハンスは風車小屋の家事の原因はネロと考えているため、ネロと話すことを禁止する。

が、父親に見つからぬようこっそりネロを慰めてくれたりパトラッシュに肉をあげたりと心根は優しい。

金物屋  声優 (飯塚昭三)

パトラッシュをこき使っていた前の飼い主。

パトラッシュが死にそうになると捨ててしまったが、後にネロがパトラッシュを元気に回復させた事を知ると、パトラッシュの所有権を主張し、パトラッシュを譲る代わりに3フランもの大金を奪い取ってしまう。

しかも金を奪っておきながらパトラッシュを盗もうともした。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 よあけのみち
【歌】 大杉久美子、アントワープ・チルドレン・コーラス

【エンディング】

【曲名】 どこまでもあるこうね
【歌】 大杉久美子

【挿入歌】

【曲名】 まどをあけて
【歌】 大杉久美子

【挿入歌】

【曲名】 あおいひとみで
【歌】 大杉久美子

【挿入歌】

【曲名】 パトラッシュぼくの友達
【歌】 大杉久美子、アントワープ・チルドレン・コーラス

【イメージソング】

【曲名】 手をつないで
【歌】 大杉久美子、コロムビアゆりかご会

フランダースの犬 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

フランダースの犬(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【フランダースの犬(最新無料動画はここをクリック)】