星の子ポロン 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

製作 日本動画、時報映画社

テレビアニメ放送期間 1974年4月1日~1975年4月4日

テレビアニメ放送時間 月~金曜日 17時40分~17時45分

放送局 東京12チャンネル(現:テレビ東京)系列

話数 全260話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”星の子ポロン” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

時報映画社製作のテレビアニメ。

CMなどを除くと正味2分しかないにも関わらず話は2本立てという情操教育目的のミニ番組で、交通ルールなど子供たちが守るべき社会のルールが題材となっている。

主人公・ポロン以外の登場人物は擬人化された動物である。

アニメ作品としては作画枚数は非常に少なく、動きが単調かほとんどないシーンや、静止画のシーンもある。

番組の構成は、オープニングではポロンが登場し「僕、星の子ポロンちゃんだよ。皆見てねー!」と自己紹介を行うとタイトルロゴが表示されて本編に入り、エンディングではポロンが「バイバーイ」と言って去って行くというもの。

1990年代までは一部の地方局で再放送が行われていたが、2020年現在は、再放送および映像ソフト化は行われていない。

約5分程度で話は二本立てというミニ番組で、子供たちが守るべき社会のルールが題材となっている。

ポロン以外の登場人物は動物である。

アニメ作品としては作画枚数はそれほど多くはないため、動きが単調かほとんどないシーンもある。

仮定する状況が全く現実に即しておらず、1分の時間枠に合わせて無理に内容を要約しているため、伝えるべきメインテーマが伝わりにくいという本末転倒な問題点を抱えている。

場面の説明を省いて次々に話が進み、ポロンが問題を解決して終了するため、考える間もなく視聴者が置き去りにされてしまう。

これらの問題点を理由にチャージマン研を超える稀代のネタアニメとする向きもある。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

宇宙の彼方から地球にやってきた宇宙人ポロン。

動物たちを気に入って地球での暮らしをはじめるポロンだが、動物の中にはみんなが困るようなことをする連中も少なくない。

そんな相手にポロンは愛のムチを加え、世の中のルールを諭すのだった・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

ポロン 声 – 野沢雅子

坊主頭にアンテナの生えた人物。

空を飛ぶことができたり、頭に巻いているバンドの星から光を出して物を浮かせたりすることができる。

悪いことをした相手を懲らしめたりしてやってはいけないことを教えるという役回りだが、懲らしめる手段には過酷なものもある。

記事の引用元はここをクリック

星の子ポロン 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

星の子ポロン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【星の子ポロン(最新無料動画はここをクリック)】