となりのたまげ太くん 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 石ノ森章太郎

連載・掲載誌 週刊少年マガジン

掲載期間 1965年8号~

テレビアニメ放送期間 1974年4月5日~1975年6月27日

放送局 日本テレビ系列

話数 全60話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”たまげ太くん” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

石ノ森章太郎による日本の漫画作品。

『たまげ太くん』のタイトルでテレビアニメ化もされた。

タイムマシンなど、SF作品のアイテムを用いたギャグ漫画。

『佐武と市捕物控』の佐武と市や『仮面ライダー』の仮面ライダーなどが登場した回も存在する。

週刊少年マガジン(講談社)1965年8号に読み切りが掲載され、同年14号 – 33号にて連載されていた。

その後、他誌でも散発的に連載されるようになった。

日本テレビ系の『おはよう!こどもショー』の5分間のミニ番組において『たまげ太くん』のタイトルで放送された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

両親や姉と暮らす小学生ヤスシの家の隣に、不思議な親子が引っ越してきた。

気が弱い恐竜のポチをペットにしていることも含めて何かと不可解なこの親子、どうやら未来からやってきたらしい?

タイムマシンを使って珍騒動を巻き起こすその子供=仰天たまげ太くんのため、ヤスシの平凡な日常は一変して大変なことに・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

多摩毛太(たまげた) 声 – 松金よね子

本編の主人公。

やすしの家の隣に引っ越して来た未来の少年。

タイムマシンを使って毎度ドタバタ騒動を巻き起こす。

スキンヘッドで頭頂が尖っており、激怒すると頭頂が噴火する。

やすし 声 – 浅井淑子

副主人公である現代(1974年当時)の少年で、たまげ太の親友。

平凡な少年だったが、毎回たまげ太の騒動の巻き込まれる。

ヨッコ 声 – 恵比寿まさ子

やすしのあこがれの少女。

五利羅 / ゴリラ 声 – 加藤修

いじめっ子グループのボス。

いつもたまげ太の事件でひどい目に合う。

ヘルメ子 声 – 恵比寿まさ子

いじめっ子グループの紅一点。

ヘルメットを被ったような髪型をしている。

ブル公 声 – 立壁和也

木常 / キツネ 声 – 青野武

ゴリラの子分。

長身で細目。

たまげ太の父 声 – 北村弘一

たまげ太と共に未来からやって来た。

インテリだがどこかズレている。

ラッキョウのような頭。

やすしの母 声 – 恵比寿まさ子

ポチ

たまげ太のペットである恐竜。

恐竜だが気は優しいものの、ネズミが苦手。

タイムマシン

たまげ太の家にあるメカ。

たまげ太ややすし達を過去未来に移動させたり、過去の世界から人などを呼び寄せることができる。

メカでありながら人間的で、時々たまげ太の指令通りの動かなかったりする。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 となりのたまげ太くん
【作詞】 東北新社企画部
【作曲】 山田英二
【歌】 五十嵐洋子

【エンディング】

【曲名】 たまげ太くんのお通りだい
【作詞】 東北新社企画部
【作曲】 山田英二
【歌】 五十嵐洋子

となりのたまげ太くん 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

となりのたまげ太くん(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【となりのたまげ太くん(最新無料動画はここをクリック)】