赤胴鈴之助 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 武内つなよし

連載・掲載誌 少年画報

掲載期間 1954年~

テレビアニメ放送期間 1972年4月5日~1973年3月28日

テレビアニメ放送時間 水曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全52話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”赤胴鈴之助” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

福井英一と武内つなよしによる日本の漫画作品、およびそれを原作とするラジオドラマ、映画、テレビドラマ、テレビアニメである。

北辰一刀流千葉周作道場の少年剣士、金野鈴之助の活躍を描く。

父親の形見である赤い胴(防具)を着けることから「赤胴鈴之助」と言われる。

本作は、福井が過去に執筆した『よわむし鈴之助』を『少年画報』連載用にリメイクしたものである。

連載作品であるが、1954年(昭和29年)発行の同誌8月号に第1話が掲載されたところで福井が急死したため、当時新人漫画家であった武内が後を継いで執筆し、見事に人気作品に育て上げた。

読みきり作品である『よわむし鈴之助』を元に1954年、『少年画報』に第1回が掲載されたところで福井が急逝してしまったため、武内が後を継ぎ、見事に人気漫画に育て上げた。

また昭和45年(1970年)、日本文華社「特集漫画トピックス」において、青年になった鈴之助が性に目覚めて悶々とする続編『青年赤胴鈴之助』が描かれている。

武内つなよし本人による作品だが、絵柄は全く違う劇画タッチに。

1972年4月5日から1973年3月28日までフジテレビ系列で放送。

フジテレビと東京ムービーの共同製作。

全52話。

過去にラジオドラマ版や実写版を一社提供していた日本水産が筆頭スポンサーとなっていた(他社との複数社提供)。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

怪人・銀髪鬼に命を奪われた剣士・金野鉄之助。

その遺児・鈴之助は、江戸の千葉周作道場で剣の修業に励みながら、謎の陰謀団・鬼面党の暗躍を追う。

実はその鬼面党の巨魁こそ、銀髪鬼だった。

父が研究していた必殺技・真空斬りの完成と銀髪鬼の打倒を悲願とする鈴之助。

その必死の戦いが続く・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

赤胴 鈴之助(声 – 山本圭子)

さゆり(声 – 小鳩くるみ)

龍巻 雷之進(声 – 兼本新吾)

波野 十蔵(声 – 永井一郎)

波野 大助(声 – 桂玲子)

柳生 市太郎(声 – 井上真樹夫)

千葉 周作 / ナレーター(声 – 千葉耕市)

金野 鉄之助(声 – 大木民夫)

紺野 秀香(金野秀)(声 – 前田敏子)

鬼首 十郎太 / 銀髪鬼(鬼面党首領)(声 – 小林清志)

紫桔梗太夫(声 – 沢田敏子)

骸骨鬼(声 – 永井一郎)

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 がんばれ!赤胴鈴之助
【作詞】 藤島信人
【作曲】 金子三雄
【編曲】 渡辺岳夫
【歌】 東京城北少年少女合唱団

【エンディング】

【曲名】 赤胴音頭
【作詞】 東京ムービー企画部
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 ボーカル・ショップ

【エンディング】

【曲名】 赤胴真空斬り
【作詞】 東京ムービー企画部
【作曲】 渡辺岳夫
【編曲】 松山祐士
【歌】 ボーカル・ショップ

赤胴鈴之助 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

赤胴鈴之助(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【赤胴鈴之助(最新無料動画はここをクリック)】