アニメドキュメント ミュンヘンへの道 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

監修 日本バレーボール協会

テレビアニメ放送期間 1972年4月23日~8月20日

テレビアニメ放送時間 日曜日 19時30分~20時00分

放送局 TBS系列

話数 全16話(特別編1話)

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”アニメソング アルティメットBOX” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

不二家の時間(TBS)で放送されたドキュメンタリーとアニメーションを一体化させた番組である。

番組はバレーボール日本代表が、ミュンヘンオリンピック(同1972年)へ向けて取り組む様をチーム全体、あるいは選手個々のエピソードを交えて取り上げたもので、エピソード部分はアニメーション、また練習の模様などは実写映像を使って放送された。

当時、日本オリンピック委員会はアマチュア選手のテレビ出演を厳しく規制していたこともあって、選手エピソード部分についてはアニメーションを利用したものと考えられている。

原作は小泉志津男著「嵐と太陽」および松平康隆著「負けてたまるか!」。

松平康隆監督の声優は小林昭二が担当した。

毎回、猫田勝敏、南将之、森田淳悟、横田忠義、大古誠司ら、チーム全員12人を主役としてストーリーを編み、当時の日本バレーボール界をリードした選手がもちろん実名で登場している。

「松平ニッポン」(松平康隆監督率いるバレーボール日本代表チーム)が、本当に金メダルを取れるのか、視聴者はドキドキ、ワクワクしながら、五輪や前哨戦の大会を連動して見ることで、メディアミックスの走りともいえる演出効果を果たした。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

1972年にドイツ・ミュンヘンにて行われたオリンピックに出場する、男子バレーボール日本代表の奮闘を描いた作品。

東京五輪にコーチとして帯同し銅メダル、4年後のメキシコ五輪では監督として赴き銀メダル。

バレーボール全日本を率いるその松平康隆氏が次に成し遂げるであろう偉業に、日本人はオリンピック開幕前から固唾を飲んで見守っていた。

実際に試合をする各選手たちは、どんな想いを抱いて日々の厳しい練習に打ち込んでいるのか?

声の出演 (説明はWikipediaより)

小林昭二 兼本新吾 納谷六朗 島田彰 江角英明 峰恵研 青野武 平井道子 仲村秀生 柴田秀勝 森功至 村越伊知郎、他

石原良 – ナレーション

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 ミュンヘンへの道
【作詞】 阿久悠
【作曲】 渡辺岳夫
【歌】 ハニー・ナイツ

【挿入歌】

【曲名】 燃える青春
【作詞】 阿久悠
【作曲】 渡辺岳夫
【歌】 ハニー・ナイツ

アニメドキュメント ミュンヘンへの道 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

アニメドキュメント ミュンヘンへの道(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アニメドキュメント ミュンヘンへの道(最新無料動画はここをクリック)】