決断 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 児島襄

テレビアニメ放送期間 1971年4月3日~9月25日

テレビアニメ放送時間 土曜日 19時30分~20時00分

放送局 日本テレビ系列

話数 全26話

 ● 

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”アニメンタリー決断” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

太平洋戦争を題材にした竜の子プロダクション制作の戦記を題材にしたテレビアニメドラマである。

太平洋戦争を、1941年の真珠湾攻撃から1945年の敗戦に至るまで、日本側と連合国側、その双方の指揮官や司令官、兵士たちの重要な「決断」を中心に描き出すノンフィクションドラマである。

「アニメンタリー」とは、「アニメーション」と「ドキュメンタリー」を合わせて作られた造語であり、併せて、この作品の性格を端的に示している。

視聴対象を子供だけでなく大人にまで広げ、戦争状態における将官達の「決断」の時を描き、いかなる「教訓」をもたらすのかを視聴者に訴えた作品となった。

また、放送当時には同題名の雑誌が出版され、フィルムストーリーが掲載された。

この雑誌は制作局である日本テレビ放送網が刊行し、全部で6冊発行された。

実在の人物、兵器を忠実に描き、効果音は実写映画に使用される本物の爆発音やエンジン音を使用した。

また、この作品に使用された色付きの透過光などの特殊効果は、当時としては斬新なもので、後に制作された『科学忍者隊ガッチャマン』などのタツノコ作品にも多用され、後のアニメ作品に影響を与えた。

総監督だった九里一平も「『決断』で試した技術はすべて『ガッチャマン』の血と肉となりました」と証言している。

2005年に第1 – 25話を収録したDVD、2015年にBlu-ray BOXが発売されたが、第26話は日本テレビと読売広告社制作による実写作品であるため、版権の関係から収録されておらず、再放送もされていない。

扱われる決断の多くは軍人たちのものであり、各話の舞台も戦地や軍事基地といった場所がほとんどであったため、国内外含めて一般人の描写は極めて少ない。

それ以外の政治家たちの決断が描かれたのは第25話のみで、昭和天皇についても第25話以外にはセリフにも登場しない。

番組中盤からは戦争中に撮影された実写フィルムも使用されている。

登場する兵器類は放映当時としてはデフォルメがなく写実的であるが、レイテ沖海戦で軽空母である千歳型が水上機母艦のまま登場するなど、やや考証面に難がある。

また、アキャブ飛行場へ来襲したブレニム軽爆撃機は爆撃のみならず、旋回銃手(史実ではマクラッキー軍曹)が地上で休息中の加藤隼戦闘隊員を機銃掃射で多数射殺するなど、史実とは異なる派手な演出も見られた。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

日露戦争を経て、ドイツ・イタリアとの三国同盟を結んだ日本は、激動する世界情勢の中で次第にアメリカとの交戦に向かう。

昭和16年12月、真珠湾攻撃を端緒に始まった第二次世界大戦。

やがて山本五十六が率いる日本海軍は、刻々と変化する戦局の中で、いくつかの岐路に立たされる。

日本の命運を掛けた“決断”の時が来た・・・

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 決断
【作詞】 丘灯至夫
【作曲】 古関裕而
【歌】 幹和之、コロムビア男声合唱団

【エンディング】

【曲名】 男ぶし
【作詞】 丘灯至夫
【作曲】 古関裕而
【歌】 コロムビア男声合唱団

アニメンタリー 決断 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

決断(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【決断(最新無料動画はここをクリック)】