魔法の天使クリィミーマミ ロング・グッドバイ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原案 伊藤和典

発売日 1985年6月15日

製作 スタジオぴえろ

話数 全1話

[anime-jyou]

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”魔法の天使クリィミーマミ” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

テレビアニメ『魔法の天使クリィミーマミ』の好評を受け、同作品のOVAシリーズとしてスタジオぴえろで制作された。

1985年6月15日に発売。

テレビシリーズおよびOVA第1作『永遠のワンスモア』の続編に当たり、同作品の実質的な最終回といえる。

1985年8月3日には、松竹富士配給で劇場公開もされた。

併映は『魔法のプリンセスミンキーモモ 夢の中の輪舞(ロンド)』。

併映が実現したのは、両作品のプロデューサーが読売広告社の大野実だったことによる。

前作『永遠のワンスモア』の商業的成功を受け、その続編に当たる新作OVAの制作が決定。

年代は前作からさらに下り、テレビシリーズ最終話から3年後、1986年3~4月という設定で、同年2月に接近したハレー彗星にもスポットを当てている。

また、一部基本設定と共に優の服装も一新された。

作中にはnon-noを読む優、優と愛のブラジャーに関する会話、優と俊夫のキスシーンなど、優の成長を思わせるシーンが多数登場する。

また登場人物の1人である日高守は既に北海道へ帰ってしまったという設定になっており、物語を優から守へのメッセージという形で進行させることで、名前が挙がるのみとなった。

マミとめぐみが共演するSF映画として展開される劇中劇「二つの世界の物語」では、当時のOVAで流行だったファンタジー色やSF色を前面に押し出したものとなっている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

クリィミーマミのファイナルコンサートから2年近くが経ち、普通の少女として平凡ながら充実した生活を送っていた森沢優は、セントレミー学園小等部の卒業式を迎えていた。

一方パルテノンプロでは、立花慎悟と婚約発表を行った綾瀬めぐみを主演とするSF映画『二つの世界の物語』の制作が決定。

優・俊夫・みどり・愛の4人も春休みを利用して制作に協力することになるが、優は何故か突然マミに変身してしまう。

運悪くその姿を慎悟に見つかってしまった優は、マミとして映画に出演する羽目になる。

こうして昼はマミ、夜は優という二重生活が始まるのだがそんな折、ノラポジとノラネガが光り出し、次の瞬間優の目の前には懐かしいポジとネガの姿があった。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優

森沢 優/マミ  声優 – 太田貴子

大伴 俊夫  声優 – 水島裕

如月 みどり  声優 – 安西正弘

ネガ  声優 – 肝付兼太

ポジ  声優 – 三田ゆう子

綾瀬 めぐみ  声優 – 島津冴子

森沢 哲夫  声優 – 村山明

森沢 なつめ  声優 – 土井美加

立花 慎吾  声優 – 井上和彦

木所隼人  声優 – 亀山助清

女レポーター  声優 – 深見梨加

少女  声優 – 星野桜子

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 ハートのSEASON
【作詞】 恩田久義
【作曲】 尾関裕司
【編曲】 難波正司
【歌】 太田貴子

【エンディング】

【曲名】 ガールズ・トーク
【作詞】 友井久美子
【作曲】 尾関裕司
【編曲】 難波正司
【歌】 太田貴子

魔法の天使クリィミーマミ ロング・グッドバイ 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

魔法の天使クリィミーマミ ロング・グッドバイ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【魔法の天使クリィミーマミ ロング・グッドバイ(最新無料動画はここをクリック)】

東方Projectに関係する動画♪