妹さえいればいい。 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 平坂読

テレビアニメ放送期間 2017年10月8日~2017年12月24日

テレビアニメ放送時間 日曜日 22時30分~23時00分

放送局 独立UHF局

話数 全12話

[csshop service=”rakuten” keyword=”妹さえいればいい” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

平坂読による日本のライトノベル。

イラストはカントクが担当。

2015年3月から、ガガガ文庫(小学館)より刊行されている。

キャッチコピーは「青春ラブコメの到達点」。

2017年10月より12月までTOKYO MX・BS11ほかにて放送された。

テレビアニメ版の脚本も務めた平坂は、アニメ化にあたり「原作の雰囲気を崩さずキャラがブレないように」してほしいと考えており、原作をそのままなぞるのではなく、各話がまとまるよう最適化しつつも、全話見直したときによい作品だと思えるよう心掛けたと、アニメ!アニメ!のインタビューの中で述べている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

妹をこよなく愛する妹バカの小説家羽島伊月の周囲にはいつも個性的な人物が集まっていた。

その内の一人、銀髪碧眼美少女の可児那由多は、彼と同じ小説家の仲間として伊月の部屋によく遊びに訪れる。

そして、恋と友情、そして夢などに悩みを抱える少女白川京は、伊月が大学を辞める前までは伊月の同級生だった。

さらに、凄腕税理士の大野アシュリー。

天才的な才能を持つイラストレーターで、伊月のことを慕っている「ぷりけつ」こと恵那刹那。

伊月と同期デビューした小説家であり、良き友でもあり好敵手でもある不破春斗。

伊月の弟(?)とされ、彼を甲斐甲斐しく世話する完璧超人の羽島千尋。

4巻から登場の伊月の作品のコミカライズを担当することになった新人の漫画家三国山蚕。

これら登場人物は、彼らの周りで日々巻き起こる様々な騒動を、時には自ら引き起こし、また時には巻き込まれていくのであった。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

羽島 伊月  声優 – 小林裕介

羽島 千尋  声優 – 山本希望

可児 那由多  声優 – 金元寿子

白川 京  声優 – 加隈亜衣

不破 春斗  声優 – 日野聡

大野 アシュリー  声優 – 沼倉愛美

土岐 健次郎  声優 – 鳥海浩輔

恵那 刹那  声優 – 代永翼

三国山 蚕  声優 – 藤田茜

徳山 耕平  声優 – 武田幸史

春斗の妹  声優 – 水橋かおり

山県 きらら  声優 – 赤﨑千夏

羽島 啓輔  声優 – 千葉一伸

三田洞さん  声優 – 皆川純子

三田洞 彩音  声優 – 高森奈津美

鮫島 ジン  声優 – 桑島法子

鮫島 メル  声優 – 椎名へきる

アルバ・アルバトロス  声優 – 中田譲治

メガロドン  声優 – 能登麻美子

妹の兄  声優 – 保志総一朗

ジーク・レッドフィールド  声優 – 緑川光

ヒルデ・レッドフィールド  声優 – 堀江由衣

神崎 信繁  声優 – 石田彰

神崎 夕奈  声優 – ゆかな

クロム  声優 – 千葉一伸

パンダ  声優 – 檜山修之

ナレーション  声優 – 柴田秀勝

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 明日の君さえいればいい。
【作詞】 松井洋平
【作曲】 yuxuki waga
【編曲】 yuxuki waga
【歌】 ChouCho

【エンディング】

【曲名】 どんな星空よりも、どんな思い出よりも
【作詞】 結城アイラ
【作曲】 結城アイラ
【編曲】 渡部チェル
【歌】 結城アイラ

【エンディング(4)】

【曲名】 第六感のミストレス
【作詞】 安藤紗々
【作曲】 佐伯高志
【編曲】 佐伯高志
【歌】 大野アシュリー(沼倉愛美)

【エンディング(9)】

【曲名】 イノセント・ラブリー
【作詞】 安藤紗々
【作曲】 渡辺未来
【編曲】 渡辺未来
【歌】 三国山蚕 (藤田茜)

妹さえいればいい。 無料動画で楽しみましょう♪

妹さえいればいい。(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【妹さえいればいい。(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!