実は私は 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 増田英二

テレビアニメ放送期間 2015年7月6日~2015年9月28日

テレビアニメ放送時間 月曜日 25時35分~26時05分

放送局 テレビ東京系列

話数 全13話

[csshop service=”rakuten” keyword=”実は私は” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

増田英二による日本の漫画作品、および漫画を原作とするTVアニメ番組、舞台。

秋田書店の『週刊少年チャンピオン』で2013年9号から2017年12号まで連載された。

キャッチフレーズは「ちょいアホ人外ヒロインラブコメ」。

ジャンルは一応ラブコメだが、キャラクター達が非常にエキセントリックな設定である上、個性的な性格の人物が多いため、極めてハイテンションなギャグの要素も濃い。

同様のラブコメ物である『To LOVEる -とらぶる-』や主人公が秘密を守るという点で『ニセコイ』に通じることが指摘されることもある。

2015年1月29日発売の『週刊少年チャンピオン』同年9号にてテレビアニメ化が発表され、同年7月より9月までテレビ東京系列で放送された。

第1巻から第4巻収録の第33話までのエピソードを、一部オリジナルシーンを交えて映像化している。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

考えていることが顔に出てしまい嘘や隠しごとができず、「穴のあいたザル」=アナザルと呼ばれる高校生の黒峰朝陽は、クラスメイトであるミステリアスでクールビューティーな白神葉子に恋をする。

ある日、朝陽は偶然にも「実は私は吸血鬼」である葉子の秘密を知ってしまい、その秘密を守り抜くためになし崩しに「お友達」になる。

しかし、次第に「実は私は宇宙人」「実は私は狼男」「実は私は悪魔」「実は私は未来人」といったような人外の面々が周囲に増え、中には朝陽に好意を覚える女性も少なからず現れるようになる。

葉子の恋愛に対する鈍感さも相まって、朝陽の恋の行方は望むと望まざるとに関わらず迷走。

紆余曲折を経て葉子と恋人となるも、全く諦める気のない他の女子や暴走気味の人外たちに振り回される日々は続いていく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

黒峰 朝陽  声優 – 花江夏樹

白神 葉子  声優 – 芹澤優

藍澤 渚  声優 – 水瀬いのり

朱美 みかん  声優 – 上田麗奈

紅本 明里  声優 – 新田恵海

紫々戸 獅穂  声優 – 内田彩

紅本 茜  声優 – M・A・O

白神 源二郎  声優 – 小山力也

白神 桐子  声優 – 日笠陽子

紫々戸 獅狼  声優 – 宮健一

岡田  声優 – 平川大輔

嶋田  声優 – 下野紘

桜田  声優 – 羽多野渉

フクちゃん  声優 – しもがまちあき

みかんの上の弟  声優 – 藤原由林

みかんの下の弟  声優 – 斎藤楓子

ももちゃん  声優 – 森千晃

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 ひみつをちょーだい
【作詞】 mitsuyuki miyake
【作曲】 mitsuyuki miyake、Hiroto Suzuki
【編曲】 Hiroto Suzuki
【歌】 アルスマグナ

【エンディング】

【曲名】 言えない 言えない
【作詞】 TOC
【作曲】 TOC、DJ KATSU
【編曲】 DJ KATSU、Shintaro “Growth” Izutsu
【歌】 Hilcrhyme

【挿入歌(1、3、5、7、8、12)】

【曲名】 ホログラム
【作詞】 MINMI
【作曲】 MINMI
【編曲】 MINMI、Nameless a.k.a NL、Kenichi Kitsui
【歌】 MINMI

【挿入歌(7)】

【曲名】 絶対秘密主義!
【作詞】 園田智也
【作曲】 園田智也
【編曲】 園田智也
【歌】 白神葉子(芹澤優)

【挿入歌(7)】

【曲名】 サタニックサーファー
【作詞】 松尾康治
【作曲】 木下智哉
【編曲】 木下智哉
【歌】 紅本茜(M・A・O)、紅本明里(新田恵海)

実は私は 無料動画で楽しみましょう♪

実は私は(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【実は私は(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!