モノノ怪 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

キャラクターデザイン 橋本敬史

テレビアニメ放送期間 2007年7月12日~2007年9月27日

テレビアニメ放送時間 木曜日 24時45分~25時15分

放送局 フジテレビ系列

話数 全12話

[csshop service=”rakuten” keyword=”モノノ怪” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

2000年代後期の日本で深夜系テレビアニメ番組として作られた、和製ホラーアニメ作品。

本作は、ノイタミナ枠で以前に放送された『怪 ~ayakashi~』のエピソード「化猫」の続編で、制作スタッフもほぼ同じである。

前作に続いて、謎の薬売りを主人公とし、近世(江戸時代)の日本をモチーフにした世界(ただし、最後のエピソードのみ近代)を舞台に、「座敷童子」「海坊主」「のっぺらぼう」「鵺(ぬえ)」「化猫」という5つの怪異エピソードがオムニバス形式で描かれる。

本作は和紙の質感をテクスチャーとして取り入れている他、和風をベースにした独特な世界観を支える美術やデザインにおいても評価が高い。

「座敷童子」では浮世絵や目黒雅叙園、「海坊主」ではクリムト風な絵、「のっぺらぼう」では能や屏風絵や表現主義をイメージしたという筆使い、「鵺」では他の回とは打って変わったモノクロを意識した押さえたカラーと水墨画、「化猫」では時代に合わせた大正モダンやパブロ・ピカソのゲルニカ風な絵などを効果的に使っている他、各所に様々に解釈可能な暗喩や隠喩を含ませたアイコンを散りばめている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

モノノ怪を斬ることができる退魔の剣を携えて諸国を巡る薬売りの男がいる。

薬売りは妖異が現れる場を訪れる。

モノノ怪を成すのは、人の因果と縁(えにし)。

人の情念や怨念にあやかしが取りついたとき、モノノ怪となる。

薬売りはモノノ怪の形と真と理を明らかにし、退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

薬売り  声優 – 櫻井孝宏

志乃  声優 – 田中理恵

久代  声優 – 藤田淑子

座敷童子  声優 – 日比愛子

加世  声優 – ゆかな

源慧  声優 – 中尾隆聖

菖源  声優 – 浪川大輔

佐々木兵衛  声優 – 阪口大助

柳幻殃斉  声優 – 関智一

海座頭  声優 – 若本規夫

お蝶  声優 – 桑島法子

仮面の男  声優 – 緑川光

大澤廬房  声優 – 青野武

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 下弦の月
【作詞】 香和文
【作曲】 小松亮太
【編曲】 小松亮太
【歌】 小松亮太×チャーリー・コーセイ

【エンディンググ】

【曲名】 ナツノハナ
【作詞】 はしもとみゆき
【作曲】 谷口尚久
【編曲】 CHOKKAKU
【歌】 JUJU

モノノ怪 無料動画で楽しみましょう♪

モノノ怪(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【モノノ怪(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!