BLACK LAGOON 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 広江礼威

テレビアニメ放送期間 2006年4月8日~2006年12月18日

テレビアニメ放送時間 土曜日 26時35分~27時05分

放送局 独立UHF局

話数 全24話

[csshop service=”rakuten” keyword=”BLACK LAGOON” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

広江礼威による日本の漫画、またそれを原作とした片渕須直監督によるアニメ作品。

タイの架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、荒事も請け負う運び屋と、いわゆる裏社会に属する組織や人物たちが繰り広げるクライムアクション作品。

銃や爆弾などが頻繁に登場し、一部のシーンにかなり残酷な描写、一部の人物の言動に表現上の問題、そして社会的な問題描写も見られる。

作中年代は登場人物の経歴や台詞から、1990年代後半であることが示唆されている。

猥語や俗語が頻繁に飛び交い、銃撃戦での殺戮及び格闘戦を盛り込んだ暴力描写の活劇要素、舞台となる島での勢力構図から他愛無い日常で発生するスラップスティック、(主に)アメリカのTVドラマやハリウッド映画作品の引用まで、娯楽要素満載の構成となっている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

ごく普通の日本人サラリーマン岡島緑郎は、東南アジアで海賊「ラグーン商会」に遭遇して拉致される。

「ホテル・モスクワ」こと元ソ連軍の精鋭部隊から構成されるロシアン・マフィアの女ボスバラライカから依頼され、緑郎の勤める旭日重工の密輸に関わるディスクを奪ったラグーン商会は、チンケな報酬のタシにしようと彼を身代金目的で掠ったはいいが、交渉の手筈もない。

それは、頭は悪いが銃の腕は超一流で“二丁拳銃”(トゥーハンド)の異名を持つ中国系アメリカ人のレヴィが先走ったためだった。

緑郎はマッチョでタフで博識だが変人というラグーン商会の黒人ボスダッチにより、娼婦・ヤク中・傭兵・殺し屋・マフィアが集う背徳の都ロアナプラに案内される。ラグーン商会には、FBIとマフィアに追い回されてレヴィに拾われたインテリ白人ベニーもいた。

「ホテル・モスクワ」は旭日重工と“交渉”するが、上司たちは緑郎を簡単に切り捨てると、ディスク奪還に傭兵部隊を送り込む。

こうして世界の現実を知った緑郎は、ネクタイを絞めた海賊ロックを名乗る。

撃ち合いも争い事も大嫌いだが交渉能力に長けたロックはラグーン商会の一員としてロアナプラの住人となり、育ちも性格も正反対のレヴィとは次第に互いにない部分を補い合う「相棒」に就く。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

ロック  声優 – 浪川大輔

レヴィ  声優 – 豊口めぐみ

ダッチ  声優 – 磯部勉

ベニー  声優 – 平田広明

バラライカ  声優 – 小山茉美

ボリス  声優 – 楠大典

張維新  声優 – 森川智之

彪如苑  声優 – 逢坂力

ヴェロッキオ  声優 – 銀河万丈

ロニー  声優 – 柿原徹也

ガルシア・フェルナンド・ラブレス  声優 – 伊倉一恵

ロベルタ  声優 – 富沢美智恵

ヘンゼル  声優 – 南 央美

グレーテル  声優 – 金田朋子

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 Red fraction
【作詞】 MELL
【作曲】 高瀬一矢
【編曲】 高瀬一矢
【歌】 MELL

【エンディング】

【曲名】 Don’t Look Behind
【作曲】 EDISON

【エンディング(15)】

【曲名】 The World of midnight
【作詞】 Minako “mooki” Obata
【作曲】 Minako “mooki” Obata
【歌】 Minako “mooki” Obata

【エンディング(24)】

【曲名】 Peach Headz Addiction
【作詞】 breath frequency
【作曲】 breath frequency
【編曲】 breath frequency

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

BLACK LAGOON 無料動画で楽しみましょう♪

BLACK LAGOON(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【BLACK LAGOON(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!