牙 KIBA 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 アニプレックス

テレビアニメ放送期間 2006年4月2日~2007年3月25日

テレビアニメ放送時間 日曜日 8時30分~9時00分

放送局 テレビ東京系列

話数 全51話

[csshop service=”rakuten” keyword=”牙 KIBA アニメ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アメリカ合衆国のトレーディングカードゲーム会社最大手、アッパーデック社とのタイアップの元、カードゲーム『牙』のテレビアニメ版として展開され、米国での放送も行われた。

従来のカードゲーム系アニメにありがちな、商品(本作の場合はカードの図案となる「スピリット」)ばかりをクローズアップする展開ではなく、あくまでも主軸を人間ドラマに置き、販促よりも物語を最優先する丁寧な作品作りが特徴である。

監督の神志那弘志は、雑誌のインタビューで「子供向けの枠だからといって、子供に媚びる展開には絶対しない(子供が楽しめない展開にすると言う意味では無い)」と言い切っており、シリーズ構成を務める井上敏樹の作風とも相まって、時に子供向けアニメとは思えない非常に重く、ハードな物語も展開された。

登場するキャラクターはカードゲームと基本的に同じだが、その設定や物語上での扱いは別物となっている。

カードゲームの売上はヒットへは行かずとも悪くは無く、シリーズ延長やアニメの続編制作の打診もあったが、スタッフが「一年でやりきった」ことを理由に打診を断った。

テレビ東京の日曜8時30分枠としては最後の非ハイビジョン制作アニメでもある。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

無機質で閉鎖的な世界「カーム」に住む少年、ゼッドは、「扉や門を壊せば違う世界に行ける気がする」という思いにとらわれて街を破壊して回り、学校や警察から追われていた。

親友のノアは彼を心配するが、彼の事情を知っているだけに何も言えない。

ゼッドの母であるサラは精神を病んでおり、病室で日々を過ごしていた。

そんなとき、ゼッドを追って来た教師が突如豹変し、狂人となってゼッドに襲い掛かる。

それに呼応するように廃人だったはずのサラは正気を取り戻し、得体の知れない力を使って教師と戦う、何が何だか解らないまま、必死で警察から逃げ回るゼッド。

追い詰められたとき、彼のもとに現れたのは、巨大な光の渦だった。

無我夢中で渦の中に飛び込むゼッド。

やがてたどり着いたのは、「シャード」の力を使う能力者「シャードキャスター」が戦う、戦乱の異世界だった……。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

ゼッド  声優 – 吉野裕行

ノア  声優 – 堀江一眞

ロイア  声優 – 水樹奈々

ジーコ  声優 – 大木民夫

ロベス・レドンド  声優 – 三木眞一郎

ミッキー  声優 – 中本順久

シュクラムクス・デュマス  声優 – 家中宏

レベッカ  声優 – 井上麻里奈

バッカム  声優 – 宝亀克寿

ヒュー  声優 – 山口勝平

ハイラム・マキシマム  声優 – 麻生智久

ヴェンダー  声優 – 有本欽隆

ギンガ  声優 – 阪口大助

サラ  声優 – 井上喜久子

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング(1~26)】

【曲名】 Sanctuary
【作詞】 mavie、ats-
【作曲】 ats-
【編曲】 ats-
【歌】 玉置成実

【オープニング(27~51)】

【曲名】 儚く強く
【作詞】 和田勉
【作曲】 江口亮
【編曲】 江口亮
【歌】 ユンナ

【エンディング(1~13)】

【曲名】 Very Very
【作詞】 ゲンゲン
【作曲】 アッキー
【編曲】 アフロマニア、塚崎陽平
【歌】 アフロマニア

【エンディング(14~26)】

【曲名】 solar wind
【作詞】 西村晋弥
【作曲】 西村晋弥
【編曲】 シュノーケル、tasuku
【歌】 シュノーケル

【エンディング(27~39)】

【曲名】 STAY GOLD
【作詞】 ライムライト
【作曲】 ライムライト
【編曲】 ライムライト
【歌】 ライムライト

【エンディング(40~51)】

【曲名】 世界の果てまで
【作詞】 高田梢枝
【作曲】 高田梢枝
【編曲】 Tomi Yo
【歌】 高田梢枝

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

牙 KIBA 無料動画で楽しみましょう♪

牙 KIBA(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【牙 KIBA(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!