吉永さん家のガーゴイル 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 田口仙年堂

テレビアニメ放送期間 2006年4月1日~2006年6月24日

テレビアニメ放送時間 土曜日 26時05分~26時35分

放送局 独立UHF局

話数 全13話

[csshop service=”rakuten” keyword=”吉永さん家のガーゴイル” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

田口仙年堂の著述によるライトノベル。

挿絵イラストは日向悠二が担当。

エンターブレインのライトノベル文庫レーベルファミ通文庫より2004年から番外編『おるたなてぃぶ』含め2009年までシリーズが継続された。

2005年に漫画化、2006年にはアニメ化されている。

喋る石像ガーゴイルを主役とし、その周囲の生活を主軸として巻き起こる騒動を描くファンタジー(エブリデイ・マジック)作品。

出版社より「ご町内ハートフルコメディ」という触れ込みで派生作品を含むシリーズ作が展開された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

御色町(ごしきちょう)という平和な街に、一風変わった個性派揃いの家族・吉永家が住んでいる。

ある日のこと、吉永家の長女・双葉が商店街の福引で三等賞を引き当てた。

その賞品は、喋る犬の石像。

その日を境に、吉永家と周囲の生活は一変する。

その石像は自らを門番と名乗り、頼まれもしないのに吉永家の門柱の上に陣取って訪問者に誰何し、時に問答無用で新聞配達や近所の者に攻撃を仕掛けだす。

近所迷惑な石造の行動に双葉は激怒。

何とかして石像を排除しようと動き出す。

しかし石像は、そんな双葉を始めとする吉永家の人々との触れ合いの中から、自らの行動の善悪や判別・程度を学び、少しずつ町の人々の理解を得て、やがては御色町の守護者として信頼を勝ち得ていく。

石像は、やがて吉永家の人々からガーゴイルと名付けられ、自らの大事な「家族」である吉永家を守るため、また自らに降りかかる火の粉を払うため、主人である双葉や、その兄である和己と共に、時に自らの創造者の1人である高原イヨのサポートを受けながら、様々な敵や困難と戦うことになる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

ガーゴイル  声優 – 若本規夫

吉永 双葉  声優 – 斎藤千和

吉永 和己  声優 – 宮田幸季

梨々=ハミルトン/ 怪盗白色  声優 – 水樹奈々

怪盗百色  声優 – 千葉進歩

高原イヨ  声優 –   声優 – 桑島法子

東宮 天祢  声優 – 菊池正美

ケルプ  声優 – 岡野浩介

ハミルトン  声優 – 家中宏

デュラハン  声優 – 飯島肇

ヒッシャム  声優 – 中國卓郎

オシリス  声優 – 浅野るり

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 オハヨウ
【歌】 双葉(斎藤千和)、梨々(水樹奈々)、美森(稲村優奈)

【エンディング(1~12)】

【曲名】 愛においで 逢いにおいで
【歌】 双葉(斎藤千和)、梨々(水樹奈々)、美森(稲村優奈)

【エンディング(13)】

【曲名】 答えは空の下
【作詞】 Funta
【作曲】 Funta
【編曲】 梅堀淳
【歌】 双葉(斎藤千和)

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

吉永さん家のガーゴイル 無料動画で楽しみましょう♪

吉永さん家のガーゴイル(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【吉永さん家のガーゴイル(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!