増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 増田こうすけ

テレビアニメ放送期間 2005年2月7日~2005年4月25日

テレビアニメ放送時間 月曜日 23時00分~23時06分 など

放送局 CS放送 など

話数 全12話

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=154685916814

[csshop service=”rakuten” keyword=”ギャグマンガ日和” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

増田こうすけによる日本のギャグ漫画、およびそのアニメ化作品。

最初期は雑誌の最後の方に載るため「人気がないのではないか」、「終わるのではないか」という疑念を持っていたと作者は単行本で語っていたが、その後人気は急上昇、単行本の累計発行部数は300万部を超え、『月刊少年ジャンプ』の看板作品となり、付録まで付くようになった。

そして2002年にジャンプフェスタで製作されたアニメが大きな反響を呼び、2005年にはテレビアニメがキッズステーションで放送され、2006年には第2弾、2008年には第3弾が放送された。

2005年2月7日よりキッズステーションにてアニメ放送開始、2007年10月3日から地上波の独立UHF局の一部での放送がスタート。

なお、地上波放送では規制により音声の修正などが行われている。第3期より画面サイズが16:9になり同時にアニメ制作会社が変わり、一部キャラクターのキャストも変更された。

本作の録音は台本は作成されず原作のコミックスをそのまま台本として使用し、プレスコで行われている。

なお、5分という尺に合わせるため録った声は息継ぎや一部のセリフをカットするなどの編集がされた上で使用されており、話によってはセリフがかなり早口になっている、もしくは展開がスピーディーになることが多い。

基本的にコミックス化された作品が放送されているが、コミックス化前の作品が放送されることもある。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

ジャージの聖徳太子が空を飛び、松尾芭蕉がひどいスランプ中で詠む歌詠む歌がろくな歌じゃあない…。

と思ったら初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリスは自分の名を後世に残すために、条約締結のことも忘れてとんでもない作戦の数々を練っていている真っ最中……。

歴史的な有名人から魔法少女に、名探偵となんでもありの個性的過ぎるキャラクターたちが登場する。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

うえだゆうじ(代表キャラ…フィッシュ竹中他、オープニングテーマヴォーカル)

矢部雅史(代表キャラ…ハリス、煬帝、伊能忠敬、さまざまな博士他)

前田剛(代表キャラ…聖徳太子、曽良、クマ吉くん、ヒュースケン、)

竹本英史(代表キャラ…小野妹子他)

内藤玲(代表キャラ…松尾芭蕉、猪八戒、)

三瓶由布子(代表キャラ…ラーメンの精他)

伊藤実華(代表キャラ…フグ子、ダンサー他)

那須めぐみ(代表キャラ…パオ美ちゃん、トオル君他)

佐藤なる美(代表キャラ…うさみちゃん)

ショッカーO野(代表キャラ…ナレーション)

江口寿史(対談コーナーに出演)

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 アタック! ギャグマンガ日和
【作詞】 増田こうすけ
【作曲】 山本はるきち
【歌】 うえだゆうじ

【エンディング】

【曲名】 ハッピーエンディング
【作詞】 山本はるきち
【作曲】 山本はるきち
【歌】 冠徹弥

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 無料動画で楽しみましょう♪

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!