地獄少女 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 地獄少女プロジェクト

テレビアニメ放送期間 2005年10月4日~2006年4月4日

テレビアニメ放送時間 水曜日 0時00分~0時30分

放送局 キッズステーション

話数 全26話

[csshop service=”rakuten” keyword=”地獄少女” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

憎い人間を地獄へ送るミステリーホラー。

基本的なコンセプトは制作側が語っているように、『必殺シリーズ』の「法で裁けぬ、晴らせぬ怨みを依頼者から引き受け成敗する」というものである。

これは、オープニング時の背景・ナレーションや、エンディング直前の場面で、依頼人の名前が書かれた蝋燭に火が灯り、『貴方の怨み晴らします』という、ナレーションなどからも影響が窺える。

ただし『依頼人自身も死後その代償を受ける』という本作独自の設定がある。

そうした作風について、制作側は「人を呪わば穴二つの言葉のように、依頼者の人の命を奪うという心願成就には、それ相応の罰が必要である」と語っている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

世間では、ある都市伝説めいた噂が流れていた。

「午前零時にだけアクセス出来るウェブサイト『地獄通信』に晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に流してくれる」。

しかし、その噂は真実だった。

怨みを持った者が「地獄通信」に書き込んだ直後、依頼者の前にセーラー服を着た長い黒髪に赤い瞳をした地獄少女・閻魔あいが現れる。

あいは依頼主に契約の証である藁人形を渡し、「人形の首にかかる赤い糸を解けば、契約は成立し、憎い相手は地獄へ流される」という。

ただし、「その代償として自分自身も、死後は地獄で永遠に苦しむことになる」と告げるのであった。

依頼者は、その糸を解いて怨みを晴らすのか、それとも思い直して踏み留まるのか、葛藤の中で決断を迫られる。

契約が執行される際には、閻魔あいに付き従う「三藁」の一目連、骨女、輪入道らが現世での罰を与え、最後に地獄少女により「地獄流し」が行われる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

閻魔あい  声優 – 能登麻美子

輪入道  声優 – 菅生隆之

一目連  声優 – 松風雅也

骨女  声優 – 本田貴子

あいの祖母  声優 – 松島栄利子

柴田一  声優 – うえだゆうじ

柴田つぐみ  声優 – 水樹奈々

柴田あゆみ  声優 – 生天目仁美

仙太郎  声優 – 豊永利行

主題歌 無料のYouTube動画やMP3で紹介

【オープニング】

【曲名】 逆さまの蝶
【作詞】 SNoW・山野英明
【作曲】 SNoW・進藤安三津
【編曲】 進藤安三津・藤田謙一
【歌】 SNoW

【エンディング】

【曲名】 かりぬい
【作詞】 三重野瞳
【作曲】 西田マサラ
【編曲】 西田マサラ
【歌】 能登麻美子

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

地獄少女 無料動画で楽しみましょう♪

地獄少女(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【地獄少女(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!