魔法少女隊アルス 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 雨宮慶太

テレビアニメ放送期間 2004年4月9日~2005年3月25日

放送局 NHK教育テレビジョン

話数 全40話

[csshop service=”rakuten” keyword=”魔法少女隊アルス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

NHK教育の番組「天才ビットくん」の枠内で、2004年4月9日から2005年3月25日まで放送されていたテレビアニメ。

雨宮慶太原作、STUDIO 4℃制作によるアニメーション作品。

いわゆる魔法少女アニメに分類される作品ではあるが、一般的な魔法少女アニメが「魔法を使える少女が異世界から人間の住む現実世界に来る」「異世界からの力を授かって人間の少女が魔法を使う」という形式とは違い、「人間の少女が異世界へ飛ぶ」という形態をとっており、また異世界を舞台にしている関係上、物語もハイ・ファンタジーに限りなく近い形態となっている。

全般的なストーリーとしては魔法世界での伝統や価値観の違いなど、ダーク・ファンタジー的要素がクローズアップされており、子供向け番組には珍しく高度かつ濃密な内容である。

本作では、日本のテレビアニメでは珍しく、アフレコではなく、声優の声を先に収録してから画面作りを行なうアクターズ・レコーディング(アクレコ)を制作手法として取り入れている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

魔法にあこがれていた人間の少女アルスは、ある日、魔法の世界にいた。

なぜか人間なのに魔法を覚える事ができたアルス。

見習い魔女のシーラ、エバと出会い、アルスはこの未知の世界に期待を膨らませるが、実際は「魔法は人を幸せにする」というアルスの思いが通用しない世界だった。

妖精の捕獲、魔女と魔族という魔界の勢力同士の対立と戦い、アルスが父親からもらったという真の魔道書の存在と秘密、そして渦巻く陰謀・・・

さまざまな状況に巻き込まれたアルスの運命は・・・

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

アルス  声 – 小島幸子

シーラ  声 – 桑島法子

エバ  声 – 広橋涼

グランドマスター  声 – 来宮良子

アテリア  声 – 田中敦子

クー  声 – 梅田貴公美

メノウ  声 – 安達忍

シグマ  声 – 吉野裕行

グランデ  声 – 中田譲治

ウィル  声 – 山野史人

レノン  声 – 泰勇気

ジダン  声 – 谷昌樹

ヨーコ  声 – 日野由利加

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【エンディング】

【曲名】 DuDiDuWa*lalala
【作詞】 KOTOKO
【作曲】 中坪淳彦、KOTOKO
【編曲】 中坪淳彦
【歌】 KOTOKO

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

魔法少女隊アルス 無料動画で楽しみましょう♪

魔法少女隊アルス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【魔法少女隊アルス(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!